aoringo tools

aoringo作成のTRPG中心ツール置き場

夏休み旅行6|インセイン

HO&秘話削り。
暴かれていく、秘密。

どどんとふ:全チャットログ削除が正常に終了しました。

小町 かすか:こんばんわー

GM:こんばんはー

GM:お時間までごゆっくりー

GM[雑談]:前回ログを弾かれて取り損ねたので、代理UPしてもらったのをWikiにあげてますー <m(__)m>

小町 かすか[雑談]:はーい

小町 かすか[雑談]:富山弁の奢ってやるは言いたいけど富山弁のありがとうはなんか言おうとは思わない不思議

GM[雑談]:ほう?

小町 かすか[雑談]:きのどくな=ありがとう

GM[雑談]:ほうほう ほうほう

GM[雑談]:面白いですねぇ

GM[雑談]:気の毒とはまた違う意味なんですな

小町 かすか[雑談]:使用例:A「だいてやるっちゃ」B「きのどくな。」

GM[雑談]:わぁ……

小町 かすか[雑談]:この標準語からするとカオスな感じ好きだけど富山弁ネイティブじゃないから無理

GM[雑談]:表記だとなんのこっちゃですが、発音すると雰囲気変わりそうですな

小町 かすか:こんばんわー

GM:こんばんはー

ヴィンセント:こんばんは

小町 かすか[雑談]:文字におこすとあれなのは東海の方の熱々のやかんとかに使う擬音

小町 かすか[雑談]:「やかんがちんちんだー」 イントネーションは違うからセーフ

GM:お時間までごゆっくりー

ヴィンセント:はーい

GM[雑談]:あー 実際に聞いたことはないけど知ってるー

瀬良 紫苑:こんばんはー

GM:こんばんはー

ヴィンセント:こんばんは

小町 かすか:こんばんわー

瀬良 紫苑[雑談]:入って早々ですが、呼ばれたので行ってきます。時間に間に合わなかったら始めててください

GM[雑談]:はーい いってらっしゃーい

ヴィンセント[雑談]:いってらっしゃい

ヴィンセント[雑談]:ぅゎ……めっちゃ☆ふえてるぅ↑

GM[雑談]:ば、ばれちゃったぁ……><

ヴィンセント[雑談]:あと一人だけ正気度レースしてるように見えますね これは驚きだ

GM[雑談]:狂気カードがまだ一枚だから大丈夫大丈夫

ヴィンセント[雑談]:戦闘までには開きたいね

GM[雑談]:ふぇえ><

ヴィンセント[雑談]:ぼくはかよわいどうけしだよぉ><

GM[雑談]:えっ????

GM: 

小町 かすか[雑談]:そっか狂気開いてるの小町だけか

GM:今回もBGMが鳴るので、うるさかったら切ってください―

小町 かすか:はーい

ヴィンセント[雑談]:なんでや召喚自重したやろ

ヴィンセント:はーい

GM[雑談]:うむうむ 小町さんは次の狂気カード開けたいねぇ……

GM[雑談]:召喚はやめよう(やめよう)

GM[見学用]:こんばんはー

mi@見学[見学用]:こんばんはー

ヴィンセント[見学用]:こんばんはー

GM[見学用]:てってってー 今日もBGMが鳴るので、うるさかったら切ってくださーい

mi@見学[見学用]:はーい

小町 かすか[見学用]:こんばんわー

小町 かすか[雑談]:あけたいなー あけたいわー

GM:瀬良さんまだ帰って来られてませんが、時間になったので先に始めていきましょう よろしくお願いしますー

ヴィンセント[雑談]:初期正気度4の召喚連撃資産もちが手持ちで一番火力出る たぶん

ヴィンセント:よろしくお願いしますー

GM[雑談]:こわ……

小町 かすか:よろしくおねがいしまーす

GM: 

GM: 

GM:【Father】

GM:一全教についてなんやかんやと知った三人+柳太郎

GM:てってってーと村を散策していたら、葛葉ヨネの死体が消えたという事件が勃発

GM:あわただしくなった村の様子を尻目に、人気のなくなった大井村資料館へと再びやって来たが……?

GM: 

GM: 

小町 かすか[雑談]:まって 前回の最後ってヴィンスと瀬良さんから驚愕の事実が柳ちゃんと小町に告げられるじゃなかったっけ?瀬良さんいないとどうにもならなくない?

GM:1人でふらふら~っと地下室へ行っていたヴィンセントさんが、ふらふら~っと戻ってきて、情報を共有しているところです。

ヴィンセント[雑談]:ボクから話してようか?

