aoringo tools

aoringo作成のTRPG中心ツール置き場

艦これTRPG2019年2月2日

どどんとふ:全チャットログ削除が正常に終了しました。

苺色の提督:さて、二人は来たな。あと二人!w

苺色の提督:誰かチャットの増やし方知らん?

苺色の提督:教えてくれたら増やすんで...覚えないと死ぬ!

苺色の提督:あ~^増えた~^

苺色の提督:なるほど

苺色の提督:こうやって増やすのか

苺色の提督:増えたあああw

苺色の提督:提督の見た目決める表何ページだっけ()

苺色の提督:お、これはいいですね

苺色の提督:ドーモ=艦娘=サン。提督です

苺色の提督:立ち絵位置移動させるの忘れてたわ

苺色の提督:はい。元艦娘提督こと58です

苺色の提督:さあ、準備タイムだ

初風:あーあーあーあ

初風:おk

苺色の提督:こんなマジメでもおしとやかでもない金剛とか初めてですよ

初風:2D6>=5 (判定:優しい) アクシデント!
KanColle : (2D6>=5) → 4[1,3] → 4 → 失敗

初風:おkふれる

初風:失敗すんな

初風:今日もうだめだ終わったわ

苺色の提督:何故?

初風:運がないかもしれない

苺色の提督:負けないで

初風:目標値5失敗はつらたん

苺色の提督:割と早く終わる予定。戦闘も決戦のみだしね

まるゆ:……

苺色の提督:あ、㋴が黒なら僕これにするわ

苺色の提督:うーん、完璧!

苺色の提督:もうちょい濃い目がいいかな

まるゆ:ニーマルマルマル。あ…あなたは!まるゆに教えてくれるの?ありがとう!

苺色の提督:俺だよ

まるゆ:モグラじゃないもん。まるゆだもん!

苺色の提督:もげら

苺色の提督:イニシアティブは適当にd66で決めます

初風:ですの!

苺色の提督:せーやな

苺色の提督:この鎮守府はリアル鎮守府です

苺色の提督:画像がね

苺色の提督:しっかり日本にあるものです

金剛:金剛デース!

苺色の提督:提督も生やしておくか

足柄:あああああああああ

苺色の提督:あい。準備はいいか?

苺色の提督:ああ、お風呂か

58提督:さて、これでおっけ

58提督:紅葉君はお風呂でしょ

58提督:紅葉君が帰ってきたらログ消して始めましょうかね

58提督:一連の流れ

58提督:58提督:レベル150

58提督:僕はちょっとシナリオ読んでおくかな

58提督:別にええで

58提督:これ回したら次はHO制(試作)シナリオ回すかなーw

まるゆ:特に理由のないクリスマスです、いえい

58提督:可愛い

58提督:ロボットチックなボイス

58提督:風呂行くときはミュートするものでしょ

58提督:kyが?

58提督:草

58提督:自分からミュートしてるじゃん

58提督:可哀そう

58提督:君ってやつは...

58提督:ほんまに...w

58提督:ほんま君ってやつはぁ...w

58提督:帰ってきたな。

58提督:ログ消して始めるぞ

どどんとふ:全チャットログ削除が正常に終了しました。

58提督:さて、では始める前にパパっとハウスルールの説明をさせていただきます

まるゆ:はーい

58提督:僕の卓ではRPを重視したいと個人的に考えているのでRP関係になります

初風:うんうん

足柄:おー

58提督:判定に関してですが僕が気に入ったRPだったりこれで振りたいってわかるようなRPをした場合は難易度が下がるかもしれないっす

58提督:媚びて来い

金剛:構いまセーン

58提督:次、感情点について

金剛:はい

58提督:戦闘のみになりますが感情点=絆の強さだと勝手な考えをしているのでRPを挟むと補正がつくかもネ

58提督:って感じです

58提督:そうやぞ

58提督:さて、では始めます

58提督:艦これRPGセッションオリジナルシナリオ「消えよ怨恨。汝は救われたし。」始まります

58提督:あなたたちは鎮守府兼艦娘養成学校に配属された艦娘です

58提督:ここでは、とある「噂」が流行っています

58提督:曰く、この鎮守府は「出る」とのこと

58提督:例えば、夜にトイレに行く途中で青白い何かを見た、だとか

58提督:あるいは、訓練中に足首を捕まれる感覚がした、だとか

58提督:そんなこんなで怖い噂が流行り、他の艦娘たちは集団での行動をするようになっています

58提督:そんな鎮守府の、新人のお話です

58提督:さあガチャだ

58提督:振るのだ君たち

初風:2d6
KanColle : (2D6) → 8[3,5] → 8

58提督:修飾+地名+組織

まるゆ:1d66
KanColle : (1D66) → 22

58提督:秘密の

まるゆ:秘密の

足柄:1d66
KanColle : (1D66) → 36

58提督:ブイン

58提督:...どこだ?

金剛:1d66
KanColle : (1D66) → 16

58提督:ソロモン諸島北部!

58提督:泊地

58提督:普通だな!

初風:1d66 ブイン
KanColle : (1D66) → 23

58提督:神戸

58提督:秘密の神戸泊地...w

58提督:さあ艦隊名ガチャだ

まるゆ:2d6
KanColle : (2D6) → 4[2,2] → 4

58提督:枕+植物+チーム

足柄:1d66
KanColle : (1D66) → 33

58提督:枕の33は第ですね

金剛:1d66
KanColle : (1D66) → 15

58提督:2d6で何番か決めろ

足柄:2d6
KanColle : (2D6) → 11[5,6] → 11

58提督:植物の15は牡丹です

初風:1d66
KanColle : (1D66) → 25

58提督:第11牡丹...?

58提督:第11牡丹海賊団

58提督:規模が大きい海賊団ですね^^

まるゆ:流石に海賊団変える

まるゆ:1d66
KanColle : (1D66) → 24

58提督:第11牡丹部隊ですね

金剛:第11牡丹部隊

58提督:リソース忘れてたわ、すまん

58提督:さて、では第11牡丹部隊のみなさんは現在養成学校の部分である校舎前にいます

58提督:立派な木造建築!

58提督:腐りそうだけど木造だ!

58提督:せやな、改変して回してるもん

58提督:知ってても無理はない

58提督:感情点を得よ

まるゆ:感情値取らなきゃ

まるゆ:シークレットダイス

足柄:1d3
KanColle : (1D3) → 2

58提督:ちなみに配属された。なので君たちは初顔合わせですがまあ問題ないです()

初風:1d3
KanColle : (1D3) → 2

金剛:1d3 1は足柄 2は初風 3はまるゆ
KanColle : (1D3) → 2

金剛:初風か

金剛:et
KanColle : 感情表(2) → すごい(プラス)/ざんねん(マイナス)

初風:ET
KanColle : 感情表(6) → だいすき(プラス)/だいっきらい(マイナス)

足柄:et
KanColle : 感情表(5) → いとしい(プラス)/かまってほしい(マイナス)

まるゆ:ここから鎮守府フェイズの間に2週間くらいあったってことにしてその間に取ったってことにしましょ

58提督:せやな

初風:ハーレムじゃん

まるゆ:わたしも初風にすごいをとりますね

初風:いじめたおそ

58提督:旗艦初風ですか

まるゆ:これはもう旗艦決まりましたね

金剛:そうデースネ!

初風:足柄嫌いでいいや

初風:かまってちゃんうざーい^^

58提督:これがツンデレなのか

足柄:かまちょかまちょ

58提督:さて、では校舎前で待っていると桃色の髪の、「働いたら負け」Tシャツを着た提督が出てきます

金剛:デレマスとかにもいたような

58提督:「えっと、君たちが配属された艦娘でちか?」

まるゆ:「初めまして…まるゆ、着任しました。」

金剛:「そうデース!」

足柄:「ええ!」

まるゆ:「え?聞いてないって…そんな…!」

金剛:「ワタシは金剛型一番艦、金剛デース!」

足柄:「鎮守府のロンリーウルフこと足柄よ」

まるゆ:むしろ旗艦だからオオトリ

58提督:君のこと待ってるから...

まるゆ:まるゆの配属はきっと書類に残ってないんだなって

金剛:「オー、今回の旗艦はアナタなんデスネ…」

初風:「おまたせしました。陽炎型七番艦 初風です。」少し遅れて走ってくると、しっかりとおじぎをして

58提督:「今は艦娘引退して提督やってる58でち。君たちは今日から養成学校に入る艦娘でちよ...まあ、書類はないけど多分平気でち」書類なんてもんは捨てました(クズ

金剛:oh…

足柄:「ふふふこれから私の最強バリバリ伝説が」

58提督:「なんか悪い噂が流行ってるでちが、気にしなくていいでち。寮はあっち、訓練場は向こう、校舎がここでち。覚えたら解散!」適当に指さして初風に地図渡す

まるゆ:「(大丈夫かなぁ…?)」

初風:「…(最強バリバリ伝説…?)」

金剛:「……不安デスネ」

まるゆ:「そ、そんな適当なんですか…?」

足柄:「これから連勝街道まっしぐらよ!」

58提督:「どうせ敷地は狭いからこんなんでいいでち」

58提督:だって鎮守府と兼用だし...

金剛:「ワタシ…入る場所間違えましたネ…oh my god」

初風:「あら、私?分かりました。じゃあ皆私についてきなさい。一通り一緒に見て回りましょ」

58提督:「じゃ、そういうことでよろしくでち」提督は中に戻っていきます()

まるゆ:「まるゆもご一緒します!」

58提督:大雑把どころか適当すぎる提督

足柄:「ええ!トップギアで行きましょ!」

金剛:「それなら私も行くネ」

58提督:さあ、鎮守府フェイズに移るわけですが。このシナリオの特別なイベントシーンについてお話しましょう

初風:これは一通り見終わったことにしていいのか、それとも今から見に行くのか

初風:ああおk

58提督:このシナリオでは[噂シーン]が存在します

58提督:1d6を振って出たものをもとに適当に噂のRPしてください。もしかしたら特典がもらえたり色々わかるかもネ

58提督:さあいつもののお時間がやってまいりました

金剛:金剛の真似しないでくだサーイ!

