aoringo tools

aoringo作成のTRPG中心ツール置き場

船メリクリ2|CoC

どうせ みんな いなくなる

どどんとふ:全チャットログ削除が正常に終了しました。

KP:ちょっとだけ離席してます

長谷川平蔵:こんばんはー

長谷川平蔵:待機待機

羽切長慶:こんばんはー

長谷川平蔵:こんばんはー

羽切長慶:こんばんはー

長谷川平蔵:こんばんはー

藤後光:こんばんはー

長谷川平蔵[雑談]:NPCから情報をぶんどるんでしたっけ

羽切長慶[雑談]:情報抜き出すのむずかちい

藤後光[雑談]:でしたね、探検ついでに

長谷川平蔵[雑談]:がんばりたい

羽切長慶[雑談]:違う長義君はこんなこと言わない(セルフSANC)

羽切長慶[雑談]:ホールはいけないんでしたよね 廊下かデッキかをぶらつくか

長谷川平蔵[雑談]:うろちょろうろちょろ

KP:戻りました。みなさんこんばんはー

藤後光:こんばんはー

羽切長慶:おかえりなさい、こんばんはー

長谷川平蔵:おかえりなさい、こんばんはー

長谷川平蔵[雑談]:関係ないですがKP様の立ち絵のぺんぺん、瞳がつぶらで可愛いので冒涜的な何かとは無縁に見える これは罠だ……

羽切長慶[雑談]:もしや氷山にぶつかるのでは(直感0)

KP:なんやて

長谷川平蔵[雑談]:タイタニックみたいになりそう(なりそう)

羽切長慶:どうしたんや工藤

長谷川平蔵:なにがあったんや

KP:自分らには見えてへんのか……?

藤後光:そないな顔してどうした?

羽切長慶[雑談]:まだ山姥切君のイケメン度合いに慣れてないせいでこの立ち絵でネタ発言ができない くそう初期勢やっと慣れてきたのに

長谷川平蔵:登場人物が増えている

羽切長慶:マップとそこに佇む美女とイケメンとイケメンとイケメンとイケメンが見えます

藤後光:ああなんか増えとるなあ

長谷川平蔵:着々と増えている ぞ

KP:いや、それだけ見えとったら充分や

長谷川平蔵:いぇいいぇい

羽切長慶:何人生き残るかな

KP:よし。初期配置はこんなもので。

長谷川平蔵:わーい けっこうたくさんいる!

KP:では始めていきましょう。今晩もよろしくお願いします

羽切長慶:よろしくお願いいたします

長谷川平蔵:よろしくお願いしますー

藤後光:よろしくお願いしますー

KP:【他愛のない話】

KP:NPCのみなさんとのお話タイムです

長谷川平蔵:わぁい

KP:小夜子さんだけデッキにいるのはデッキにいるよ!って彼女しか初期位置が書いてなかったからで……。話したい人がいれば一人ずつ話せます

羽切長慶:ふむふむ

長谷川平蔵:なるほど どなたに突撃しても大丈夫なのですね

羽切長慶[雑談]:あっちょっとまってね新人の味方wikiパイセン開くの忘れてた

KP:はい。その場合はNPCを部屋から出します。

羽切長慶:やったー

長谷川平蔵[雑談]:偉大なるwiki先輩の台詞一覧

長谷川平蔵:了解です!

羽切長慶[雑談]:割と一人称の漢字で詰まる時とかある だって普段文字で見ないし……

藤後光:了解でーす

羽切長慶:はーい

羽切長慶[雑談]:オレと俺では印象が大きく違うんだよ!!!!(力説)

羽切長慶[雑談]:というのは置いておいて、どこからいきますー?

長谷川平蔵[雑談]:ぼくと僕とボクは違うもんね!!!!

羽切長慶[雑談]:そうだよどれも素晴らしいけどね!

長谷川平蔵[雑談]:わかりみしかない

藤後光[雑談]:話しかけやすそうな人…から行ってみる?

長谷川平蔵[雑談]:三人で囲い込む形です? それぞれ違う場所で違う人と話す感じ?

羽切長慶:ちなみに、事前情報として誰が乗ってるーとかそういうのでふわふわと知ってそうな情報はありますか? 例えば有名人が余興で乗船してるとか、有名なアーティストが乗るらしい、みたいな噂とか

羽切長慶:泣ければ大丈夫です

羽切長慶:なければ

KP:パンフレットにはサプライズゲストがいるよってあります

長谷川平蔵:さぷらいずげすと

羽切長慶:くそう名前を書かない方向か!