GM[見学用]:こんばんはー

ゆき@見学[見学用]:こんばんはー

mi@見学[見学用]:こんばんはー

ヴィンセント[見学用]:こんばんはー

小町 かすか[見学用]:こんばんわー

GM:お好きなようにRPをどうぞ。

小町 かすか[雑談]:ですね ヴィンスさんから先に話してもらおう

GM[雑談]:ヴィンセントさんから話したほうがいいかな? 瀬良さんは戻って来られてからで大丈夫大丈夫 どのみち並行して話すのも多分大変

瀬良 紫苑[雑談]:すみません、戻りましたー

ヴィンセント[雑談]:おかえりなさい

小町 かすか[雑談]:あ、おかえりなさーい

GM[雑談]:おかえりなさーい 始まったばかりです! ナイス田民具

GM[雑談]:タイミングな 

瀬良 紫苑[見学用]:こんばんはー 今の今まで離席してまして すみません

ヴィンセント[雑談]:じゃあ先にこちらから話しときますね

ゆき@見学[見学用]:いえいえ、こんばんはー

瀬良 紫苑[雑談]:おねがいします

GM[見学用]:全然関係ないですが演練相手にレベル97の新男士がいたんですよ今朝 すごいよね

mi@見学[見学用]:こんばんはー 早っ

小町 かすか[見学用]:しゅごい

瀬良 紫苑[見学用]:経験値倍キャンペってまだやってましたっけ?

小町 かすか[雑談]:なにきかせてくれるのかな わくわく

GM[見学用]:早いですよねぇ……。入手はお金で殴れるけど、その後のレベリングは地道なものだ……。拝んでおきました!

ヴィンセント:「一全教がやばいなーっていう根拠、簡単にまとめるとね。1.お寺お住職も仏教関連の用語なのにそのまま使ってて、2.なのに誰もかれも「一全教」のものだって思ってる」

ゆき@見学[見学用]:聚楽第の2周目からが結構経験値美味しいんですよね…それを隊長にして周回がてらのレベリングしてるのかな…

GM[見学用]:経験値倍CPは聚楽第前に終わってしまったのです……悲しい……

瀬良 紫苑[見学用]:あー、終わっちゃったんですねぇ……悲しみ

ヴィンセント:「3.そんなに認知度や盲信度合が高いのに宗教ができたのはたかだか50年、4.あそこまで細かく歴史やらを記録しているのに以前あっただろう仏教の宗派とかの記録が一切ない」

小町 かすか[見学用]:聚楽亭今日昨日と1,6が出る…ニコイチめここでもくるか 明日はくるなよ・・・

ゆき@見学[見学用]:そもそもあのキャンペーン自体聚楽第に向けてレベリングしてね!ってキャンペーンだったしね…

ゆき@見学[見学用]:夕方の補充は6.4と調子よかったね…好きな場所にインガ置けるわ…

GM[見学用]:めっちゃ3出るので、聚楽第の賽子ちゃんも青インガが好きみたい……

瀬良 紫苑[見学用]:経験値が美味しくなきゃ、2周目以降はやってられませんね(遠い目)

ヴィンセント:「つまり、一全教とやらはね。50年前にこの村に突然生まれるかやってきて、それまでの宗教関連の歴史を全部塗り替えて、なかったかのようにしてしまっているんだ」

葛葉 柳太郎:「うんうん。……ん? 確かにそう考えたらおかしい……のか?」 きょとん

ヴィンセント:「あとねー、僕が見つけた地下にあった本に「生贄」みたいな表現があったんだよねぇ」

葛葉 柳太郎:「は? 生贄? まさか、そんなの聞いたことねぇよ!」

小町 かすか:「それ、だれが犠牲になったとかどうしてすることになったかとか書いてあったん?」

瀬良 紫苑:「柳太郎はここ出身デスからね。当たり前の事を「異常」と言われても、俄かには受け入れ難いでしょう」

ヴィンセント:「俺はちょっとナウなヤングについていけなかったんだけど、たぶん今風に言うと「一全教マジパねぇよ激推しだわ誰でもいいけど入信しよう!!」みたいな感じのやばい日記だったよ」

GM:柳太郎君は歴史系が苦手でハロウィンクリスマス大晦日正月バレンタインのごった煮イベント大好きな、宗教観念がガバガバな現代っ子だと思っていただければ幸いです(今まで特に疑念に思わなかった理由)

葛葉 柳太郎:「いや待てヴィンセント、ナウなヤングはもう死語だろ!」

ヴィンセント:大丈夫です、近所に会ったのって寺だっけ?神社だっけ?っていうタイプの人間はいる ぼくです

小町 かすか:「そんなアイドルの押しみたいに簡単に宗教変えてええんか。まあ日本人やし宗教観薄いけどな」

ヴィンセント:「そう……なのかい……?」 日記を読んだ時以上の驚愕の表情(仮面の下)

小町 かすか:近所に寺と神社があるからたまにこんがらがってるよ 正月に寺に行きかけたことある

ヴィンセント[雑談]:正気度が減らなそうな共有を探したらこうなった(ナウなヤング)

葛葉 柳太郎:「アイドルの推しはそんなころころ変わらないんじゃねぇかなぁ……? ええと、でも、言われてみたらなんか変、だよな。五十年前……」

瀬良 紫苑:寺院(寺)と神社の違いが未だにわかってない自分もいます

GM[雑談]:プライズを まわしよみしても いいんだよ 

ヴィンセント[雑談]:正気度が減らなそうな共有を探したらこうなったんだ(なった)