まるゆ:それってキーワードは選ぶ必要あります…?

58提督:1~6までの噂があるんじゃ...ふへへ。楽しみですよ

58提督:選ぶ必要はあります

金剛:………クロノス???(すっとぼけ

58提督:恐怖に怯えろ

58提督:ちゃんとストーリーに沿ってるものしかないから問題なし

58提督:他はいつものメンツです

58提督:変更点は噂以外ない!

金剛:送りましたヨ

初風:送ったわ

58提督:出揃いました

58提督:さあ、誰から行く?

58提督:全部で4サイクル存在します

初風:ま?

初風:長めかな

初風:ままええわ

58提督:ま、多少はね?

58提督:1d4で決めてもよろし

足柄:1d4
KanColle : (1D4) → 4

金剛:ファッ!?

金剛:何するつもりなんデス?

58提督:君のイベントは、これだ! 日常/馬鹿

金剛:evnt
KanColle : 日常イベント表(8) → 銀蝿/ギンバイ:《規律/航海5》で判定。(着任p220)

58提督:つまみ食いのお話

まるゆ:金剛はつまみ食いをしたと

58提督:提督がつまみ食いしたかもしれん()

まるゆ:提督のほうがそれっぽいね

金剛:「フム、これは中々美味しそうデスネ…」

金剛:「せっかくなので私が食べマ……」

58提督:「うーん。この背徳感が微妙にクセになるでち」モグモグ

まるゆ:じゃあまるゆはこっそり食糧保管庫に集めた食糧を入れときます

初風:おいストッパーいないのか

58提督:ひょいっとね、食べちゃう

金剛:「oh!? 提督ボーイ、何するんデスカ!」

金剛:ガールだったわ

まるゆ:お前ペガサスですね!?

58提督:「おいしそうなものは早く食べたほうがいいでち。腐らせるのは勿体ないでち」

金剛:フフフ、バレてしまったのなら仕方ありまセーンネ…

58提督:草

初風:草

金剛:マインドスキャーン!

まるゆ:たしなめて

まるゆ:むしろちゃんと怒って

初風:「ちょっとそこのお2人さん?」

58提督:そんな君は規律で判定だ!

金剛:「コレは今ワタシが食べようとしたところなんデスヨ!!!」

まるゆ:私はこっそり補充した量と同じくらい食べてるから

58提督:まともなやつがどこにもいない

まるゆ:「お腹すいたけど…食べる分は、きちんととってこないと…」

58提督:突撃で8ですよ金剛さん

初風:私以外にまともな子がいない

金剛:2d6>=8 これは突撃デースネ!
KanColle : (2D6>=8) → 10[5,5] → 10 → 成功

58提督:まともなんてなかったんや...

金剛:( ・´ー・`)

初風:金剛にきらい取る勢いですよ

まるゆ:まるゆはちゃんとつまみ食いする分自力で補充してますよ!

58提督:「ちぇー...わかったでち。次は食べないようにするでちよ」ちゃんと謝って戻ります

金剛:「提督ガール、分かればいいのデスヨ。次から気を付けてくだサーイ」

58提督:せやな、金剛の行動値は10に増えます

金剛:金剛の行動値10になった!

58提督:さあ、次はだーれだ

金剛:1d3 2出すのデス
KanColle : (1D3) → 1

金剛:(・д・)チッ

初風:○じゃん

初風:ゅ

58提督:君のイベントはこれだ! 噂/闇のゲーム

初風:草

58提督:1d6を振りなさい

まるゆ:えぇ!?

初風:金剛でしょこれ

まるゆ:1d6
KanColle : (1D6) → 3

初風:闇のゲーム(野球拳)

金剛:何のことデショウ

金剛:~♪

58提督:周辺地域にまつわる噂。「聞いて聞いて!この辺にはこんなことがあったんだって!」
成功で燃料が1d6増えます。失敗でシーンプレイヤーへ感情を持っている人にチェックがつきます

初風:デメリットなくて草

まるゆ:「ええっ、この地域では闇のゲームが頻繁に行われていたの!?」

初風:頻繁に行われる闇のゲーム…

58提督:基本的な判定は海図で行われます...

初風:初代かな?

金剛:「なるほど、これは金剛の出番デスネ…」

足柄:「闇のゲーム...

まるゆ:発見するしかないですね!

58提督:まず周辺地域で闇のゲームする時点でおかしいでしょ。どうぞー

初風:発見伝

まるゆ:「実は私、海図の勉強してて海図が読めるんです!」

まるゆ:1d6
KanColle : (1D6) → 4

初風:くさ

58提督:弱 点

足柄:「闇のゲーム…勝負……勝利!」

初風:読めてないやんけ

58提督:読めねぇじゃねぇか

まるゆ:「あれ、あれれ…?読めませんでした!」

初風:持ってるだけじゃ知識にはならないのよ

58提督:判定をどうぞ?

まるゆ:アクシデントからですね

まるゆ:ACT
KanColle : アクシデント表(2) → 意外な手応え。その判定に使った個性の属性(【長所】と【弱点】)が反対になる。自分が判定を行うとき以外はこの効果は無視する。

初風:理解して初めて知恵は知識へ

初風:は?

58提督:コイツ...ッ!強くなってやがる!

金剛:感謝するノーネ

足柄:学んだんですね

初風:むすっ

まるゆ:「…あれ、でももしかしてこれって…読めます!」

初風:天才肌かな?

まるゆ:2d6>=5
KanColle : (2D6>=5) → 7[1,6] → 7 → 成功

初風:これでファンブったら天才

初風:ち

初風:おめ

58提督:じゃあ1d6をどうぞ、その分燃料が増えます

まるゆ:1d6
KanColle : (1D6) → 3

初風:1

初風:ち

初風:普通かな

58提督:3つ増えます

初風:燃料はそこそこ嬉しい

金剛:闇のゲームだから報酬がデカいのネ

まるゆ:多分きっと恐らく海図そのものを持ってる初風さんからいろいろ教えてもらったんです!すごい人ですもんね!

初風:ねじこんできた

58提督:では次ィ!

まるゆ:1d2
KanColle : (1D2) → 2

初風:最後か

初風:まあ旗艦だから?

初風:相手は弱っている!チャンスだ足柄!

58提督:君のイベントは...w 交流/パンツ

初風:ぶwwwwwwwwww

初風:自分で引いてやんのwwwwwww

58提督:自分に返ってきましたね!おめでとう!

初風:てか本当に入れたのかよ

初風:は?????

初風:くるなああああああああああああああああ

金剛:草

初風:それは嫌いになるわ

58提督:シーンを振りなさい

金剛:しかも被害受けてるの草

足柄:evkt
KanColle : 交流イベント表(4) → 恋は戦争:提督が選んだ(キーワード)に対応した指定個性で判定。思いつかない場合は《恋愛/趣味12》で判定。(着任p221)

58提督:おしゃれかな~wやっぱw

初風:パンツに対応した指定個性とは

まるゆ:多分勝負下着に関する話かなって

足柄:2d6>=7
KanColle : (2D6>=7) → 8[2,6] → 8 → 成功

一般通過大鳳:「足柄ァ!初風は渡しませんよ!私の勝負下着のほうがなんとなく際どいから!」何言ってんだコイツ

足柄:「なにを!!私の勝負下着をみよ!」(スカートをあげる)

金剛:こわ…

まるゆ:「(嘘でしょ…?)」

一般通過大鳳:「何!?...くっ...足柄のほうが際どかった...私の負けです。でもこれで終わりませんから!」ぴゅーっと逃げるように去っていきます

金剛:「ナンデスカ…」

一般通過大鳳:何言ってるんですかねコイツ

足柄:「ふふふっまた勝利してしまった…」

のんびりとしていた初風さん:「!?」

まるゆ:何言ってるんですかこの人たち

58提督:さ、次にいこうか

足柄:「敗北を知りたい」

のんびりとしていた初風さん:大声で勝負下着とか聞こえてきたので野次馬ですね

58提督:最後は初風、君だ

金剛:「(まぁワタシはふんどしの場合がありますケドネ)」

まるゆ:「社会的には負けもいいところですけれど!」

58提督:君のイベントは...これだっ! 交流/足柄

初風:は??????????????

58提督:ちなみにまるゆが用意したものです

初風:回避したのになんで…

初風:ピンポイントやめろおおおおお!!!!!

初風:はい。

初風:分かりました。

58提督:悲しいね

初風:重複+1

初風:EVKT
KanColle : 交流イベント表(7) → 深夜のガールズトーク:提督が選んだ(キーワード)に対応した指定個性で判定。思いつかない場合は《おしゃべり/趣味7》で判定。(着任p221)

初風:んんんんんんんんんん

まるゆ:やった想定通りのシーンだ

初風:何で判定ですか

初風:馬鹿ですか

まるゆ:皆で足柄さんの残念さについて語るシーンだ!

58提督:じゃあ適当におしゃべりで判定してください...w

初風:2D6>=8 (判定:おしゃれ)
KanColle : (2D6>=8) → 6[1,5] → 6 → 失敗

初風:そもそもダメだった

金剛:敗北者デスネ

58提督:足柄さん声援3点あるでしょ?