藤後光:サプライズかあ

KP:そして一般客はみなさんだけです。

長谷川平蔵:なるほど

羽切長慶:一般客の方がレア度高いの凄いな

羽切長慶[雑談]:序盤ですし、信用とか必要なのはまだこない……とおもいたい……

KP:誰からでも構わないですよ。KPも「これ……順番は……?」と思いましたから!

長谷川平蔵[雑談]:推奨技能にないから大丈夫ですよ!!!

長谷川平蔵:なるほど……??

羽切長慶:わぁい じゃあばらけましょうかいっそ

長谷川平蔵[雑談]:バラバラにいきます? 夕食前くらいに合流する形で

羽切長慶[雑談]:野郎3名でつるんで女性にはなしかけにいくのは難易度が高い

藤後光[雑談]:うん、ここはバラバラでいいと思います

長谷川平蔵[雑談]:ばらけましょー

長谷川平蔵[雑談]:誰からいきます? 

羽切長慶[雑談]:こう……自由に散策してたらたまたま出会って雑談を~みたいな…

羽切長慶[雑談]:では気になる方がいるひとー!

長谷川平蔵[雑談]:いかにも自然な流れ まるで火サスのようだ

長谷川平蔵[雑談]:個人的には女性に話しかけに行きたいですが、山小屋管理人なので前原君に突撃しようかと 

羽切長慶[雑談]:ふええ><

羽切長慶[雑談]:デッキに一人でいる女性のとこ行こうかなあ

長谷川平蔵[雑談]:あっデッキにピアノが出現していた いつの間に

KP:ところでこのNPCとの会話、ショートカットできるんですけど、します。方法はノベルゲーム式。

長谷川平蔵:ふむふむ

藤後光[雑談]:女の人に話しかけてみるかなあ、小柄な大学生だからまだ気安く話してくれるはず…

羽切長慶:なる……ほど……

KP:選択肢を選ぶと一通りぺらぺらしゃべってくれます。

長谷川平蔵:チョロイン……!

羽切長慶:オウケイわかった

KP:全部聞いても良い。

長谷川平蔵:了解です!

藤後光:了解である

KP:山伏ニキいた?

羽切長慶:はーい

長谷川平蔵:いたね

羽切長慶[雑談]:純粋に顔面の好みで選ぶとありささんすき

KP:申し訳ない。ショートカットできるんですけど、します? と聞いたつもりが!

長谷川平蔵[雑談]:決まりましたかな とりあえず長谷川が一番手もらいましょうか

羽切長慶:ああ、時間かかりすぎるのもあれですしね!サクッと言っても大丈夫です!

羽切長慶[雑談]:はーい 行ってらっしゃい!

KP:はいー。ありがとうございます。

長谷川平蔵:一番手いくぞ

KP:はい。誰とお話しします?

長谷川平蔵:前原さんと廊下でたまたま目が合って話しかけたい

KP:はーい。前原さーん

藤後光[雑談]:いってらっしゃい

KP:まず目が合ったとありましたので彼の顔について。

長谷川平蔵:ふむ

KP:目の下にクマがあります。

長谷川平蔵:おや 不眠症かな?

羽切長慶[雑談]:顔色が悪そうな顔(立ち絵)している

KP:年は三十代半ばぐらい。クマさえなければもっと素敵な男性に見えたことでしょう。

KP:身長も高いですしね。

長谷川平蔵:ほうほう

長谷川平蔵[雑談]:眠れていないのだな 

KP:彼との会話の選択肢はこちら。 自己紹介。乗船理由。ほかの乗客。ピアノについて。

羽切長慶[雑談]:眠れていないフラグを立てるのはきっとキーキャラ

長谷川平蔵:わー 自己紹介するー! 山小屋管理人の長谷川平蔵だ、縁あって山を下りてきたどうぞよろしく。

長谷川平蔵[雑談]:ピアノについて聞けるらしいですぞ

前原響輝:「初めまして、前原と申します。今日はよろしくお願いします」

KP:すごく声が小さいです。

羽切長慶[雑談]:ピアニスト?調律師?

KP:知識、ふれます

長谷川平蔵:おや 風邪っぽい感じではなく、そういう喋り方みたいな?

長谷川平蔵:振ります!