ゆき@見学[見学用]:寺は仏教、神社は神道だよ、とざっくりと言ってみる。まあこの国神仏混合とかあったからわけわからんことになってるのは確かだが

小町 かすか:インド神群を推してるのが寺ヤマト神群を推してるのが神社(偏見)

GM[見学用]:お寺と神社が一緒になってるとこもありますしねぇ

ヴィンセント[見学用]:ですねぇ

ゆき@見学[見学用]:で、仏教はインド発祥で中国経由で入ってきた。神道は日本古来の宗教。一応分類としてはこうなるかな

ゆき@見学[見学用]:そうなんですよねえ

葛葉 柳太郎:「そこで驚くのかよ……」 >ヴィンセントさん

GM:柳太郎は眉をひそめて、難しい顔で考え込んでいます。

小町 かすか:「いくら50年前でもあんだけ詳しくまとめられてるのに宗教の資料がないのはそりゃおかしいな 焚書したって普通少しは残っとるべ、この村なんなん・・・」

GM[雑談]:やさしい

瀬良 紫苑[見学用]:宗教ちゃんぽんもここまで来ると本当に訳がわからん状態がハンパない(遠い目)

ヴィンセント:「まあ、宗教っていうのは小さな村をまとめる上では大事だけどさ。それにしてはこう、やばいセミナー開いてる宗教団体みたいに感じたよ。きっと僕よりもやばい奴を祀ってるんじゃないかな」

ヴィンセント[雑談]:自分がやばいという自覚はあるから安心してほしい

ゆき@見学[見学用]:多神教の国って寛大だからねぇ……それでもこのごった煮は大変だと思うが

ヴィンセント[見学用]:いざとなったら行く予定の神社名とか寺院名でググれば色々教えてくれるから大丈夫(凄く雑な認識)

GM[雑談]:恐怖判定は判定に勝てばいいけど正気度減少だけはどうにもならないからね!

瀬良 紫苑:「アナタよりヤバい奴って、アナタまだ人間デショウ? 何当たり前の事言ってるんデスか」

ヴィンセント[雑談]:というわけで僕の共有情報(恐怖判定とショックが起きなそうな範囲)はこれくらいだよー!

瀬良 紫苑:「一全教がヤバいのはよく分かりマシタが」

ゆき@見学[見学用]:歴史のあるお寺とか神社・神宮とかはいろいろ由来とか書いてあったりするよね

葛葉 柳太郎:「そうだよ、そりゃヴィンセントって変わった奴だけど別に化物とかじゃねぇんだからさ」

ヴィンセント:「いや、人間やめてるか、人間じゃないモノを祀ってるかもねーっていう感じかな。俺はどこからどう見ても怪しい道化師でしかないだろ?それよりやばい奴なんてわんさかいるのさ」

小町 かすか[見学用]:日本人、キリストにも漢字あてて八百万の神の一柱にしたってなんかで見た気がする 天上にいる絶対神も日本の中ではそういう設定の神様の一柱にすぎんのよ・・・

GM[雑談]:はーい お次は瀬良さんかな

瀬良 紫苑[雑談]:頑張ってみます

GM[雑談]:がんばれー

ヴィンセント[雑談]:現状のヴィンセントの認識は「村ぐるみでやべぇ宗教してるわーにげよ……」です

ゆき@見学[見学用]:…初詣久々に鹿島神宮行くかなあ…

GM[雑談]:そんなー

小町 かすか:「確かにオークションでヴィンスよりやばい雰囲気の人は何人か見たことはあるわあ」

葛葉 柳太郎:「えっ何それ怖い」

小町 かすか:「今度見せたるべ そういう人から勝ち取った名品の数々」

GM[雑談]:来客皆仮面被ってそう>オークション

葛葉 柳太郎:「えっあっ、おう? 面白そうだけど大丈夫か? あんまり危ないことするなよ?」

ヴィンセント:「この世界、やばいものはいっぱいあるからねぇ」

瀬良 紫苑:「……その一全教に関係があるかは些か疑問デスが、この際はっきり言いマス。あの住職さん、人間じゃありマセンよ」

小町 かすか[見学用]:初詣はこの前鳥居が倒れた神社に行く予定 

ヴィンセント:「おやおや」

小町 かすか:「マジ?」

葛葉 柳太郎:「は?」

小町 かすか[雑談]:仮面のかわりに帽子を深く被って髪を中にしまって参加してそう んで最終的に賭けてた絵画が自壊する

GM[雑談]:>>シュレッダー<< 

瀬良 紫苑:「言った事ありマシタか? ワタシ、実は見える人間なんデス。そういう「見えちゃいけないもの」が見えるっていう」

小町 かすか:「初耳だみゃー、それも気になるけ端に置いといて、その目で何が見えたと?」

ヴィンセント:「獣かな?蟲かな?それとも化け物?スケルトン?」

葛葉 柳太郎:「えっ……え? 何言ってんだよ! 住職さん、普通の人だろ!」

瀬良 紫苑:「ワカリマセン。ただ「何となく」、デス。そんな薄ぼんやりとした直感みたいなものデスから、説得力なんてありマセンよ。こんな事にでもならない限り黙っているつもりでいマシタ」