初風:ここで使うのか…

初風:まあええよ

58提督:じゃあ成功です

足柄:がんばえー

初風:キーワード足柄に足柄が声援する

まるゆ:「なんなんでしょうね足柄さんって…」

まるゆ:「ちょっと前に人前で下着を見せてたりしてましたよ…!?」

初風:「流石にあれにはちょっと引いたわ…」

金剛:「そうデスネ、あの人頭どっかいってるんと思いマース」

まるゆ:「まるゆ的には信じられない光景だったです…!」

初風:「休憩していたらいきなり勝負下着とか聞こえてきて…」

まるゆ:ってまるゆはまるゆは非難してみたり

金剛:「ワタシもいきなり変な事しだしてビックリデス」

初風:「ちょっと距離を置きたいんだけど、なんかよく絡んでくるのよね…」

足柄:「はつかぜー!遊びに来たわよー!」(ドンドンドン)

初風:「うげ。」

まるゆ:そっとベッドの下に隠れます

初風:「…開いてるわよ」

足柄:「人生ゲーム持ってきたわよ!モノポリも!」

金剛:「ワタシもささっと」飛び降ります

初風:「メジャーなものとシッブいのを同時に持ってこないで頂戴。」

金剛:パリーン!

金剛:2d6
KanColle : (2D6) → 10[5,5] → 10

初風:「ガラスが!?」

金剛:痛いデース!

58提督:ダイナミック退場

足柄:「ありゃ?金剛が…ドンジャラがよかったかな」

初風:装甲がなければ小破だった

まるゆ:ベッドの下でガタガタしてます

足柄:「イギリスだからモノポリ気に入るかと思ったのに」

58提督:「ドンジャラと聞いて」ドアをバァンって開けて突入

金剛:「あの人と関わらない方がいいとワタシの頭が言ってマス……」

まるゆ:ガタガタガタガタガタガタガタガタ

初風:「そういう問題じゃないと思うけれど…はぁ…」

初風:ため息つきながらつき合わされますね

初風:終わり。

58提督:そんなこんなで初風の胃が心配になる寮の風景でした

まるゆ:足柄に感情とりますね

足柄:「ああ提督じゃあドンジャラとってくるわね丁度四人いるし」

まるゆ:4人もいませんよ

まるゆ:私は実質いませんよ

まるゆ:今頃ドンブラ粉で下の階ですよ

初風:不屈のこころやめろ

58提督:まるゆに気づいてる...だと!?

金剛:ワタシは外へ逃げ込んだので

初風:ドラえもんやんけ

初風:えーじゃあ…

初風:金剛に

初風:ET
KanColle : 感情表(2) → すごい(プラス)/ざんねん(マイナス)

初風:ざんねんで

まるゆ:ET
KanColle : 感情表(5) → いとしい(プラス)/かまってほしい(マイナス)

金剛:why!?

まるゆ:振り直しを要求する

金剛:なんでマイナスなんデスカ!

58提督:ふむ...いいでしょう、許可します

まるゆ:ET
KanColle : 感情表(2) → すごい(プラス)/ざんねん(マイナス)

まるゆ:ざんねんで

金剛:et
KanColle : 感情表(3) → たのしい(プラス)/こわい(マイナス)

金剛:はい

金剛:こわい

58提督:こ わ い

初風:噂の情報が闇のゲームしか手に入らなかった

初風:クトゥルフなら詰みまである

58提督:まだ3サイクルあるし平気でしょ

初風:1サイクルなのにもう4とられてるんだけど

まるゆ:泊地周辺で闇のゲームが行われていたという過去が…

初風:どういうことなの…

58提督:さて、全員感情は取りましたね?次のサイクルに移りますよ?

初風:おk

まるゆ:ここは実はドミノシティなのでは?

まるゆ:大丈夫です

58提督:では決めてくださーい

初風:送った

初風:略してきもい

金剛:送りましたヨー

58提督:揃いましたので、最初は誰だい?

足柄:1d4
KanColle : (1D4) → 4

金剛:ま た デ ス カ

58提督:君のシーンは 噂/足音 だ!

58提督:1d6を振りなさい

初風:またかよ

初風: 

金剛:1d6
KanColle : (1D6) → 5

58提督:深海棲艦にまつわる噂。「ねぇ知ってる?深海棲艦って実は...」
判定は突撃。成功で感情点を任意のPCに対して1点獲得、失敗で全員に1d6の行動力減少です

まるゆ:「あの、まるゆが資材運搬中に輸送艦の方から聞いた話なんですけど…」

金剛:「What…?」

まるゆ:「深海棲艦って実は…足音が…全くしないらしいんです!」

まるゆ:「後ろからこっそり近づかれたらすごく怖くないですか!?」

足柄:「それってつよいの?」

金剛:「oh…足音出る話じゃナイノーネ」

初風:クロノスじゃねえか

金剛:「確かにそれは怖いデースネ」

初風:今度からクロノス金剛って呼ぶわ

金剛:構わんで

金剛:「ワタシにはミレニアムアイがついてマスヨ!」

初風:「何の話?面白そうね、私も混ぜなさい」

金剛:会話すんな

初風:ワイワイガヤガヤ…

58提督:突撃で判定しなされ...

金剛:2d6>=5
KanColle : (2D6>=5) → 4[1,3] → 4 → 失敗

初風:h・

金剛:は?

初風:しょうがないな

初風:声援使います

金剛:敗北者になりますわ

初風:ざんねんだがな

金剛:敗北者金剛

58提督:都合よく残念をお持ちなようで。成功です

まるゆ:金剛が残念だからしょうがないわね…みたいな感じで初風が頑張るんでしょう?

金剛:et まるゆ
KanColle : 感情表(3) → たのしい(プラス)/こわい(マイナス)

まるゆ:私この流れだと初風に取るしかないです

58提督:初風さん優しいっすね

初風:「ミレニアムアイって…何…?」

初風:もう5とか早すぎるだろ足柄

足柄:「なにそれつよそう」

初風:あ、金剛に+1とります

金剛:「このアイの力でアナタの心を読んでみせまショウ!」

58提督:早いどころの話じゃない。というかもっちーなみの速度で上げたなお前

金剛:まぁ色々と残念な気がする

58提督:意味不明!

58提督:全員上げたら次行くぞ!

まるゆ:私は大丈夫です

58提督:次は誰じゃ!

初風:おk

まるゆ:(まるゆ、がんばらなきゃ!)

金剛:1d3 今度こそ2
KanColle : (1D3) → 3

金剛:(´・ω・`)

初風:足柄かな

58提督:足柄さんにふさわしいのは...これだ! 噂/変態

初風:くっそ

初風:もうだめだわ

58提督:1d6のお時間です

足柄:1d6
KanColle : (1D6) → 6

初風:重複+1です

58提督:自由枠ですねおめでとう

金剛:さぁ

58提督:判定も自由!描写も自由!

金剛:は?

金剛:What?

初風:元から変態だから噂なんて

初風:は?

金剛:oh my god!!

まるゆ:「あのあの、これはまるゆが聞いた話なんですけど…!」

58提督:成功報酬は羊羹一個です。失敗で燃料が3個固定で減ります

初風:また私か

初風:「うん」

金剛:「この話、前にも似たようなことを聞きましたネ」

初風:「いやな予感がびんびんするのよ」

足柄:「初風!最近この鎮守府に変態が出たんですって!」

初風:「ほらきた」

まるゆ:「なんでもこの鎮守府に唐突に下着を見せてくる危ない幽霊がいるらしいんです!夜中に突然現れて自分のスカートをまくって去っていくって!」

金剛:「逃げるが勝ち!」窓突き破る

金剛:パリーン

58提督:足柄何してるん?

まるゆ:「駆逐艦と潜水艦のみんなの中で噂になってて!!」

金剛:2d6
KanColle : (2D6) → 7[2,5] → 7

初風:「まって、一人ずつ話してくれないと分からないから」

初風:「聖徳太子じゃないのよ」

足柄:「こわいわぁそんなの」

初風:だまれっつってんだろお前ぇ!

まるゆ:足柄に貴女じゃないの?って顔します

金剛:足柄登場と同時に逃走しました

足柄:2d6>=10 ばか
KanColle : (2D6>=10) → 3[1,2] → 3 → 失敗

58提督:ダイナミック退場

初風:3とか手前じゃん

初風:むしろふぁんぶれ

まるゆ:いっそ発見すればよかったのに

金剛:「怖いデスヨ、あの変態」

58提督:失敗ですけど...振りなおしますか?失敗でいいですか?

まるゆ:馬鹿欠点で撮ってほしかったのに

58提督:どうする足柄!

58提督:じゃあ失敗です。燃料が3個減りました

初風:「えーっと、夜中にスカートをたくしあげる変態幽霊が出た(要訳)と…?」

足柄:「あれ…パンツを見せる…なんだか覚えが」

金剛:草

まるゆ:「そうなんです!そういう噂が広まってて!」

初風:「あなたじゃないの?足柄。」

足柄:「へ?」

まるゆ:「言っちゃった!」

金剛:外にいるからワタシは知らないデス

金剛:(震え

足柄:「わたし…ああー勝負の事ね!」

初風:あれ深夜なのか

足柄:「無論勝利したわ!」

初風:まあ2人いたようなきがするけど

まるゆ:様子を知ってたとはいえドン引きです

初風:「うん…もう私疲れてきたわ…眩暈が…」

まるゆ:一般通過大鳳さんでしょ

金剛:金剛はそれが怖くて逃げてます

足柄:「とりあえず初風!今日から夜回りしましょ」

まるゆ:「わかります初風さん…」

金剛:あんなところで捲るなんて!怖い!嫌だ!逃げる!

58提督:おっしゃ、まとめたし次や

初風:ちょっと燃料補給しますね(-3)

足柄:「夜は危険が多いものね」

初風:「ふう…」

58提督:次は誰だぁ?

まるゆ:1d2
KanColle : (1D2) → 1

まるゆ:私だ

初風:また最後か

58提督:君は...これだ! 噂/初風

初風:あの

58提督:さあ1d6です

まるゆ:また私のじゃん貴女

まるゆ:1d6
KanColle : (1D6) → 3

58提督:草

58提督:周辺地域の噂でーす

初風:ピンポイントシーンワードやめなさいって!