長谷川平蔵:CCB<=70 知識
Cthulhu : (1D100<=70) → 27 → 成功

長谷川平蔵[雑談]:どっちでしょうな

長谷川平蔵:閃いた

KP:彼は世界的に有名なピアニストです。そう、山小屋にふだん常駐している長谷川さんも知っています。

長谷川平蔵:おお 本物だ

KP:彼がサプライズゲストだな!とピンと来ても良いでしょう。

羽切長慶[雑談]:すごーい!>メイン

長谷川平蔵:\ピン!/

藤後光[雑談]:すごーい

長谷川平蔵:サプライズ前にサプライズバレしてしまった

KP:だいじょうぶ。

長谷川平蔵:わぁい

長谷川平蔵:どんどん聞いていこう 

KP:ごーごー。

長谷川平蔵:ではピアニストの前原さんの乗船理由はずばり?

前原響輝:「私のファンだという船長さんに声をかけていただいて、夜のパーティーの後にデッキで演奏をさせて頂くことになっています。良かったら聴きに来てください」

KP:やっぱり小声です。

長谷川平蔵:「ああ、それは素晴らしい。連れと一緒に、絶対に聞きに行きますよ」

長谷川平蔵:地声かなぁ 声帯弱ってるのかなぁ

長谷川平蔵:ほかの乗客については何か知っていますか?

前原響輝:「他の方とは、船長さんとカメラマンさんと少し話をした程度です。

前原響輝:それと、身内を一人招待して良いと言われたので大学からの友人を連れてきました。

前原響輝:背の高いメガネの女性です。星が好きな人で詳しいので、興味があったら聞いてみてください」

長谷川平蔵:「なるほど。星を眺めるのは好きなので、あとで話をしてみたいですね」

長谷川平蔵:ではピアノについて

前原響輝:「私のためにと用意してくださったものですね。お好きでしたら私に遠慮せず触っていただいて大丈夫ですよ」

羽切長慶[雑談]:おほしさま……そろうのかな……

長谷川平蔵:高価なものなんじゃないのかなぁいいのかなぁ 

KP:そこ聞いてみます?

長谷川平蔵:「高価なものでしょうに、いいのでしょうか。でも少し気になりますね」

長谷川平蔵:ツンツン聞いてみる

前原響輝:「すみません、でも外でないと駄目なんです。そうでないときっと聞こえないから……いえ、すみません。ただのこだわりみたいなものです」

藤後光[雑談]:揃ってしまいそうな雰囲気が……

羽切長慶[雑談]:不穏すぎて逆に犯人じゃない枠に見えるお兄さん

長谷川平蔵:「? 海上にピアノというとロマンティックですが、潮風などであまりピアノには良い影響がなさそうですが、前原さんほどのピアニストの方からすれば、外で弾くというのが大事なことなのですね」

長谷川平蔵[雑談]:外で何の曲を弾くつもりなんだろうね……

羽切長慶[雑談]:キャロルなんてクリスマスらしいと思わない?

前原響輝:「そ、そういうわけでは……。すみません、そろそろいかないと……。着替えないといけないので」 

長谷川平蔵:長谷川は山小屋管理人なので雅なことはわからぬ うんうんと頷いておく

長谷川平蔵:「ああ、御引き留めしてしまって申し訳ありません。ピアノ、楽しみにしていますね」

長谷川平蔵:見送りましょう ねっとりねっとり

長谷川平蔵[雑談]:ふぇえ><

KP:彼は申し訳なさそうに礼をすると部屋に入っていきます。

羽切長慶[雑談]:次どちら行きましょうか 藤後さん誰のところいきます?

長谷川平蔵:ちょっと首傾げていますね シャイボーイか

KP:ペンギンにはどこまでいっていいかわからないグワ。

羽切長慶[雑談]:ぐわぐわ

KP:次の方にいきますか?

藤後光[雑談]:あ、そちら先でいいですよ。すみませんがちょっと離席します

羽切長慶[雑談]:あ、はーい

長谷川平蔵:可愛い顔しやがって 長谷川は船に異性を誘うとはさてはプロポーズするつもりとかじゃないだろうかとか訝しんでいるぞ お次どうぞ—

羽切長慶[雑談]:行ってらっしゃい

長谷川平蔵[雑談]:いってらっしゃーい

羽切長慶:(中の人の)顔面の好みでありささんいきます

KP:はい

KP:長身の美女です。眼鏡をしていますね。

羽切長慶[雑談]:前原さんのガールフレンド(仮)きたで

長谷川平蔵[雑談]:わぁい! リア充……!