ヴィンセント:「大丈夫だ、いついかなる場所にでも人外は潜んでいるよ、たぶんきっと恐らく。一般人だと思っていたフレンズが唐突に鬼火を出したときの衝撃たるやまるで自身が燃やされるかの如きボンバーだよ」

ヴィンセント[雑談]:発言がだいぶ適当なのは「ここやべえなあ」っていう意識に現れなので、細かいことは気にしなくて大丈夫だよ

葛葉 柳太郎:「鬼火? ヴィンセントの友達こわ……じゃなくて!」

葛葉 柳太郎:「紫苑が嘘つくわけないから、信じるけど……。確かに良く考えたら、なんか変な感じはするし。でもなぁ」

ヴィンセント:「狐火だったかもしれない。まぁ、信じる信じないはどちらでもいいんじゃないかい?とりあえず可笑しな雰囲気ではあるし、警戒しておいた方がいいとは思うよ」

瀬良 紫苑:「……お婆様も。亡くなる前にお会いしたあの時、眠っている筈なのにお声が聞こえましたよ」

葛葉 柳太郎:「えっ」

小町 かすか:「死人なのに口があったんか ますます怖い話やわ。」

葛葉 柳太郎:「俺、なんにも聞こえなかったけど……ヴィンセントは?」

ヴィンセント:「スイッチを切っていたから聞こえていなかったね」

葛葉 柳太郎:「スイッチあったのかよ……」

ヴィンセント[雑談]:心のスイッチか体のスイッチかは御想像に任せるね///

GM:柳太郎は、はーって溜息をついて髪の毛をぐしゃぐしゃとかき混ぜています。

小町 かすか[雑談]:あのマネキンにスイッチがあったんだな きっと

瀬良 紫苑:「亡くなる事を得心していらっしゃるようデシタ。「致し方がない」とも。その直後、いきなり大笑いされて、また何事もなくお眠りに。……こんな時にこんな内容は不謹慎デショウ?」

GM:一気に情報が出て混乱しているけれど、とりあえずこの村が実は結構やばそうだなっていうのはわかったみたいです。

GM[雑談]:ふぇええ>< フレンズがぼくの知らないフレンズになってそう!

ヴィンセント[雑談]:ワタシハマネキンジャナイヨ

葛葉 柳太郎:「……紫苑のいうことだから信じるけど。俺は見てないからなぁ」

瀬良 紫苑[雑談]:やる気スイッチを自分でコントロールできるフレンズなんだ、きっと

小町 かすか:「不謹慎やけどこの村が異常なのはわかったわ。そういやあても少し感じたわ、二人ほどじゃないけどな」

葛葉 柳太郎:「小町もかよー! ええー、多すぎだろ!」

瀬良 紫苑:「それでよいのデス。あんなものは知ってはいけマセン。柳太郎は柳太郎のままでいて下さい」

ヴィンセント:「そうそう。もしかしたらワタシたちの勘違いもワンチャンあるよ。あるいは集団幻覚」

小町 かすか:「川で一緒に遊んだ少年いたっしょ?時々不気味な視線ちゅうかなんかこっちをじーと見定めてるようなそんな視線してきてたんよ。」

ヴィンセント:「だから、ちょっと気にしつつ普段通りで構わない」

瀬良 紫苑:「幻覚・妄想、何でもいいデス。今この場が非常にまずい状況、という事だけ理解できれば」

葛葉 柳太郎:「えー。ええー……。……俺、見舞いついでに遊びに来ただけなのになぁ。なんでこんなことになったんだろ」

GM:しょんぼり

ヴィンセント:「まあまあ、逆にこう考えるのはどうだい?」

小町 かすか:「柳ちゃんは悪く無いべ。それにほらあてらがいるからまだましと思えば、せやろ?」

ヴィンセント:「君一人で来てたらそのまま美味しく頂かれてたんだし、遊びついでに他を誘ってよかったんじゃないかな?」

葛葉 柳太郎:「……こっわ! 怖いこと言うなよ! そりゃあ皆がいてよかったけどさぁ!!」

GM:うーって唸ってます。とりあえず元気にはなったよ!