まるゆ:「これはまるゆが聞いた話なんですけど…」

初風:初風の周辺地域の噂

初風:とは

58提督:初風が周辺地域で人気になりつつあるんでしょうか。噂話をまるゆが聞きつけました

まるゆ:まるゆ発見しますね

金剛:「デジャヴですカネ…」

初風:稲川順二かよ

まるゆ:通信を発見します

初風:一発変換だからしゃあない

まるゆ:じゃないと情報通設定が怪しい

初風:たぶんその人気の半分足柄の聖だと思うんですけど

初風:せい

金剛:「まるゆガールは噂が好きみたいデスネ」

58提督:発見どうぞ

まるゆ:「なんでもここ最近この周辺で颯爽と現れ子供たちを助けるヒーローみたいな駆逐艦がいるらしくて!」

初風:「そうね、情報集めが得意なのかしら」

まるゆ:「泣いてる子がいるととりあえずなだめたりするらしいんです!」

初風:「…ん?」

足柄:「あら良い子がいるのね」

まるゆ:1d6
KanColle : (1D6) → 2

金剛:「ほう、駆逐艦デスカ。ワタシは戦艦なので関係ありまセンネ」

初風:「へ、へー…優しい子もいるのね…」

まるゆ:弱点ってことは集めすぎてるんですね、だからこんないろいろ言いまくってるんですね

初風:目を逸らしながら紅茶をゆっくりと飲みます。手は若干震えてるみたいですね。

まるゆ:海図持ってるんで5で判定できます

まるゆ:2d6>=5
KanColle : (2D6>=5) → 5[2,3] → 5 → 成功

初風:あぶな

まるゆ:1d6
KanColle : (1D6) → 2

58提督:成功ですね。燃料が二個増えます

足柄:「まあうちの初風が一番いい子だものね」

まるゆ:「子供たちの間ですっごい人気なんですよ!いい人もいるんですね!」

まるゆ:「…まあ、他のうわさに泣く子も多いんですけどね…下着女とか…」

58提督:お前が悪い子なだけだぞ>足柄

足柄:「その駆逐艦はこれから初風マーク2と呼びましょう」

初風:足柄の言葉に対して飲んでた紅茶が気管に入ったようでごほごほっと咳き込みます

まるゆ:「前その噂を聞いた男の子が本気で泣き出してました」

初風:「ゲホッゲホッ」

金剛:「oh…そんな変態ガール居たら思わず逃げたくなるカモ」

まるゆ:「…?大丈夫ですか、初風さん?」

足柄:「そんな怖いなら勝負したいわね!まあ私の勝ちだけど」

金剛:「初風ガール…?」

初風:「も、もうこの話はゲホッやめにしましょヴォホう?」涙目で咳き込みながら提案します

58提督:さて、そんなこんなで優しい優しい初風ちゃんでしたとさ。次いくどー

まるゆ:「あっ、そうですね!話が膨らみすぎちゃいました!これ、近海で見つけた燃料です!」

初風:唐突にドチャシコとか言わないで

58提督:初風ですね...君は 噂/学校 でいこうか

58提督:全部被り!w

初風:重複+3ですね

初風:きっつむり

58提督:1d6を振ろうか

初風:1d6
KanColle : (1D6) → 1

58提督:お め で と う

初風:え

初風:なになになに

初風:レズ以外ならたぶん大丈夫

初風:トラウマは無理

58提督:学校にまつわる噂。「私知ってます!この学校にはですね...」
判定は規律。成功で羊羹二つと資材を各3つの獲得、失敗で全員の感情点にチェックがつき行動力が1d6減少しーます!

初風:ほーん

まるゆ:「初風さん初風さん初風さーん!また新しい噂話を聞いちゃいましたー!」

初風:デメリットおっも

初風:最低8でしょ?

金剛:「もう突っ込みまセンヨ…」

初風:発見するわ流石に

58提督:発見どうぞ

初風:「そう、今度は何?」

初風:1d6
KanColle : (1D6) → 2

初風:んんn

58提督:弱点ですね

初風:まあいいか

まるゆ:「なんでもこの学校には昔とっても厳しい先生ととってもルーズな生徒がいてですね!学校でつまみ食いしたりするのをひたすらたしなめてたらしいんですよ!」

初風:2D6>=5 (判定:規律) アクシデント!
KanColle : (2D6>=5) → 11[5,6] → 11 → 成功

初風:は?

58提督:強いやん

初風:ヨユー

初風:ACT
KanColle : アクシデント表(2) → 意外な手応え。その判定に使った個性の属性(【長所】と【弱点】)が反対になる。自分が判定を行うとき以外はこの効果は無視する。

初風:は?

金剛:なんだこいつ

金剛:は?

58提督:つっよぉ

まるゆ:「今でもその霊が時々悪さして、誰かが急につまみ食いしたり、逆に記憶にないけど怒ってたりするらしいんです!」

金剛:こっわ

まるゆ:「霊が取り付いたりしてるんでしょうか!怖いですね!」

58提督:羊羹二個と資材が3つづつ増えます...

初風:「へー…噂にしては大きい噂ね」

足柄:「なんだかここらは子供のヒーローだったり変態だったり幽霊だったりバラエティ豊かね」

58提督:適当に考えてええんやで?

初風:「変態の噂はあなたのせいだけどね?」

金剛:「ワタシには関係のない噂ノーネ」

足柄:「???」

初風:「なんで幽霊なのかは知らないけど、きっと実在するなんて思いたくなかったんじゃないの?」

まるゆ:ちなみにヒーローの噂はまるゆ現場を目撃してるので

まるゆ:良かったね初風!

初風:あのあのあの

58提督:さて、そんなこんなで2サイクル目が終了しました。次のサイクルに移る...前にちょっとした固定イベントが

初風:はい

まるゆ:はーい!

初風:なんだろ?

金剛:んー?

金剛:なんでしょうネ?

ワレアオバ:「こんにちは!最近噂に詳しい子がいるって聞いてきましたけど、あなたですか?」青葉がやってきてまるゆに尋ねます

まるゆ:「…はい、そうです!いろんな人から沢山聞きました!」にぱー

ワレアオバ:「そうですか!では、こんな噂はご存知ですか?実はこの鎮守府では奇襲を受けて沈んでしまった子がいるって噂なんですけど」

まるゆ:…知ってるの?

ワレアオバ:知っててもいいし知らなくてもいい。RPは好きなようにどうぞ

金剛:「oh…それはどういうガール?」

まるゆ:「えと、ちょっとだけ聞きました。でも誰なのかは知らなくて…」

足柄:「奇襲なんて卑怯ね。勝負なら正々堂々!」

金剛:「なにあのガール、怖過ぎるノーネ」

ワレアオバ:「駆逐艦の子が何人かと軽巡の人が一人だったはずですけど...私思うんです!最近学校で流れてる噂の正体はその子の幽霊なんじゃないかって!」

ワレアオバ:たちが抜けてますねこれは

金剛:「それは…恐ろしいデスネ」

足柄:「まあ奇襲なんて無念そうだものね…」

ワレアオバ:「新聞部ゴシップ班...といっても私だけですが。正体を見たいんです!」

まるゆ:「…生徒と先生じゃなくて、駆逐艦の子と、重巡空母、戦艦みたいな大人の艦娘の話だったってこと…?」

まるゆ:「…もちろん協力します!…って、言いたいですけど…」初風の方をそっと見ます

ワレアオバ:「ワレアオバ!協力を要請致します!」

初風:あ、初風はずっと後ろのソファでクッタリと寝てます。でも実はおきて聞いてます。

金剛:「初風ガール、どうしマスカ?」

ワレアオバ:「ああ、本来の名前は青葉ですけどね」えへへと笑います

足柄:「これは幽霊との勝負よ初風!」

ワレアオバ:初風待ち時間

まるゆ:これは青葉に何か感情を得てもいい感じじゃないですかねまるゆ

まるゆ:シノビガミで言う共感

初風:「ん…まあ原因究明の為なら…そうね、私たち第11牡丹部隊は新聞部ゴシップ班に協力します。」ソファから起き上がると少しあくびをしてから青葉の目を見て微笑んで言いますね

ワレアオバ:そうですね...情報通つながりで得てもいいでしょう

初風:「幽霊の正体は皆気になるでしょうしね」

ワレアオバ:「協力感謝致します!二週間で撮影用の特別なカメラをご用意しますのでお待ちください!」

足柄:「ふふふ!私が行く以上眼前にあるのは勝利の二文字よ!」(ビシッと決めポーズ)

ワレアオバ:そう言って青葉はダッシュで去っていきます。イベントEND

金剛:「ワ、ワタシは別に気にしてまセンケドネー!」

初風:足柄のほうを横目で見て、ふぅとため息つきます

初風:ミミッキュじゃん

58提督:さて、3サイクル目に入りましょうか

58提督:うーん。じゃあいいことを教えてあげよう

58提督:噂シーンを揃えるともしかしたらいいことが起きる...かもしれない

58提督:まあ無理に揃えろとは言いませんから

金剛:No!

初風:送った

58提督:あと二人ですね

58提督:揃いましたので、3サイクル目をスタートさせましょうか

58提督:最初は誰かな?

初風:1d4
KanColle : (1D4) → 2

初風:あ

初風:はい

初風:私ですか

58提督:初風...君にはこれじゃい! 遊び/スクール水着

初風:ふぁ

58提督:金剛殿ですね

初風:EVAT
KanColle : 遊びイベント表(8) → チェス勝負:自分以外の好きなPC1人を選んで、《クール/魅力3》で判定。(着任p222)

初風:あの

初風:なにこれ?

初風:スクール水着チェス?????

金剛:負けたらスクール水着?スクール水着身に着けて勝負?

