aoringo tools

aoringo作成のTRPG中心ツール置き場

Vita 3-1

どどんとふ:全チャットログ削除が正常に終了しました。

KP:いるだけです 時間まで離席してます

135:こーんばんはんー

KP:こんばんはー

135:ちょっと時間まで離席しますー わー楽しみだったん・・・!

KP:はーいごゆっくり!

KP[ダイス]:tk
Cthulhu :刀剣男士ランダム表(56[56]) → ソハヤノツルキ

KP[ダイス]:tk
Cthulhu :刀剣男士ランダム表(24[24]) → 宗三左文字

KP[ダイス]:S3 tk

KP[ダイス]:シークレットダイス

KP[ダイス]:シークレットダイス

KP[ダイス]:シークレットダイス

KP[ダイス]:シークレットダイス

KP:こんばんはー

ゆき:こんばんはー

KP:時間までごゆっくり

ゆき:はーい

KP[雑談]:読み込むチャパレを間違えたことに気付く 微妙に間違えた

ゆき[雑談]:あらら

ゆき[雑談]:ふうむ、どうしたものかなあ。

ゆき[雑談]:新規振るか、継続出すか

KP[雑談]:まあカラーわけしてない+いくつか打ち込んでないってだけなんであんまり関係ないんですけどね

KP[雑談]:とりあえず振ってみて考えるでもいいですよ

ゆき[雑談]:継続だと甘党エンジニアかジム通いのWEBデザイナーか神話技能2ケタのプログラマーになりそうで…

KP[雑談]:難易度そんなに高くないし たぶん

ゆき[雑談]:ちょっとダイスタブお借りしていいですか

KP[雑談]:どうぞー

ゆき[雑談]:ありがとうございますー

ゆき[ダイス]:choice[新規?,継続!]
Cthulhu : (CHOICE[新規?,継続!]) → 新規?

ゆき[ダイス]:お、おう

135:戻りましたー

135:こんばんは0

ゆき[ダイス]:choice[キャラシ増やすん?,継続使っていくんじゃなかったのか]
Cthulhu : (CHOICE[キャラシ増やすん?,継続使っていくんじゃなかったのか]) → キャラシ増やすん?

KP:おかえりなさーい

ゆき:おかえりなさい、こんばんはー

ゆき[ダイス]:choice[紅井,神谷,村雨] 継続ならこの中で誰?
Cthulhu : (CHOICE[紅井,神谷,村雨]) → 村雨

KP:今回のレギュレーションは共有の最初二枚なので、その辺はお二人で話し合って決めてくださいな

ゆき[ダイス]:男士NPCなら、男士PC出したい気もある…

ゆき:はーい

135:はーい

KP:ぼくは すいしょうぎのうより せっきょくてきな ろーるぷれいを もとめるよ!

135:探偵がしたいです!先生!!

KP:それでも大丈夫ですよ

135:そして、どんな職業でも蛇かマムシかキングコブラぐらいのしつこさで絡んでいくことを誓います!先生!!

KP:へびじゃん(へびじゃん)というのは置いておいて、PC同士は仲のいい友人です 兄弟とかでもOK

135[雑談]:不定の狂気はいらなかった男士PCって絞ると結構少なくなってしまう

135:了解ですー

ゆき[ダイス]:choice[数井,紅井,古崎,光くん,大鐘,大池] 男士PCに絞るとこれだよ!
Cthulhu : (CHOICE[数井,紅井,古崎,光くん,大鐘,大池]) → 数井

135[雑談]:(基本不定の狂気までいったPCは自主的に使わない縛り中)

KP[雑談]:初回は精神分析もちのカメラマンが不定と一時W発狂してこの間は精神分析もちのセラピストが不定行きました

ゆき[雑談]:おうふ

135[雑談]:楽しみ(笑顔)

ゆき[雑談]:ならSAN盾持ってきます?