瀬良 紫苑:「これが終わったら本当の意味で骨休めデス。山の自然、また改めて案内してクダサイ」

葛葉 柳太郎:「うう……。でも俺が誘ったせいだもんな、よし、任せろ!」

小町 かすか:「とりあえずあれや、いろいろ情報あったけどこの飴ちゃん舐めてすべて飲み込んじゃうべ、で普段通り、バッチリや」飴ちゃんポイポーイ

葛葉 柳太郎:「飴だー!」 きゃっちきゃっち もぐもぐ

GM:とりあえず、現状まだ詳しいことはわかりませんが、村が結構やばいところなのでは? とはわかりました。

ヴィンセント:「そうだね、とりあえず外に出てみるかい?此処にいてもつまらないし始まらないし見つからない。正直、ここが棲家なのか巣の中なのか、はたまた胃の中なのかもわからないしね」

ヴィンセント:やべえね!

葛葉 柳太郎:「うっ……。そりゃそうだけど、あんま怖いこと言うなよ……」

GM:お外に出ますか? シーン切っちゃう?

ヴィンセント:はーい

ヴィンセント:たしか僕のシーンだった 大丈夫です

GM:はーい 小町さんと瀬良さんも大丈夫でしょうか

小町 かすか:だいじょうぶでーす

瀬良 紫苑:大丈夫ですー

GM:はいな

GM: 

GM: 

GM:大井村資料館から出てきた四人。

GM:村内はまだ葛葉ヨネの遺体探しで少しあわただしい様子です。

GM:3サイクル2シーン目です。行動される方は宣言とシーン表どうぞ。

ヴィンセント[雑談]:あ、日記ちゃんは見たければお見せしますが、ほとんど先程出した情報+ショックと怖い判定があるくらいなのであまりお勧めはしません

GM[雑談]:地下室に置いてある日記帳とか普通に怖いもんね

瀬良 紫苑[雑談]:そう思うと、CoCなら当たり前に見る辺り狂気を感じます

ヴィンセント[雑談]:地下室に置いてあった幼児の書いた日記とかホラーやない?しかも内容はさっきメインで言ったようなことなんだよ ホラーじゃない?

ヴィンセント[雑談]:行動はお任せします

小町 かすか[雑談]:次 村長さんちいってもいいです? 移動手段が使えるのか知りたい

ヴィンセント[雑談]:いってらっしゃい

GM[雑談]:そりゃあ正気度も減るし恐怖判定もあるってなものだ

瀬良 紫苑[雑談]:なら最後にお寺行きます

GM[雑談]:はーい メインで宣言をどうぞ 

ヴィンセント[雑談]:幼児が「一全教マジパねえ(ry」とか言ってたら恐怖を感じるよね

GM[雑談]:おまえは何を言っているんだ案件

小町 かすか[雑談]:「ばぶー(一全教まじぱねぇってみんなも入ろうぜ)」

GM:柳太郎は特に言われない限り、今回もメイン行動の人に同行します。

ヴィンセント[雑談]:あぶぅ?(純粋な目)

小町 かすか:はーい 村長さんち調べまーす

GM[雑談]:くるってやがる……

瀬良 紫苑[雑談]:こわいよぅ……

GM:はいな 四人で移動かな 

GM:最初にシーン表どうぞー

小町 かすか:SN なにがでるかなー
Insane :シーン表(2[1,1]) → 目の前に自分の姿が見えた、気がした。陽炎だろうか、夏のせいだ。

ヴィンセント[雑談]:この前電車で隣の席の赤ちゃん(知らない子)を泣かせた僕です なんで……なんで赤ちゃんぼくの髪の毛好きなの……?君で唐突に引っ張られたの3人目くらいだよ……?

GM:ピンゾロが見せた幻のドッペルさん的な何か

ヴィンセント[雑談]:王道ホラーのかおり>メイン

GM[雑談]:ふぇえええ 赤ちゃん髪の毛とかピアスとか耳たぶとか好きよな! ドンマイです

小町 かすか:こんにちわドッペルさん、あてのかわりにこの村の身代わりになってくれるなんてなんてやさしいお方なんやろなぁ

ヴィンセント[雑談]:引っ張られる→手の届かないところに髪をどける→泣かれる を3回(知らない赤ちゃん相手に)繰り返すと大変申し訳なくなってくる

GM:まだまだ強い日差しのせいでしょう、都会のようなうだるような暑さではありませんが、地面からの熱気で一瞬、小町さんの眼前の空気が奇妙に揺らめいて見えました。

瀬良 紫苑[雑談]:長い髪の毛が視界で揺れると、掴んでみたくなるのが彼らの衝動……(震え声)

GM[雑談]:かなしい……

瀬良 紫苑[雑談]:ついでにこれでもかと引っ張られた末に口に入れられた日にゃあ……(ガクブル)