初風:1d3
KanColle : (1D3) → 3

初風:金剛ですね

58提督:負けたらスク水!チキチキ!第一回チェス対決!が始まります

金剛:WHAT!?

初風:2D6>=6 (判定:優しい) アクシデント!
KanColle : (2D6>=6) → 5[2,3] → 5 → 失敗

初風:おっふ

金剛:「金剛にそんな服装似合わナイ…」

まるゆ:声援

初風:ACT
KanColle : アクシデント表(4) → 奇妙な猫がまとわりつく。サイクルの終了時、もしくは、艦隊戦の終了時まで、自分の行う行為判定にマイナス1の修正がつく(この効果は、マイナス2まで累積する)。

初風:おっふ

初風:先振りマン

まるゆ:それなら声援なしで振りなおした方がいいのでは?

金剛:あっ…

金剛:ふーん…

金剛:金剛のスク水って誰が得するんだろう?

58提督:知るわけないじゃん?

初風:いやまあ行動力減らしたくないし

まるゆ:じゃあもう一人声援欲しいです

58提督:58と同じ感じのスク水なんでしょうね。でもしっかり戦艦と駆逐艦サイズです

初風:金剛と誰かの声援

初風:失敗が結構痛いやつだった

まるゆ:金剛のスク水写真は鎮守府の輸送隊や開発部の男どもに高く売れる…

58提督:コイツ...

初風:てか先振りだったので降りなおすか

初風:許されますか?

金剛:「はぁ…」

58提督:ふむ、許せる!

初風:許された

初風:じゃあ目標7で

初風:2D6>=6 (判定:優しい) アクシデント!
KanColle : (2D6>=6) → 10[5,5] → 10 → 成功

初風:やったぜ

58提督:僕は全てを許容しよう...ただし足柄テメーはダメだ(無慈悲

初風:足柄に対して辛らつで草

初風:じゃあ

58提督:互いの感情点が1点上昇+行動力1d6回復ですね

初風:「今よ!私は必殺奥義、キャスリングを発動!動いていないルークとキングの位置を交換する!」

58提督:凄いチェスだなぁ...

初風:「これで王手はなくなった…!」

金剛:「oh…shit!! ワタシは…負けてはいけないノーネ!」

金剛:「何が何でも勝つのデスヨ!!」

初風:「くっ…負けてはいけないのは私も同じなのよ…!」

初風:「あんな水に溶けるスクール水着とか着たくないわ…!」

58提督:「頑張るでちよー。応援してるでちー」棒読みで

金剛:「それはワタシも着たくないデス!!」

58提督:そんなこんなで結局初風が勝利をおさめ金剛はスク水を着せられましたとさ。ちゃんちゃん

初風:「ぐぬぅ…戦艦は着る機会あまりないでしょ!譲りなさい!」

まるゆ:そしてその写真が男性陣の間で高く取引を

金剛:「そんなの関係ないじゃないデスカー!」涙目になってスク水着た状態になり

58提督:さ、次にいこうか

足柄:「ふっ...勝負に負けるなんて金剛もまだまだね」

初風:「あぶな…かった…」

初風:はい

まるゆ:その情報を知ってるだけでまるゆは何もしてません

初風:1d3
KanColle : (1D3) → 2

初風:足柄ですね

58提督:足柄ァ...君はこれだぜ 作戦/デバガメ

初風:デバガメ

58提督:犯人はまるゆです

58提督:変質者=足柄で固定されるの草

初風:変質者ですね。ぴったり

足柄:evst
KanColle : 作戦イベント表(6) → 守護天使:《幸運/背景7》で判定。(着任p225)

金剛:えぇ…

金剛:これは黙るわ

初風:守護天使!デバガメ!

58提督:デバガメの化身現る

58提督:盗撮マジ?

ワレアオバ:「ふふふ...ゴシップ班の名にかけてしっかりカメラに収めます!」

58提督:発見どうぞ

足柄:1d6
KanColle : (1D6) → 3

58提督:おめでとう

足柄:2d6>=5
KanColle : (2D6>=5) → 11[5,6] → 11 → 成功

初風:素で成功してたやつやん

初風:なんで私なんだ

ワレアオバ:ワレアオバ。盗撮する()

初風:「~♪」鼻歌歌いながらお風呂入ってます。

まるゆ:じゃあまるゆも入ってます

まるゆ:水着のまま

ワレアオバ:「さてさて...今日の成果はーっと...」すすすっと忍び歩きで回収に向かう青葉

足柄:「今日は行ける気がするわ!」(初風のいる風呂に入ろうと)

ワレアオバ:「あっ」

足柄:「あら」

ワレアオバ:足柄さんが青葉と遭遇しました

まるゆ:その青葉の手には小型カメラが!

ワレアオバ:「え、えへへ...逃げるが勝ちです!」逃走を図る

初風:「なんだか外が騒がしいような…」

足柄:「そのカメラは何よ!」(ボルト並みで追う)

ワレアオバ:「うおおおおお!逃げろおおおおおお!...あっ」ず っ こ け

ワレアオバ:ずしゃああああああ

初風:キーボウノーハナー

足柄:「おおおお!」(つられてずしゃあああああ)

ワレアオバ:「止まるんじゃねぇぞ...です」キーボーウノハナー

初風:「…?なんだか知らないけど心がスッキリした気がする…?お風呂の効果かしら。」

足柄:「にがさん…」(血だらけ)

58提督:なんやかんやで青葉はデータを消すことになりましたとさ。ちゃんちゃん

初風:「ねえまるゆ。ここのお風呂って心にいいとか聞いたことある?」

初風:お風呂場に肘を組んで語りかけますね

まるゆ:「んー…そんなうわさは聞いたことないですけど…」

足柄:「ふっ!今日も勝利ね!はつかぜー」(風呂場に走ってく)

まるゆ:「…なんだか外が騒がしいですね…?」ぽえー

まるゆ:極楽極楽

58提督:以上。現場からお送りしました

58提督:次!

初風:「あら、そうなんだ。まるゆが知らないってことは…気のせいかな?」

初風:まるゆに感情点もらえませんか

58提督:ふむ...いいでしょう。許可する

初風:やったぜ。

58提督:ただし感情は物知りで固定で

58提督:さて次は誰だ

初風:おk

初風:1d2
KanColle : (1D2) → 2

初風:ふらなくてよかったな

初風:ああそっか

金剛:えっ…?

58提督:金剛さんはこれです 噂/廊下

58提督:1d6ターイム

金剛:1d6
KanColle : (1D6) → 1

58提督:学校にまつわる噂でーす

金剛:「んー、そういえば…違う噂がありましたネ」

まるゆ:「あのあの!まるゆが聞いた噂なんですけど!」

58提督:噂ばらまきロボまるゆ

金剛:「もしかしてまるゆガールも知ってる感じなんですネー」

初風:「あら、2人とも?」

足柄:「噂の多い鎮守府ね」

まるゆ:金剛さんがもうごり押しちゃって

まるゆ:まるゆはこういう流れだと引いちゃうタイプ

金剛:「夜の学校の廊下で…血だまりが出るって噂らしいデスヨ」

初風:「物騒な噂ね、例の幽霊の噂と関係あるのかしら。」

まるゆ:「あっ、まるゆが聞いたのもそんな話でした!廊下の隅っこでポタ…ポタって音がすると思ったら血だまりが出来てるみたいな!

足柄:「きっと誰か勝負したのね!勝利者と会いたいわ」

金剛:「相変わらず足柄ガールの言ってることが怖いデス」

足柄:「血が滴るほどの勝負…」(うっとり)

初風:「ポタポタってことは上から降ってるのか…今度時間があれば見に行きましょうか。」

初風:「どうしてそんな好戦的なのよ…はぁ…」

金剛:2d6>=8 GO!
KanColle : (2D6>=8) → 9[3,6] → 9 → 成功

初風:大きなため息をつきます

58提督:羊羹二つと資材を各3つゲットです

金剛:SANⅽデスカ…

ワレアオバ:「へ、へへへ...これは売れますよ...」鼻血だばー

初風:じゃあラスト

初風:まるゆ

58提督:まるゆはこれです 遊び/くすぐり

まるゆ:EVAT
KanColle : 遊びイベント表(9) → 熱唱カラオケ大会:《芸能/趣味9》で判定。(着任p222)

初風:私のやつですね

初風:草

初風:これはマニアック

58提督:第一回!くすぐりカラオケ大会!

初風:私は好きです

まるゆ:くすぐりカラオケじゃないか!

金剛:「そういえばまるゆガールって、弱点ありマスカ?」

58提督:よし、ミニゲームもつけてあげよう

まるゆ:じゃあくすぐりに耐えながらフリージアをですね

58提督:1d100でカラオケの点数をつけたまえ。得点が高ければ何がプレゼントしよう

初風:失敗すると全員損傷か

まるゆ:1d100
KanColle : (1D100) → 10

金剛:1d100
KanColle : (1D100) → 37

初風:1d100
KanColle : (1D100) → 91

まるゆ:ひっく!

初風:つっよ

足柄:1d100
KanColle : (1D100) → 27

58提督:うーん、初風が成功だな

初風:やったぜ

まるゆ:私邪神に出会っても不定にすらならない可能性あるよ!

58提督:では、そうだな...噂シーンを一個教えてあげようじゃないか

58提督:2と4。どっちが知りたい?

初風:2で

まるゆ:「あ、あはは、あははははっ!き、きぼあははははっ!!つないだ…くふっ…あははは…!」みたいな

58提督:2番ですね。2番は訓練にまつわる噂です。「訓練場でこんなことがあったんだって!」
判定は砲撃。成功で全員の火力が1点上昇、失敗で装甲が-1です

初風:「うーん、脇丸出しだからダメージが大きそうね…」

初風:重複+1

足柄:「まるゆ!あなた負けてるわよ!!」

まるゆ:判定しましょ

初風:まさかね、遊びがね、被るとは

まるゆ:2d6>=8
KanColle : (2D6>=8) → 6[2,4] → 6 → 失敗

初風:あ

まるゆ:あおばさーん!