KP:会話の選択肢は 自己紹介 乗船の理由 職業 星の話 があります。

羽切長慶:了解です ちょっと通路あたりで雑談しようお姉さん 自己紹介から

KP:はい

羽切長慶:うなれ信用80相当の外面

水谷ありさ:「あら、初めまして。水谷ありさです。私も一般客なの、と言いたいところですけれど、友人が招待されていて、それにくっついてきたんです。今日は楽しい時間を過ごせるといいですね。」

羽切長慶:「ああ、なるほど。今日は特別な日(イブ)ですからね。招待されて、というのも素敵なことだ」

長谷川平蔵[雑談]:きゃわ

羽切長慶:「俺は羽切といいます。学生の身分ですがチケットが運よく取れたので、こちらへ。一応医学を専攻していますので、体調不良等あればどうぞ」 にこ

羽切長慶:その流れで職業聞こうか

KP:それではそれにありさはあら、とちょっと驚いた顔をしてから

水谷ありさ:「私は看護師をしているんです。これでも結構ベテランなんですよ。具合が悪くなったり、怪我をしたら、私にも簡単な処置ならできますので頼ってくださいね」

長谷川平蔵[雑談]:驚かれている

長谷川平蔵[雑談]:将来、職場であうかもしれないお姉さん……!

羽切長慶:「おや、それは失敬。先輩だったんですね。ええ、船の上だと体調を崩すこともありますし、何かあったらよろしくお願いします」 にこにこ 乗船理由聞いとく?

水谷ありさ:「天体観測が趣味なの、クリスマスに船の上で天体観測なんてロマンチックでしょう? 都会よりもずっと星も見えるでしょうし、私このツアーにずっと来たかったんです。友人の前原くんからお話を聞いたときは胸が高鳴りましたよ。持つべきものは有名な友人ね。こんなこと言ったら前原くんや前原くんのファンに怒られちゃうかしら」

羽切長慶[雑談]:頑張って頭のいい会話がしたいけど羽切家の血筋は脳筋の呪いがかかっている きがする

長谷川平蔵[雑談]:友人 友人……??

長谷川平蔵[雑談]:長義くん、戦闘ボイスが明らかに脳筋一族だったから問題ないですよ!!

羽切長慶:「なるほど、天体観測をするなら船の上は素晴らしいですよね。山の上なんかも綺麗に見えますが、やはり陸地とは違いますし。特別な日に特別な場所で好きな物を見たい、というのは当たり前の感情だと思いますよ」 星の話もあります?

KP:ありますとも

羽切長慶[雑談]:脳筋じゃない刀剣男士の方がレア(ry

長谷川平蔵[雑談]:前原さんは背が高くて顔が良いそうなので、女性ファンが多そう(偏見)

羽切長慶:じゃあきくー!

長谷川平蔵[雑談]:それな>男士

水谷ありさ:「今夜の天体観測の見所はやっぱり冬のダイヤモンドね。この船の名前にもなっているシリウス、プロキオン、ポルックス、アルデバラン、リゲル、カペラ……。この6つの一等星を結んでできるのが冬のダイヤモンドです。

水谷ありさ:あ、そうだわ、私の星座盤を差し上げますね。よかったらこれを使っていろんな星を探してみてください」

羽切長慶[雑談]:長身イケメンで陰のあるピアニストか モテるな

長谷川平蔵[雑談]:わぁい ほしがそろいそう

KP:星座盤 を 受け取りますか? はい いいえ

羽切長慶:ニア はい

KP:持ち物に星座盤を加えてください。

羽切長慶:「ありがとうございます。あまり見たことがないので、調べてみますね」

羽切長慶:はーい

羽切長慶:一通り聞いたかな?

KP:いえす。

羽切長慶:では星楽しみですねーってトークして適当に別れます

KP:はーい。

長谷川平蔵[雑談]:藤後さん、まだ戻られてないですな

羽切長慶[雑談]:藤後さんがお戻りじゃないですし、吉里さんどっちかいきます?むしろ一緒にいきます?

長谷川平蔵[雑談]:先に吉里さん突貫します?

長谷川平蔵[雑談]:発想が同じだった いきましょいきましょ

羽切長慶[雑談]:女性いこうかなーって言ってましたしね藤後さん

羽切長慶[雑談]:いえーい!

長谷川平蔵[雑談]:うむうむ

長谷川平蔵[雑談]:れっつごー

羽切長慶[雑談]:ではそれぞれNPCお話終わって部屋に戻ろうとしたところで二人で出会おう 吉里さんと

長谷川平蔵[雑談]:いえすいえす

羽切長慶:へい!お部屋に戻る途中で吉里さんと出会いたいのだ!長谷川さんと一緒に!