GM:瞬きの後、見えたような気がしたものは消えています。

小町 かすか:「……なんや、幻覚かいな。あてだってまだ死にたくないねん。さっさとどっかいくべいくべ。その未来には絶対なる気はないからな。」呟きながら頭を振ろう

葛葉 柳太郎:「? 大丈夫か?」

GM:心配そうにしつつ、柳太郎はついていきます。

GM:村長宅は先ほど訪れたときと、そんなに変わった様子はありません。

GM:鍵は開いているようですが、中から人の気配はしません。

小町 かすか:「眩しすぎる太陽ですこしめまいがしただけや、ほらあてって日光苦手やん?だから長袖やし偶にこういう事あるんよ気にせんといて」

瀬良 紫苑:「何にせよ、無理はいけマセンよ、小町」2人の後をついていき

GM:村長と家の人は葛葉ヨネの遺体を探しに行っているようです。

葛葉 柳太郎:「ならいいけど、無理すんなよ?」

ヴィンセント:「日傘ではないけど、傘でもさすかい?」 袖から傘を出してみる

GM:大きな駐車場には薄汚れたバスが一台、ぽつんと止まっています。駅から四人をこの村まで乗せてきてくれたバスですね。

葛葉 柳太郎:「傘入ってたのかよ!」

小町 かすか:「だんだん。ドクターストップだけは気ぃつけるわ。 して住職はんが怪しいとなると村のトップもなんか裏があるんじゃと思うわ」

瀬良 紫苑:「それで四次元ポケット説否定は無理がありマスよねぇ」傘を出す所を尻目に

葛葉 柳太郎:「うぇえ……そりゃそうかもだけど。村長さん……」 難しい顔

小町 かすか:「傘は今はいいわ、後で借りることにするべ」

ヴィンセント:「まあ、調べてみればわかるんじゃないかな?たぶん。 了解したよ」 するすると明らかに手首から肘までの長さよりも長い傘をしまう

小町 かすか:そうだな切断で判定してみようかな 村長さんに悪いつながりがあったらそれを切断できることを願って

葛葉 柳太郎:「ヴィンセントの服ってどうなってんの? 特注? 高そうだなぁとは前から思ってんだけど」

GM:縁切りですね 判定をどうぞ! 悲しみの-2修正つきで

ヴィンセント:「僕の服はお手製だよ。それ以外は基本着れないね」

葛葉 柳太郎:「えっ。マジで? 裁縫までできんのかよ!」

瀬良 紫苑:「てっきりブランドものかと思ってマシタ」

小町 かすか:2D6-2>=5(判定:切断)[ほんま器用やなー]

GM:ワンモア!

小町 かすか:2D6-2>=5 (判定:切断)
Insane : (2D6-2>=5) → 6[1,5]-2 → 4 → 失敗

小町 かすか:がるる

ヴィンセント:「あれだよ。正直暇だったんだ」

ヴィンセント:お守りいる?

小町 かすか:ください 

ヴィンセント:なげますー

GM:はーい ではもう一回だ!

小町 かすか:おおきに! だんだん! ありがとうな!

小町 かすか:2D6-2>=5
Insane : (2D6-2>=5) → 6[3,3]-2 → 4 → 失敗

ヴィンセント:イチタリナイ

GM:惜しい!

小町 かすか:だめだったよ むー

ヴィンセント[雑談]:まあまだ手番ありますしね

GM[雑談]:ですです

小町 かすか:むむむ やっぱりまだ視界曇ってたか

GM:もやもやー

ヴィンセント:盲目ちゃんはデメリットきついから……

小町 かすか:なんとかする方法はあるんやけどちょっとなー

GM:小町さんはバスの方へ行こうとして、ふと視線を感じたような気がして振り返りました。

瀬良 紫苑[雑談]:GM、この際だから教えて下さい。お守りの個数限度ってありますか?

ヴィンセント[雑談]:使用のです?所持のです?

GM:特におかしなものは見当たりませんでしたが、なんとなく背筋が寒くなってしまって、それ以上この場にいたくないな、と思います。

GM[雑談]:所持数分です

GM:ということで、特に何もわからないまま、一度その場を立ち去ることにしました。

瀬良 紫苑[雑談]:失敗 → お守り使用 → 失敗 → …… って、際限がない気がして。1度の判定に所持分全部なくなるまでつぎ込んでも、ルール上は問題ないんですか?

ヴィンセント[雑談]:使用でしたら「持っているだけいくらでも」好きなタイミングで使えます 所持でしたら基本上限はない気がします でもお守り5以上持つのは凄く限られた条件を満たす人くらいだと思う……

ヴィンセント[雑談]:可能ですよ

小町 かすか:「……ッヒ。なんやへんな陽炎にこれといい見えるものも見えんようになる……」帽子を深く被ってヴィンスから傘を借りて差そう

GM[雑談]:可能です!>所持分無くなるまでつぎ込む

ヴィンセント[雑談]:そもそもお守りの所持数が多くないので、際限ありますぜ このPTめっちゃお守り多い方ですよこれ 資産2名

GM[雑談]:ただそういう場合、無くなるまでつぎ込んでも……判定通らないことが……わりとよくあるから……リアルラックと相談だぜ!