初風:私と金剛で

初風:+2かな

金剛:声援使う

初風:使います

ワレアオバ:「ほらまるゆさん頑張って!」声援するよ

初風:損傷1は痛い

初風:ああそうか

初風:じゃあ私が使います

金剛:じゃあワタシが保留で

58提督:青葉はまるゆに対して情報通で取得してます

まるゆ:じゃあ歌い切ったあとでちょっと盛り上がる感じになったと。盛り上がった理由に歌関係ないね

初風:9 1 点

58提督:強すぎる

58提督:さて、ラスト。4サイクル目に突入いたします

まるゆ:くすぐりに耐えて赤面してる様子とか笑いをこらえられない様子が何故か盛り上がったと

初風:えr

まるゆ:そしてまるゆの写真が裏でそっと取引されると

まるゆ:犯人はきっと青葉

58提督:でしょうね

金剛:送ったヨー

58提督:まあゴシップ班だし

初風:送った

58提督:さあ揃いました

58提督:最初の犠牲者を選ぶのだ

金剛:はい

金剛:1d4
KanColle : (1D4) → 3

足柄:1d4
KanColle : (1D4) → 4

金剛:は?

金剛:喧嘩売ってるの??

初風:足柄じゃん

金剛:( ・´ー・`)

58提督:足柄のシーンはこれだ! 噂/58提督

初風:提督に関する噂かぁ

足柄:1d6
KanColle : (1D6) → 6

58提督:自由枠!w

まるゆ:「まるゆ、聞きました!」

金剛:「またこの流れなんデスカ…」

初風:「テンプレート化しつつあるわね」

金剛:流石に飽きてきた

足柄:「今日の噂はなんでしょうねー

まるゆ:「提督さんの持ってるペンギンさんが突然夜に動き出したりするらしいんですよ!夜な夜な提督のお部屋を動き回ったり、働いたら負けでちTシャツを着てる様子を目撃した子がいるんです!」

金剛:「………」

58提督:「ん?噂話でちか?」ひょっこりと登場

金剛:(提督ガールなのでは)

足柄:「ペンギン…強いのかしら?」

初風:「あのTシャツ二着あるの…?それとも脱いで寝てるの?」

金剛:「ワオ、提督ガール!驚かさないでくだサーイ!」

58提督:「ん、ああ。ペンギンのことでちか。これはラジコンでち、明石がノリノリで作ってたから貰ってきたでち」

初風:「あら、提督。ちょうど今提督のペンギンについて話してたところで…」

足柄:「おお!ペンギン勝負よ!!」

初風:ペ ン ギ ン の 問 題 

58提督:「服については基本的に二着以上あるからたまに着せて遊んでるでち」

金剛:「これもいつも通りな気がしマス…」

まるゆ:「えぇ!?そうだったんですか…なんだ…なんでわざわざ夜に動かしてるんですか…?」

金剛:大体足柄のせいです

58提督:「ペンギンと勝負とか頭おかしいんでちか?いや、だって朝に動かして秘書官にばれたら没収に決まってるでち。そういうことでちよ」

金剛:足柄が急に下着見せびらかすのがいけない(戒め

足柄:「そのペンギン動かないの……」(´・ω・`)

初風:「頭おかしいんです、放っといてあげてください。」

まるゆ:下着お化けとヒーロー駆逐艦のうわさは広まってます

金剛:「つまりそのペンギンは勝手に動く訳ではナイ…と」

58提督:「昼間に動かす奴は馬鹿でち」経験済み

58提督:「ま、そういうことでちよ」

58提督:そうだな、動物か通信がいいかな

初風:「経験談…ですか?ふふ」ちょっと尋ねるように微笑みかけて

58提督:生き物でしたね

58提督:「...感のいい奴は嫌いでち」

足柄:2d6>=7
KanColle : (2D6>=7) → 7[3,4] → 7 → 成功

まるゆ:情報をたくさん集めたまるゆは真実を大概知ってるけどあえて言わない系情報屋

足柄:ACT
KanColle : アクシデント表(6) → ううう。やりすぎちゃった!自分の【行動力】が1D6点減少する。

初風:「嫌われるのは嫌なので詮索はしないでおきます。」ペコリとお辞儀をすると去っていき

初風:あー

初風:めっちゃ減るやん

足柄:1d6
KanColle : (1D6) → 6

金剛:草

初風:MAXデター!

58提督:羊羹たくさんあるし使いなさいよ...

初風:残り1じゃん

まるゆ:足柄さん…

金剛:同じ最大行動力なのにこの差

58提督:1d6回復ですね

まるゆ:そっと初風の後ろに回って足柄から隠れます

まるゆ:見なかったことにする大人なムーブ

金剛:そのまるゆの後ろに通って足柄を見なかったことにして通り過ぎます

まるゆ:ついでにボソッと「いつも楽しみにしてますよ、ヒーロー駆逐艦の初風さん」みたいなことつぶやいとこ

金剛:もう足柄がトラウマになってきたんじゃないんですかね(適当

足柄:「なによーどうしたのよー」

初風:「…ドウシテソノコトヲ…」耳を赤くしてぷるぷると震えた小声で

足柄:1d6
KanColle : (1D6) → 3

58提督:さて、そんなこんなで提督のペンギンの正体がわかったところで次にいきましょうか

まるゆ:「…まるゆ、噂の裏付けはきっちり取るタイプなんです」

金剛:仕方ないから次はワタシですネ

58提督:ではまるゆは「アオバモソウオモイマス」という声が聞こえた気がします

初風:「…まあ、あなたになら知られても別にいいわよ…」

金剛:1d3
KanColle : (1D3) → 3

金剛:あっ…

58提督:金剛さんですね

初風:草

初風:逃げられない

足柄:くささささ

58提督:君はこれ。 遊び/ビーチバレー

金剛:evat
KanColle : 遊びイベント表(9) → 熱唱カラオケ大会:《芸能/趣味9》で判定。(着任p222)

まるゆ:カラオケ&ビーチバレー!?

まるゆ:ミスコンでは?

まるゆ:よく海である美人コンテストなのでは?

58提督:ふむ、では砂浜でのミスコンです。プログラムの中にカラオケ大会とビーチバレーが入ってます

金剛:「これは金剛の本当の力を見せる時が来ましたネ…!」

金剛:1d100
KanColle : (1D100) → 97

金剛:97点

58提督:強いな!

金剛:( ・´ー・`)

58提督:振ったなら仕方ない。最後の噂も教えてあげようじゃないか

金剛:やったぜ。

足柄:「ふふふ!勝負である以上この足柄に敗北の二文字はないわ!!」

足柄:1d100
KanColle : (1D100) → 56

金剛:「ワタシに勝てると思わないことデスネ!」

まるゆ:1d100
KanColle : (1D100) → 56

金剛:同レベル

まるゆ:うわぁ…

初風:1d100
KanColle : (1D100) → 18

まるゆ:初風さん集団の視線に耐え切れなかったんですね…

金剛:「このままビーチバレーも優勝狙いマスヨ!」

まるゆ:きっと水着でしょうし視線もきっちり集まってますし…

足柄:「わ、私がまけたぁぁぁ!?」(膝をつき)

初風:「この曲覚えてなかったわ…」

金剛:2d6>=8 金剛の力を見せまショウ!
KanColle : (2D6>=8) → 7[2,5] → 7 → 失敗

金剛:………

金剛:まぁこんな時もありマス

58提督:4番はこれ。何らかのキャラにまつわる噂。「ねぇねぇ、あの子にはこんな噂があるんだって!」
判定は負けず嫌い。成功で感情点を互いに1獲得+資材無しで一回の開発、失敗で感情点にチェックが入る+次の開発で消費する資材+2

初風:まじでか

初風:しょうがないな

58提督:ちなみに何らかのキャラとはPCまたはNPCのこと

金剛:(´・ω・`)

初風:声援使います

初風:3失うのはでかいけど

まるゆ:私の噂メタ読み刺さりまくっててて好き

初風:次決戦だし

58提督:せやな

金剛:「これで…優勝、デス!」最後のスパイク決めて優勝

58提督:「はい。ということで優勝はチーム金剛でち」

金剛:「Yes! 金剛は最強デース!」

榛名:「さすがお姉さま!」

足柄:「ぐふぅ!!」(敗北のストレスで吐血)

58提督:榛名生えて草ですよ

58提督:「一名吐血者が出たけどこれで終わりでち。優勝賞品は後日配布。解散」

まるゆ:そして金剛の水着姿が写真に撮られ裏ルートやら雑誌やらで使われると

金剛:「Oh…jesus…」

58提督:現場からは以上です

初風:またかよ

58提督:次ィ!

まるゆ:1d2
KanColle : (1D2) → 2

初風:私か

58提督:初風はこれ! 噂/お風呂

初風:1d6
KanColle : (1D6) → 4

初風:さっきのやつじゃん

58提督:何らかのキャラにまつわる噂です

まるゆ:青葉の盗撮ネタじゃね?

58提督:かもな?