藤後光[雑談]:わーすみません戻りました!予想外に足止め食った!

長谷川平蔵:どんどこどん

長谷川平蔵[雑談]:おかりなさいー

KP:うぃ。出会うのはたぶん外側ですね。通路とか。

長谷川平蔵[雑談]:あっ、すみません! 先に吉里さん突貫しとこうかーってなりました!

藤後光[雑談]:いえいえ、大丈夫です!

羽切長慶[雑談]:おお、おかえりなさーい ちょっと突っ走っちゃったのでラストに小夜子さんお願いできれば

KP[雑談]:おかえりなさいー

藤後光[雑談]:はーい

羽切長慶[雑談]:一人だけ場所が決まってるならきっと重要人物

長谷川平蔵:SIZ14とSIZ17ではさもう

藤後光[雑談]:好奇心からデッキ突撃はあり得るしね!

羽切長慶:俺はまだ平均だよ

長谷川平蔵:あと3くらい伸ばそう まだ伸びる伸びる

KP:羽切さんと誤差程度の身長の吉里さんはくたびれた背広に革靴。長く伸ばした前髪で右目を隠した、やや痩せぎすの

羽切長慶:義弟君に越えられないくらいはほしいね

KP:まだ三十前の人です。

長谷川平蔵:ほうほう

羽切長慶[雑談]:男性陣の風貌が怪しい

KP:自己紹介を向こうからしてくれます。

吉里労:「ああどうも、一般客の方ですか。運が良いですな。自分は記者をしております吉里というものです。もしかしたらあとであなた方にもインタビューするかもしれませんね。まあ、その時はどうぞよろしく」

長谷川平蔵[雑談]:あーーやしーーー

KP:そういって断りもなしに胸ポケットからジッポと煙草をとりだして一服しはじめます。

羽切長慶:「ああ、こんばんは。なるほど、こういうツアーだと記者さんが乗ってたりもするのか。サプライズゲスト、ってあるからには有名な人がいるんだろうし」

KP:彼との会話の選択肢は 記事内容 ほかの乗客 ピアノについて ピアニストについて です。

羽切長慶[雑談]:ありささんは逆にヒロインor被害者or黒幕感がある

長谷川平蔵:「なるほど、記者さん。普段どんな記事を書かれていらっしゃるのでしょうか」 記事内容について聞きます

長谷川平蔵[雑談]:一番最初に殺されそう 記者だから

吉里労:「旅雑誌にこういったツアーがあるっていう広告ですよ。まぁ今年のツアーは終わっちまいますんで、来年向けですね。じゅうぶん人気なツアーなんですが、人気はどれだけあってもいいってことなんですかね。こっちは仕事のついでにいいもの食べられますから、ありがたいんですがね」

羽切長慶[雑談]:職業的に言うと看護師は割と残されるか初手で消えるかだと思うんですよ(ミステリあんまり読まない)

長谷川平蔵[雑談]:被害者候補がたくさんいるぞおかしいなぁ(おめめぐるぐる)

羽切長慶[雑談]:ピアニストは絶対重要人物だから初手かラスト(?)

藤後光[雑談]:重要人物は最初か最後

長谷川平蔵:「ああ、なるほど。では今回のサプライズゲストも良い宣伝になりますね。他にも有名な方が招待されていたら面白いですが」 他の乗客について! 聞く!

吉里労:「カメラマンのお嬢さんとは、今回はある意味仕事仲間ですからね。カメラの写し方やら、いい写真が撮れそうな場所なんかはさっき情報交換をしておきましたよ。まだ若いがいい腕だ。少々、姦しいですがね」

長谷川平蔵[雑談]:最終的に探索者しか残らないとかそんなことにならないといいね!

羽切長慶[雑談]:最初に死んだふりして実は黒幕で最後に自殺するって金田一くんがよくいってた

羽切長慶[雑談]:小夜子さんカメラマンなん?

長谷川平蔵[雑談]:金田一くんのとこの犯人は身体張りすぎてるから真似しちゃダメですよ!