ゆき@見学[見学用]:アイテムは使用上限特にないですよ。だからクライマックスはアイテムというリソースをたくさん持ってるPCがだいぶ有利>雑談

瀬良 紫苑[雑談]:ふむふむ ありがとうございますー

GM[雑談]:三回振り直したって三回とも連続失敗とかうっかり最後の最後にファンブルとかあるあるだから

瀬良 紫苑[雑談]:ファンブルェ……

小町 かすか[雑談]:しめのファンブル

ヴィンセント[見学用]:資産、信仰心、開発、ダウジングあたりを組み合わせまくるとお守り富豪にはなれるかもしれない

ヴィンセント[雑談]:2D6の期待値は4

GM[雑談]:会いたくないときにダッシュで駆け込んでくることに定評のあるファンブル

瀬良 紫苑[雑談]:スライディング駆け込みはお止め頂きたい(真顔)

ゆき@見学[見学用]:資産は初期で持てるアイテムが増えるから、安心できる

GM:柳太郎は心配そうに小町さんを見ています。

GM:ということで、シーン〆ても大丈夫かな?

小町 かすか[雑談]:ココロダンジョンで駆け込み起きたらマジ悲惨な事になりそう

ヴィンセント[見学用]:振り直しリソースはそれだけで力だから……

ゆき@見学[見学用]:武器は戦闘中にしか使えない。お守りは自分には使えない、という制限はありつつもあると便利

小町 かすか:だいじょうぶでーす 正気度は減らんけど小町のなにかが減ったよ……・

GM[見学用]:お守りは使う相手の許可いらないですからねぇ

ゆき@見学[見学用]:シノビガミとかは振り直しリソース潤沢だとかなりやばいという気はしている

GM:何が減ったんだろう……

GM: 

GM: 

GM:では3サイクル、3シーン目です。

ヴィンセント[見学用]:とりあえず敵がやべえの通したときに投げるよね

GM:村長宅から少し離れた道に四人はいます。

GM:瀬良さんは行動どうぞ。

瀬良 紫苑:気持ちを切り替えて(?)、お寺に突撃します

GM:はーい シーン表どうぞ

瀬良 紫苑:SN
Insane :シーン表(3[1,2]) → ぽつりと雨粒が顔を叩いた。本降りになりそうだ。

GM:通り雨の気配を察知。急いでお寺に向かいましょう。

ヴィンセント:傘の出番だね(いたるところから3本出して渡す)

ゆき@見学[見学用]:……その辺メインの比良坂組んでみるかなあ

葛葉 柳太郎:「サンキュ! って待て、どっから出した?! 今どっから出したそれ?!」

ヴィンセント:「ちゃんと手に鞄を持っているだろう?まあここからは出していないけど」

小町 かすか:既に差してるからそのまま使わせてもらおう

葛葉 柳太郎:「鞄の意味!!!」

瀬良 紫苑:「(見なかった事にしてスルー) 急に降ってきマシタね。とりあえず寺まで急ぎましょう」

GM:てってってーと賑やかに大井寺へ到着した四人。

GM:先ほど訪れたときと、見た目は特に変化はありません。

GM:住職の姿は見えず、社務所から中年の女性があわただしく出てきたところでした。

GM:話を聞いてみると、ヨネさんが亡くなったからお通夜の準備がある、遺体がないけどそれは置いておいてとにかく準備をしなくてはいけないから……ということを教えてくれました。

GM:一全教では信者が死ぬと、全員でお通夜の準備をするしきたりになっているそうです。

GM:四人がお寺に入ることは特にとがめられませんでした。

GM:ご自由に散策をしてください。

ヴィンセント[雑談]:遠慮なくぶらつこうぞ!

瀬良 紫苑:「……この際仕方アリマセンね」

小町 かすか[雑談]:これがぞろぞろガーデン……

GM[雑談]:いぇいいぇい なんでもできちゃうよ! 組体操とか! 組体操とか!

瀬良 紫苑:調査しますー

GM:はーい どうやって調べる?

瀬良 紫苑:このお寺、匂いマス……!(怪しさ的な意味で)  てな感じで第六感で

GM:お線香の匂いかな? どうぞー

瀬良 紫苑:2D6>=5
Insane : (2D6>=5) → 4[1,3] → 4 → 失敗

GM:イチタリナイ

瀬良 紫苑:今日は イチタリナイデー

ヴィンセント:お守りいる?

小町 かすか:いる?

瀬良 紫苑:お願いします

ヴィンセント:まだシーンに余裕はあるので、次サイクルまで取っておいてもいいですが

GM:あと一サイクルありますので、そこはご自由に

GM:じゃないわ

GM:瀬良さん地位があるので、+1補正つき!

GM:足りてる!!!

ヴィンセント:ああ、なるほど

瀬良 紫苑:おっと

小町 かすか:おお あんど

GM:うっかりしていた、ごめんなさいね!

GM:ということで、裏をどうぞー

瀬良 紫苑:こちらもすっかり抜けてました 裏見ますー

ヴィンセント[雑談]:雨の中で組体操とは体が熱くなるね……風邪で(発熱)

GM:はーい 読めなければ言ってくださいー

瀬良 紫苑:読めましたー ギリギリ大丈夫でした

GM:よかったよかった ブラウザによっては下が切れちゃってることとかあるので

瀬良 紫苑:2D6>=11
Insane : (2D6>=11) → 5[2,3] → 5 → 失敗

GM[雑談]:組体操、安全面の問題で最近はあんまりやらないようですが、昔やったなーって

GM:残念!