初風:またそれ私なのか…

まるゆ:「そういえばまるゆ聞いたんですよ!」お風呂に入りながら

ワレアオバ:「おや、博識ですねぇ。さすがまるゆさん」今回は青葉もお風呂入ります

初風:「んー?今度は何を聞いたのぉ…?」お風呂でリラックスしてるのかもたれかかってます

足柄:「勝負の?」

金剛:金剛は今回もお風呂入りません

金剛:足柄が怖いので

まるゆ:「なんだかですね、お風呂場とか、脱衣所でずーっと視線を感じることがあるらしいんですよ!頻度は多くないらしいんですけど、前からそういう話があって!」

ワレアオバ:「へ、へー。そそそそうなんですねえええええええええ」めっちゃ震えだします

初風:「視線…?覗き魔でもいたり…?」

まるゆ:「泊地の皆さんも調べてるんですけど、カメラとかそういうのは見つからないらしいんですよ、怖いですよね!」

ワレアオバ:「こわなあああああああああ」ガタガタガタ

足柄:「こわいわねえ」(素で忘れてる)

まるゆ:勿論まるゆはこの噂の裏付けもきっちり取ってます。というかカメラの場所知ってます

まるゆ:でもスルー

初風:「……まさかねー。」

ワレアオバ:ばれてることを理解したので震える青葉

初風:ちらっと震えてる青葉を横目で見ます

足柄:「あ!でもこの前盗撮犯にあったような…だめだ頭が」

ワレアオバ:「...」ビクッとしたあと目を泳がせる

金剛:金剛は後でゆっくりと1人で入るのデース

ワレアオバ:判定は別に固定ってわけじゃないから

ワレアオバ:ここは普通に入浴で判定にしましょう

初風:おk

足柄:「廊下で血だらけで倒れてた日から記憶があいまいなのよね」

初風:成功したら問い詰めますね

初風:2D6>=6 (判定:おしゃれ)
KanColle : (2D6>=6) → 6[2,4] → 6 → 成功

初風:重複+1なので

まるゆ:これ盗撮した写真なのにまるゆはカメラ目線ばっかりみたいなこと起きてそう

初風:失敗ですね

ワレアオバ:1点足りない!

まるゆ:声援で

ワレアオバ:では成功です

ワレアオバ:互いに入りますよ

ワレアオバ:あ、初風は一回無料単発引けますよ

まるゆ:「ねー?ふしぎですよねー?」ちらっと青葉の方と隠しカメラの方に視線を向ける声援演出

初風:ああ送ったのか

ワレアオバ:開発ガチャじゃ

初風:じゃあ

初風:「ちょっと聞きたいんだけど、心当たりあったりするのかしら?」青葉の耳に囁きかけます

ワレアオバ:「へっ?べ、べべべっべつにー?ななななにもないですよー?」吹けもしない口笛を吹く

金剛:一体何してるんデスカ…

まるゆ:「……ふふっ…」にっこり

ワレアオバ:「ヒエッ」

足柄:「?」(ぽかん)

初風:「吹けてないわよ…まあ、次はないと思ってね?」ちょっと苦笑いしてから首に両手を回してのしかかる感じで顔を見て言います。

ワレアオバ:「はい...もうしません...」

足柄:「なんの話してるのー」

58提督:なんだか青葉のことが分かった気がしますね!次にいきましょう!

初風:「ふふっ、分かればいいのよ」すっと離れてまた壁にもたれかかってリラックスします

初風:はい

58提督:最後はまるゆですか。

まるゆ:最後は私ですね、ふふふっ!

まるゆ:まるゆでした!

58提督:君はこれ 交流/食事

初風:私ですね

まるゆ:EVKT
KanColle : 交流イベント表(8) → いいまちがえ:《ばか/魅力8》で判定。(着任p221)

まるゆ:1d3
KanColle : (1D3) → 2

初風:これは足柄のことをなんて呼ぶのか楽しみ

まるゆ:「…残念狼…」ぼそっ

まるゆ:「…あっ、何でもないです、足柄さん!」

足柄:「んにゃ?なんかいったー?」

金剛:「(なーんか残念娘って発言が聴こえましたネ)」

足柄:「まるゆはいつも可愛いねえ」

まるゆ:「あはは、何も言ってないですよー?」

58提督:これが情報社会のドンですか...

金剛:「(やっぱり足柄怖い)」

まるゆ:[

足柄:「今日も今日とて飯がうまい!」

まるゆ:「(空気長女さんは面白いなぁ…)」

初風:「(残念狼か…中々黒い呼び方してるわね…)」←地獄耳100

金剛:マインドスキャーン!

まるゆ:初風さんは初風さんだから

初風:草

58提督:じゃあまるゆはいじわるで判定してネ

足柄:「♪」もぐもぐ

初風:残り2人への当たりが強い

まるゆ:感情がすごいじゃなかったらもうちょっと何かしら言ってる

金剛:「…空気長女がどうしまシタカ?」

まるゆ:子供たちのヒーローさんとか

まるゆ:一旦判定かな

58提督:いいからいじわるで判定じゃい!

58提督:俺が決めた!今決めた!

まるゆ:発見かなー

まるゆ:1d6
KanColle : (1D6) → 5

58提督:どうぞ

58提督:これが本性ですよ

58提督:まるゆはいじわる。はっきりわかんだね

初風:いいキャラしてるわ

まるゆ:2d6>=5
KanColle : (2D6>=5) → 7[2,5] → 7 → 成功

初風:んじゃチェックはずれますね

足柄:et
KanColle : 感情表(4) → かっこいい(プラス)/しんぱい(マイナス)

まるゆ:「ふふふー、気のせいじゃないですか?何も言ってないですよ?」

58提督:じゃあ青葉も持っておこうか。感情は怖いです

まるゆ:そりゃ初風さんにはわざわざ言ってるし?

まるゆ:なんだかんだ尊敬はしてますからね、初風さん

58提督:さて、全員終わったところで決戦前の固定イベントです

足柄:(まるゆちゃんは小さくて心配になるわねー勝負できるのかしら)

まるゆ:はーい!

初風:はい

初風:夜戦は強いでしょ

初風:言葉責め

まるゆ:というか補給させて!

58提督:補給どうぞ

まるゆ:まるゆは鋼材6使って13まで回復したいです!

58提督:どうぞ

足柄:燃料六つかってまーっくす!

58提督:はいよ

58提督:では。固定イベントに移ります

58提督:前に青葉に遭遇して二週間後。カメラが用意できたので校舎前にマルフタマルマルに集合してほしいと言われあなたたちは集合します

ワレアオバ:「みなさーん!お待たせしましたー!」青葉が寮の方向から走ってきます

まるゆ:「マルニーマルマル!」

初風:「あ、きたみたいね。」

足柄:「来たわね勝負の日!」

金剛:「それでどうなりましたカ?」

まるゆ:「あっ、青葉さん!準備ができたんですね!」

ワレアオバ:「もちろん!ばっちりですよ。さて、さっそく調査に向かいましょう!確か一番目撃情報が多いのは訓練場です!」

初風:「よし、じゃあ行きしょうか。」

初風:まが勝手に消えた

初風:まいいか

初風:まだけに

足柄:「ふっふっふ!ばりばりよ!」

58提督:青葉に言われ訓練場にあなたたちは向かいます、暗い訓練場、ライトで照らされ狭く見える足元。しかしよく目を凝らすと何かがいるように見えます

まるゆ:「まるゆも皆さんと一緒に!」

ワレアオバ:「あっ!見つけました!...カメラで確認確認...」青葉はカメラを構え何かに向けます

金剛:「あれは…一体?」

ワレアオバ:「あれは...深海棲艦!?」

初風:「えっ」

58提督:どうやら何かの正体は深海棲艦のようです

58提督:それはあなたたちを見つけると襲い掛かるでしょう。さあ、決戦の時間だ

58提督:マップチェーンジ

58提督:ちょっとあれだけど勘弁ね

58提督:コマサイズ1でどうぞ

金剛:「金剛」のダイスシンボルの値が変更されました。

58提督:四隻ですよ、もちろん

足柄:「ふふふ!勝負よ勝負!」

58提督:じゃあホ級の偵察...そうだな。金剛のを教えてもらおう

58提督:オッケー

58提督:ではプロット公開といきましょうかね

58提督:もちろんええで?

どどんとふ:「初風」がダイスをオープンしました。出目は4(6面ダイス)です。

どどんとふ:「足柄」がダイスをオープンしました。出目は6(6面ダイス)です。

どどんとふ:「まるゆ」がダイスをオープンしました。出目は0(6面ダイス)です。

どどんとふ:「金剛」がダイスをオープンしました。出目は4(6面ダイス)です。

58提督:えー、こっちは1,1,4,2ですね

58提督:さて、ここで少しボーナスを与えましょう

58提督:あなたたちは噂を全て発見することができたので火力が+1。装甲が1Tだけ1上昇します

58提督:火力は永続です

58提督:さあ、決戦しようね

初風:クライマックスタイム

58提督:長距離砲撃フェーイズ

金剛:ホ級を狙い撃つゼ!

金剛:の前に独断専行使います

まるゆ:金剛が命中判定を振る瞬間!固有スキル、お役に立ちます!が発動!

58提督:はいよ

金剛:2d6+1>=5 独断専行
KanColle : (2D6+1>=5) → 8[4,4]+1 → 9 → 成功

まるゆ:このフェイズ中まるゆと同じ序列にいるPCすべての行為判定に+1です!

金剛:2d6+1>=5 攻撃判定
KanColle : (2D6+1>=5) → 7[2,5]+1 → 8 → 成功

58提督:ホ級さん回避1しかないねんな...

まるゆ:「今こそ目立つチャンスですよ、金剛さん!」的な応援

金剛:7d6 ファイアー!!
KanColle : (7D6) → 23[1,1,3,4,4,4,6] → 23

金剛:1d6 ボーナス
KanColle : (1D6) → 3

金剛:26

初風:死んだよね

初風:さよなら

58提督:即死です

58提督:さよなら!

初風:さよなら…

金剛:1d6 リアクション表
KanColle : (1D6) → 6

まるゆ:「いい所見せちゃいましたね、金剛さん!」

58提督:次!中距離!

金剛:Shit!!

金剛:「火力は金剛にお任せなのデース!」

58提督:ハ級に攻撃ね、オッケー

足柄:2d6>=5
KanColle : (2D6>=5) → 10[5,5] → 10 → 成功

58提督:うーん、戦闘の振りなおしはさすがに却下かなー

足柄:4d6
KanColle : (4D6) → 15[1,2,6,6] → 15

58提督:大破しまーす

まるゆ:一応声援!