長谷川平蔵[雑談]:おっと カメラマン、女の子だったのか

羽切長慶[雑談]:犯人たちには「ムチャシヤガッテ」というセリフが似合う

長谷川平蔵:「カメラマン……。話を聞いていると、今回は普通の招待客の方が少ないみたいに思えますね」

羽切長慶:「へえ、そういう方も乗ってるんだ。今回のメインイベントは何なんだろうね?」 知らないのでピアニストについて聞きたい

KP:五号室と六号室の分しか、一般にはチケットが回っていないみたいですね。

羽切長慶:探索者たち豪運かな

長谷川平蔵:不安になる少なさ……

吉里労:「有名なピアニストですよ、彼。聞いたことあるでしょう、名前くらいは。

吉里労:あれだけあちこちから演奏の依頼があるっていうのに、なんでかこの時期は船上パーティーでしか演奏しないんですよねぇ。有名人の取材がさせてもらえるのは純粋に嬉しいですよ」

長谷川平蔵[雑談]:倍率すごそう>一般チケット

羽切長慶[雑談]:まあ小型客船だとそれくらいなのだろうか あまり乗った覚えがない中の人はくびをかしげた

長谷川平蔵:「そうなのですか? では毎年、同じピアノを弾いているのだろうか」 ピアノについて聞きます

羽切長慶:「なるほど、楽しみにしていよう。ピアノを演奏することに何か意味を込めているのかもしれないね」

長谷川平蔵[雑談]:小さそうですねぇ ますます謎い

長谷川平蔵[雑談]:毎年毎年何を弾いてるのかなぁ前原さん……

羽切長慶[雑談]:客船、というとこう豪華客船○○号サイズが浮かんでしまって、小型だとクルーザーレベルの超小型船舶が浮かんでしまう 詳しくないとこうなるのだ

羽切長慶[雑談]:何かに聞かせる曲(?)

羽切長慶[雑談]:パソちゃんがちょっとガタガタする

長谷川平蔵[雑談]:ひぇ

KP:同じピアノってデッキのやつが自前ってことでしょうか?

KP:吉里さんはピアノについてはこんな感想をいいます。

吉里労:「デッキのピアノですが、あんなところに置いて傷まないんですかね? 潮風にあたりっぱなしでしょう。シートかなにかかけたらいいと思いますけどねぇ。せっかくいいピアノみたいなのに可哀想じゃあないですか。あれだけの演者に弾いてもらうなら尚更だ。

吉里労:…まぁピアノのことなんて分かりませんけどね、覚えている限りでは触ったことはありませんし」

羽切長慶[雑談]:まだ動いてるのでだいじょうぶ だいじょうぶ

長谷川平蔵:「何かこだわりがあるのかもしれませんね。ホールの中での演奏でもいいと思いますが」

長谷川平蔵[雑談]:ひぇえ

長谷川平蔵:ピアノ、固定砲台のようにデッキに固定されているのかなぁと思ったので>毎年同じ

羽切長慶:「アーティストの部類はその傾向が強いだろうしね」

羽切長慶:あんまりデッキにピアノは用意しませんもんね 固定しないといけないし

長谷川平蔵[雑談]:前原さんはピアノ好きにさわっていいよ!って言ってたので、これはぺたぺたしてみた方がいいのだろうか

KP:船のテーブルやいすなどは固定されていると聞きますね。ピアノも固定されているでしょう。

羽切長慶:なるなる

長谷川平蔵:なるほど

長谷川平蔵:聞きたいのは全部聞けたかな

KP:はい。

羽切長慶:あっこちらはだいたいOKです!聞けたから!

長谷川平蔵:バトンタッチ—

KP:最後は小夜子さんです。

藤後光[雑談]:では行ってきますー

羽切長慶[雑談]:いってらっしゃい

長谷川平蔵[雑談]:いってらっしゃーい

藤後光:デッキに突撃しますー船だーって

KP:小柄な女性がデッキから海に向かってカメラを向けています。

KP:断続的にシャッターの音が聞こえていましたが、突撃してきた藤後さんに気が付いて話しかけてきました。

長谷川平蔵[雑談]:でもグランドピアノをデッキに固定って、普段シートとかかけておかないとめっちゃ傷みそうな気はする

鳴海小夜子:「こんにちは! 晴れて良かったわね! 私は鳴海小夜子っていいます。見ての通りカメラマンよ。よかったら乗客のいる画も撮っておきたいから一枚お願いできるかしら。あ、顔が映るのが嫌だったら後ろ向きとかでも大丈夫よ!」