小町 かすか[雑談]:なつかしいなーピラミっと頂上ではなかったけど上の方だった

瀬良 紫苑:デスヨネー……

GM:Sチェックだから振り直しは厳しいかな 狂気カード一枚どうぞ

小町 かすか[雑談]:ちょっと離席

GM[雑談]:いってらっしゃーい

ヴィンセント[雑談]:いってらっしゃい

瀬良 紫苑[雑談]:いってらっしゃーい

GM:数値的に>Sチェック

GM:内容を秘話で教えてくださいー

小町 かすか[雑談]:ただいまです

ヴィンセント[雑談]:おかえりなさい

GM[雑談]:おかえりなさーい

瀬良 紫苑[雑談]:おかえりなさい

葛葉 柳太郎:「あれ、紫苑? 大丈夫か? なんか顔色悪くね?」

GM:どことなく青ざめたような瀬良さんに気がついて、柳太郎が声をかけてきました。

ヴィンセント:「何か見たのかい?まあナニがいても可笑しくないしねぇ」

小町 かすか:「見ちゃいけないものでもいたん?」

瀬良 紫苑:「……大丈夫デス。やはり無人のお寺に土足で踏み込むのは不敬デシタかねぇ」huhuhuと笑ってごまかしごまかし

葛葉 柳太郎:「んん? まぁいいけどさ。あんまり無理するなよ。なんかやっぱ、不気味な感じがしてきたしさぁ……」

GM:柳太郎は腕を

GM:さすっています。なんか寒気するー、って思ってるみたいです・

ヴィンセント:「ふむふむ?……おっと稼働領域」 首を真横に一瞬倒してから戻したように見える

葛葉 柳太郎:「えっ、何それ怖い」 思わずヴィンセントさんを二度見

小町 かすか:「タコなんとちゃうの?」

瀬良 紫苑:「柳太郎も感じますか? 昼間はこんな寒気、感じなかったと思うのですが……」腕擦り擦り

ヴィンセント:「軟体動物ではないなぁ。まあ、居心地が悪いのならさっさと出てしまうのも手だと思うよ」

葛葉 柳太郎:「んー、雨降ってきたせいかと思ったけどよ、なんかなぁ。変な感じだよな」 ぶるっと身震いしてる

GM:もう行くか? と柳太郎は外を指さします。

瀬良 紫苑:「雨が止んでたら行きマショウ。止んでないなら軒下をお借りマショウか。 ……いずれにせよ、ここはお暇が無難デス」

ヴィンセント:「合わせるよ。調べたいことがまだあるならいてもいいと思うけどね」

葛葉 柳太郎:「雨、は……あがったな! 行くか!」

GM:見れば、本当に通り雨だったようです。どんよりとした雨雲はどこかに消え失せて、滲むような青空が広がっています。

小町 かすか:「見える瀬良がここにいないほうがええっていうなら去るのがええな

ヴィンセント:「了解。それじゃあ、サクサク行ってしまおう」

瀬良 紫苑:「そうですね。行きマショウ行きマショウ」そそくさそそくさ

GM:じゃあ傘をヴィンセントさんへ返して(?)、四人は寺の外へと出ました。

GM: 

GM: 

GM:最終4サイクル、1シーン目です。

GM:マスターシーンなどは特にありません。

GM:一度ここで切りましょうか? 進めてしまう?

ヴィンセント:切っちゃってもいいかなーと キリよければ

小町 かすか:切りよく切りましょう

瀬良 紫苑:ですね キリがいいなら区切りましょう

GM:はーい では一度ここで切りましょう。 

ヴィンセント:はーい

GM:【カット】

GM:次の日程ー

ヴィンセント:開いてるとこなら

小町 かすか:他の卓と1日以上間が空いてる日なら大丈夫です

GM:最短だと9日(金)かな

ヴィンセント:だいじょうぶです

瀬良 紫苑:9日なら大丈夫です

小町 かすか:たぶん平気です

GM:バナナが13で汚部屋が11……

GM:はーい では一応9日(金)21時半で入れておきます 無理そうであれば掲示板へご連絡くださいー

ヴィンセント:はーい

瀬良 紫苑:はーい

小町 かすか:はーい

GM:それでは今日はここまで 自由解散です。お疲れさまでしたー!

小町 かすか:おつかれさまでしたー

瀬良 紫苑:おつかれさまでしたー

ヴィンセント:お疲れ様でしたー

ゆき@見学[見学用]:お疲れ様でしたー

mi@見学[見学用]:お疲れ様でしたー

ヴィンセント[見学用]:お疲れ様でしたー

GM[見学用]:お疲れさまでしたー

TRPGツール

ブログパーツ