初風:かもん6

58提督:あいよ

まるゆ:「残念を払拭するチャンスですよ!」

まるゆ:1d6
KanColle : (1D6) → 4

初風:ああ

58提督:惜しいですね

初風:じゃあ私も声援で

金剛:じゃあ声援使います

金剛:1d6
KanColle : (1D6) → 2

初風:1d6
KanColle : (1D6) → 2

58提督:さよなら!

金剛:仲良しかよ

初風:草

初風:なかったことで

58提督:短距離攻撃フェーイズ

初風:いやです

足柄:「あたれぇぇぇ!!

初風:じゃあ

金剛:「初風ガール、頑張ってくだサーイ!」

まるゆ:「…頑張って、くださいね?ヒーローさん…?」初風にだけ聞こえる様に応援

初風:悪質ですよこの子

足柄:「はつかぜー!!」

58提督:金剛さんには都合よく砲撃の音で聞こえてませんでした()

初風:二級で

まるゆ:+1修正があらゆる行為判定でかかってるよ初風さん

58提督:あいよ

初風:2D6>=5 (判定:おしゃれ)
KanColle : (2D6>=5) → 9[4,5] → 9 → 成功

初風:はい

初風:3d6
KanColle : (3D6) → 14[3,5,6] → 14

まるゆ:私は潜水艦だからー、初風の真下からこっそり信号送るとかすれば多分一人だけに送れますよねー?

58提督:あと4で大破すな

足柄:5d6
KanColle : (5D6) → 22[2,5,5,5,5] → 22

初風:「うっ…他に聞こえたらどうしてくれるのよ…」

58提督:あー、そうですね。じゃあモールスで初風に先程のメッセージを送ったことにしておこうか

58提督:あ、死んだ

足柄:「はつかぜー!すきだー!!」

初風:「そろそろ本気出しますかぁ。」

金剛:「(まぁ、ワタシには聞こえてマスケド)」

まるゆ:で、私のターン。急速潜航使いますね。

金剛:「なにあのガール怖い」

まるゆ:航行序列0に帰ります

58提督:はいはい

初風:「よし、残り一隻よ!」

足柄:「勝利は私たちの手に!」

58提督:さてイ級の行動ですが...そうだな、1d3で決めるか

58提督:1d3
KanColle : (1D3) → 1

58提督:初風かなーw

初風:ふぁ

初風:装甲1しよ。。。

58提督:潜水艦の扱いほぼ覚えてないねん

58提督:じゃあまるゆに攻撃しましょう

58提督:どうせなので

まるゆ:指定個性は

58提督:指定個性は自由奔放

58提督:振れ。

まるゆ:2d6>=6
KanColle : (2D6>=6) → 4[1,3] → 4 → 失敗

58提督:草

まるゆ:振り直すか

58提督:ではここで青葉の声援が飛んできます

ワレアオバ:「まるゆさん!危ないですよ!」声援

まるゆ:青葉で2点であと1点

まるゆ:行けたわ

58提督:成功なので回避でーす

まるゆ:疲れてるね

まるゆ:「きゃっ…!よくも…!」

初風:疲れてますねこれは

58提督:さあ第2短距離フェイズ

まるゆ:青葉さんにはちゃんとありがとうって伝えます

まるゆ:短距離しかないので航行序列順に攻撃

初風:足柄だよ

初風:ハヨフランカイ

まるゆ:足柄が行為判定をする瞬間!移動!

58提督:集中攻撃了解

まるゆ:お役に立ちます!

足柄:2d6<=5 集中攻撃
KanColle : (2D6<=5) → 8[2,6] → 8 → 失敗

58提督:また逆じゃんw

初風:1人CoCやってる

58提督:でも成功でーす

58提督:サブだから判定が必要なのよ

58提督:今のは集中攻撃の使用判定やな

58提督:命中判定をしたまえ

足柄:2d6>=5
KanColle : (2D6>=5) → 3[1,2] → 3 → 失敗

初風:えぇ

58提督:ええ...

初風:4でしょ?

初風:後1

まるゆ:声援

まるゆ:これで成功ですね

58提督:あと1点だしね

初風:ああ

初風:回避あるのか

まるゆ:あと2必要ですね

初風:じゃあ後3

58提督:あっ...

初風:後2か

初風:まあ大丈夫でしょ

初風:1しかない

まるゆ:やっぱ金剛かな~?

初風:ああ

58提督:はい。判定失敗ですね...悲しい!

初風:じゃあ失敗ですね

足柄:「わ、私が外すなんて!」

金剛:「最後はこのワタシが」

まるゆ:「残念狼…」ぼそっ

金剛:2d6>=5 独断専行
KanColle : (2D6>=5) → 6[1,5] → 6 → 成功

金剛:2d6>=5 命中判定
KanColle : (2D6>=5) → 4[1,3] → 4 → 失敗

金剛:は?

初風:おい敗北者ぁ

金剛:敗北者はファンブルですよ

58提督:振りなおしどうぞ?

金剛:1d6 振り直し
KanColle : (1D6) → 5

初風:しまりませんねぇ

金剛:2d6>=5 命中判定…
KanColle : (2D6>=5) → 7[3,4] → 7 → 成功

金剛:8d6 消し飛べやぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ
KanColle : (8D6) → 35[3,3,4,4,5,5,5,6] → 35

初風:草

58提督:消し飛びました

初風:消し飛んだ

まるゆ:損傷8個!?

58提督:戦闘しゅーりょー

初風:「うっわ…流石戦艦…」

金剛:「Yes!金剛達のWinerデス!」

足柄:「まけたわ…」

初風:「特に誰も傷ついてないわね?よし、完全勝利!」

58提督:戦闘報酬は固定で2つと撃破数ぶん回せまーす

まるゆ:「まるゆだって、活躍できるんですよっ!…だれですか?今もぐらって言ったひと。」

金剛:「もぐら…?」

足柄:snt
KanColle : 戦果表(1) → 燃料/1D6+[敵艦隊の人数]個

58提督:腹黒まるゆ

足柄:1d6
KanColle : (1D6) → 3

足柄:snt
KanColle : 戦果表(2) → 弾薬/1D6+[敵艦隊の人数]個

足柄:1d6
KanColle : (1D6) → 1

金剛:snt
KanColle : 戦果表(5) → 任意の資材/1D6+[敵艦隊の人数]個

金剛:鋼材にするか

金剛:1d6+4
KanColle : (1D6+4) → 6[6]+4 → 10

金剛:10個

金剛:snt もう1個
KanColle : 戦果表(4) → ボーキサイト/1D6+[敵艦隊の人数]個

金剛:1d6+4
KanColle : (1D6+4) → 2[2]+4 → 6

金剛:6子

初風:SNT
KanColle : 戦果表(1) → 燃料/1D6+[敵艦隊の人数]個

初風:1d6+4
KanColle : (1D6+4) → 5[5]+4 → 9

初風:SNT
KanColle : 戦果表(1) → 燃料/1D6+[敵艦隊の人数]個

58提督:燃料いっぱいだぁ...w

初風:1d6+4
KanColle : (1D6+4) → 2[2]+4 → 6

58提督:さて、ではエピローグです

初風:はい

まるゆ:はぁい

まるゆ:はぁい…♪

初風:うふふ…♪

足柄:おお!

金剛:フフフ…♪

58提督:深海棲艦はまるで救われたような笑顔を浮かべ沈んでいきます。彼女たちはこの場所で生き、この場所で幸せに死んだのです。

足柄:元気があれば何でもできる!

金剛:HAHAHA…♪

初風:ガチの幽霊だったのか

58提督:こうして、この養成学校の噂はやみます。それがあなたたちのおかげと知っているのは青葉だけですが

初風:影のヒーロー

金剛:戦艦相手に挑むのが間違いなノーネ!

58提督:それでも、この出来事はあなたたちが自慢できる、生きるための誇りとなるでしょう。

まるゆ:あっ、ホ級に駆逐三隻ってそういう…

58提督:シナリオ終了です。お疲れさまでした

初風:お疲れ様でした。

まるゆ:お疲れさまでした!

足柄:友情!努力!勝利!

58提督:ん?固有が欲しいならとってもいいよ

58提督:さて、報酬の話をしようか

初風:いる?初風の

58提督:まずあなたたちはアイテムをひとつ獲得します

初風:じゃあ羊羹捨てますね

初風:邪魔なんで

初風:あ

初風:渡すか

初風:ほしい人いる?

58提督:生きる誇り:一度だけ轟沈判定を無効にし大破状態で復活できる。を全員ひとつ獲得します

金剛:友情(変態でむしろ離れる)努力(むしろ逆効果)勝利(最後の最後で外す)

初風:足柄いる?

58提督:まあ応急修理妖精だわな

初風:あ、でも二個持ってたっけ

58提督:次、経験点ね

金剛:羊羹食べて(´~`)モグモグ

初風:じゃあ羊羹皆で食べよう

金剛:1d6
KanColle : (1D6) → 6

58提督:固定で持ち帰りなので

58提督:ただし羊羹は消えます

金剛:生きる誇りを貰いマス

58提督:噂の正体を突き止めた 100点 噂を全て見つけた 30点 青葉の悪い癖を治した 20点。合計150点とMVPです

金剛:足柄さんは怖いからここはまるゆで

まるゆ:MVPはそりゃ足柄さんですよ…♪

初風:戦闘面では金剛かな

初風:RPではまるゆで

足柄:はつかぜー!うけとれー!!

金剛:あれ?

金剛:ふざけるはずだったんだけど

初風:青葉の悪い癖って私じゃないか

金剛:もっとふざけてるやつのせいで薄くなった…

58提督:じゃあログ取りますねー

初風:はい

金剛:(´・ω・`)

初風:私もログとろ

TRPGツール

ブログパーツ