羽切長慶[雑談]:かわいい

長谷川平蔵[雑談]:大きいのは良いことだ

KP:彼女との会話内容はこちら。 今回の仕事内容 ほかの乗客 ピアノについて ピアニストについて パーティについて です。

藤後光:「え、ああ俺は藤後光っていうんだ、よろしくな!写真はー…後ろ向きだったらいいぜ」

藤後光:じゃあまずピアノについて聞こう

鳴海小夜子:「ピアノかぁ、私はねこふんじゃったくらいしか弾けないかな。右手と左手が同時に別々の動きをするっていうのがもう無理! ピアニストさんはよくできるわよね」

藤後光:「俺も無理!でもさ、ピアノってこんなデッキに置いておいていいのかな、潮風でダメにならないか?」

鳴海小夜子:「駄目になるわよね? どうしてこんなところに置いたのかしら」

羽切長慶[雑談]:雪とか雨とか降りだしたら〇百万飛ぶのでは

長谷川平蔵[雑談]:絶対飛ぶ

羽切長慶[雑談]:こわい

長谷川平蔵[雑談]:コワイネー

藤後光:「ここで演奏するか?」

KP[秘話]:次回9日どうでしょう

長谷川平蔵[秘話]:んん 大丈夫ですー

羽切長慶[秘話]:だいじょうぶです

鳴海小夜子:「あら。いまからホールにピアノを移すのは無理よ。中の準備はととのっているでしょうし」

藤後光[秘話]:9日大丈夫です

KP[秘話]:うぃ。では21:30でー

藤後光:「えー。じゃあここに置いたんだなあ。ここで演奏するんだなあ」

羽切長慶[秘話]:はーい

藤後光:首を傾げながらもそうなんだなあ、と思っておくね

長谷川平蔵[秘話]:はーい

藤後光[秘話]:はーい

藤後光:「あ、小夜子さんだっけ、カメラマンだって言ってたけど、仕事で来てるの?」

藤後光:仕事内容について尋ねるよ

長谷川平蔵[雑談]:前原さん、毎年って記者さんが言ってたってことは、少なくとも去年も弾いてるんでしょうな、ピアノ 

鳴海小夜子:「前々からこのツアーに興味があったの。しかも今回はピアニストの方がいらっしゃるって聞いてね。是非私に写真を撮らせてくださいってお願いしたの。絶対良い画を撮ってみせるわ!」

羽切長慶[雑談]:そりゃ倍率やべえわ(有名なピアニストが毎年引いてるゲリラライブ)

藤後光:「そうなんだ、いい画撮れるといいな!」

KP:彼女は力強く頷きます。

長谷川平蔵[雑談]:この時期船上パーティーでないと弾かないってことは、どこでもいいけどとりあえず海の上で弾かないと駄目なんですよね  不穏だなぁ

藤後光:「にしてもー……他の客、いなくね……?倍率ヤバイって聞いてはいたけど」

羽切長慶[雑談]:うむうむ 闇かな

藤後光[雑談]:こわいね

藤後光[雑談]:御大とメリークリスマスしても驚かないよ

羽切長慶[雑談]:あっKPさんお時間大丈夫です?

長谷川平蔵[雑談]:あっ23時

藤後光[雑談]:あ、そうだお時間

羽切長慶[雑談]:情報収集も大事だけれどそれ以上にリアル睡眠は大事ですよ

KP:船長がまずピアニストさんへのオファー倍率に勝利しましたからね。順番がいろいろ違うのでしょう。

長谷川平蔵[雑談]:うむうむ

KP:他のお客ときいて小夜子はその印象を言い始めます。

長谷川平蔵[雑談]:船上パーティー抽選に大勝利していた船長……

羽切長慶[雑談]:なるほど、ここ以外が惨劇の舞台(仮)だった可能性もあり

鳴海小夜子:「ピアニストさんの付き添いの水谷さん、素敵な人よね。私もあのくらい美人だったらなぁ……。ヒールも履きこなして、万年スニーカーの私とは大違い。大人の女性って感じよね」

羽切長慶[雑談]:でも船長って死にそうなポジションじゃない?

鳴海小夜子:「記者の吉里さんとすこしお話したわ。今回は仕事仲間ですもの。記者さんって大変ね、記事だけじゃなくて写真も自分でとるんだもの。いい写真が撮れたら売ってくれって言われちゃったわ。頑張らなくっちゃ」

長谷川平蔵[雑談]:わかるー>死にポジ

KP[雑談]:時間だけれど大丈夫。彼女でNPCとの楽しい会話終わりだから

藤後光:「へー。でも俺はスニーカー好きだけどな、動きやすいし。付き添いの人と記者さんも来てるんだなあ。……もしかして一般客、俺らだけ?」

羽切長慶[雑談]:はぁい キリがいいところまでやったほうが覚えやすいですしね!

KP[雑談]:御大とのメリークリスマスは驚こうよ。驚こうよ!

羽切長慶[雑談]:たぶんD100で死ぬから驚けないかな

長谷川平蔵[雑談]:驚く前にSAN値で死ぬかな!!! 廃人になるから!!!

鳴海小夜子:「そうよ。すごくラッキーだったわね! イヴの倍率ものすごいって聞いたもの」

藤後光:「だとするとなんか意外なツアーだなあ。ピアニストさん目当てで来てる人しかいない感じ。俺たちは天体ツアーで来たのに」

羽切長慶[雑談]:ルート次第で7D100振りかねないシナリオ知ってるけどあれも船だった気がする ふねこわい

KP:ピアニストさんについてはこう言います。

長谷川平蔵[雑談]:イヴに船上パーティーしようぜ!って意気込んで予約に臨んだカップルとかを蹴散らして野郎三人が来てしまった疑惑が

鳴海小夜子:「すっごい有名な人よね。音楽界では知らない人なんていないんじゃないかしら。10代の頃からいろいろなコンクールで優勝してきたような人みたいよ」

羽切長慶[雑談]:かわいそぉ><

長谷川平蔵[雑談]:やっぱ海はいけないよ ある程度調整させよう

鳴海小夜子:「だからサプライズゲストってことにしたんじゃないかしら。名前を出すと大変なことになりそうだもの」

羽切長慶[雑談]:やはり時代はYAMAだな(雪山を用意しつつ)

長谷川平蔵[雑談]:山ならすべて解決するから……!

藤後光:「あーなるほど」

羽切長慶[雑談]:神秘の残る場所、YAMA

藤後光:「でも俺たち3人だけかぁ……小型ってのもあるだろうけど運使ったなあ…帰ったら色々感想聞かせようっと」

藤後光[雑談]:YAMAはすべてを飲み込んでくれるよ

長谷川平蔵[雑談]:そして だれも いなくなる

藤後光:「パーティーどんな感じになるか、知らない?」

羽切長慶[雑談]:最後には だれかのしゅきが のこされている

長谷川平蔵[雑談]:※母国語(日本語)に成功しないと読めない

藤後光[雑談]:感想を伝えたい友達は もういない

鳴海小夜子:「普通じゃないかしら? ピアノは食事のあとだし、天体観測はさらにそのあとだもの」

鳴海小夜子:「パーティは18時からホールで開催されるみたい。乗客全員がそろってから乾杯になるんだから遅れないでね。私はすこし早く会場入りして写真を撮らせてもらおうかな」

藤後光:「そっか、わかった。ありがとうな」

藤後光:今は何時ごろでしょう

KP:17:45です。

長谷川平蔵[雑談]:えへへ 無事に帰って電波が戻ったら文字化けメールが来てるかもしれない

KP:ここで一度部屋に戻って身支度を整えてもらうことになります。

藤後光:「わ、もうこんな時間!?長谷川さんと羽切さん呼んでこないと」

藤後光:はーい

羽切長慶[雑談]:そろそろ支度しないとダメな時間>メイン

藤後光:「それじゃ、また後でな!」

鳴海小夜子:「ええ。じゃあ後で」

藤後光:身支度しに戻ります

KP:はい。

藤後光[雑談]:その文字化けメール保存しておくから……

長谷川平蔵[雑談]:結構時間がギリギリ!

長谷川平蔵[雑談]:わぁい ありがとう!>保存

KP:ここで終わりましょう。次からは場面がかわります。

長谷川平蔵:はーい!

藤後光[雑談]:保存して、誰であったかちゃんと書いておくんだ……友達だもの……

羽切長慶:はーい!

藤後光[雑談]:探索者だから最悪の事態は想像できる

藤後光:はーい

KP:静寂

KP:ではお疲れさまでした! 解散ですー

羽切長慶:はーい、お疲れ様でしたー

長谷川平蔵:お疲れさまでしたー!

藤後光:お疲れ様でしたー

羽切長慶:ちょっとパソコンちゃんがええ加減寝かせろやおらーって音出してるので、お先に落ちますね

羽切長慶:おやすみなさいー!お疲れ様でした!

KP:パソ子ちゃん……!

KP:おやすみなさいー

TRPGツール

ブログパーツ