KP[雑談]:いえ、SAN盾とかはあんまり考えなくてもいいかと思います KPはね

135[雑談]:二人が35とかじゃない限りは別に大丈夫じゃないかなぁ…

ゆき[ダイス]:数井さんSANが不安なんだよなあ

KP[ダイス]:今どのくらいでした

ゆき[ダイス]:50台だから行けるか

ゆき[ダイス]:久々に出したい気もあるんですよね、数井さん。というか明日虹にしか出してない

135[ダイス]:審神者の初期作成ぐらいだな… いつもの

KP[ダイス]:50あればクリアはできるかなと

ゆき[ダイス]:今見たら57でしたね、十分かな

KP[ダイス]:十分十分

ゆき[ダイス]:心理学も低いですが一応ありますし、数井さん久々に出しますー

135[ダイス]:おお

KP[ダイス]:はーい

135[ダイス]:あ、じゃあタブお借りしてもいいですか? ちょっと初期作成したいなって

KP[ダイス]:どうぞー

ゆき[ダイス]:どうぞー

135[ダイス]:それじゃ失礼

135[ダイス]:3d6 STR
Cthulhu : (3D6) → 12[5,2,5] → 12

135[ダイス]:3d6 CON
Cthulhu : (3D6) → 6[3,2,1] → 6

135[ダイス]:3d6 POW
Cthulhu : (3D6) → 15[6,5,4] → 15

135[ダイス]:3d6 DEX
Cthulhu : (3D6) → 12[2,5,5] → 12

135[ダイス]:3d6 APP
Cthulhu : (3D6) → 7[3,2,2] → 7

135[ダイス]:2d6+6 SIZ
Cthulhu : (2D6+6) → 8[2,6]+6 → 14

135[ダイス]:2d6+6 INT
Cthulhu : (2D6+6) → 4[2,2]+6 → 10

135[ダイス]:3d6+3 EDU
Cthulhu : (3D6+3) → 10[1,4,5]+3 → 13

KP[雑談]:次回日程先に決めておきましょう 18でよき?

135[ダイス]:ふむ なかなかというか思いのほかPOWが高く出過ぎた気がする

135[雑談]:予期ですー

135[雑談]:良き!!

ゆき[雑談]:すみませんー…そこしか開いてなくて

135[ダイス]:EDUとINT振りなおしますー 3回

KP[ダイス]:三点移動とか入れ替えもOKです 振り直しは3度

KP[ダイス]:どうぞー

135[ダイス]:2d6+6 INT 1回目
Cthulhu : (2D6+6) → 6[2,4]+6 → 12

KP[雑談]:いえいえ リアル大事

135[ダイス]:2d6+6 INT2回目 上がれ———!!
Cthulhu : (2D6+6) → 3[1,2]+6 → 9

135[ダイス]:www

135[ダイス]:2d6+6 INT3回目
Cthulhu : (2D6+6) → 10[6,4]+6 → 16

135[ダイス]:お

KP[ダイス]:おお

135[ダイス]:3d6+3 EDU 1回目
Cthulhu : (3D6+3) → 17[5,6,6]+3 → 20

135[ダイス]:あ、これでいいや すごい桁数で多

135[ダイス]:アマデウスなら小躍りするレベル

KP[ダイス]:わお

ゆき[ダイス]:わお

135[ダイス]:知識100になってしまった どういうことだ

135[ダイス]:職業P……400…?!

KP[ダイス]:おおおお めったに見ない数字!

ゆき[ダイス]:すごいなあ

KP[ダイス]:あ、サプリ使用可です

ゆき[ダイス]:興味Pも160と多いですし

135[ダイス]:じゃあ、これで最終決定しますー これはいわゆる安楽椅子探偵うぐうぐができるのではなかろうか

KP[ダイス]:wwwwwwwwww

ゆき[ダイス]:うぐうぐは安楽椅子探偵すごくに合いますよねw

KP[予備]:シークレットダイス

135[ダイス]:CONの低さとAPPの凡々加減を見るに……生活力がないタイプとみた

KP[ダイス]:生活力のない探偵といわれると世界一有名な人を思い出してしまう 彼は現場主義だけど

KP[予備]:う、んんんんn

KP[予備]:ゆきさんっていうか、ごめんね数井さん

ゆき[予備]:お、おう?

KP[予備]:害はないです!害は

135[予備]:>>愉悦の気配を察知<<

ゆき[雑談]:立ち絵設定しましたーコマも作りますか?

KP[予備]:PCによっては気にしないと思ってたんですけど、数井さん気にするかなあ、とはちょっと

KP[雑談]:あ、お願いします

ゆき[予備]:何が、何が起こったんだ…!!

ゆき[雑談]:はあい

KP[予備]:まあ、始まったらすぐわかりますよー

135[ダイス]:choice[思い付き,アマデウスを使う,頑張れ,DQN]
Cthulhu : (CHOICE[思い付き,アマデウスを使う,頑張れ,DQN]) → 思い付き

135[ダイス]:お、思いついた名前……これでいいのかな…

KP[ダイス]:わくわく

KP[ダイス]:本名ですか?と聞きたくなってしまうこの

135[ダイス]:まあ、細かいことは気にするな

135[雑談]:立ち絵作って駒設定しますねー

KP[雑談]:はーい

KP[ダイス]:確認しますね

ゆき[ダイス]:wwww

KP[ダイス]:キャラシ自体は大丈夫だと思います

135[ダイス]:名前の漢字表記も決めたほうがいい?

KP[雑談]:とるあえず、そうですね……PCどうしの関係性などを軽く決めておいていただいていいですか?

KP[ダイス]:お任せします

135[雑談]:とりあえず、同年代にしたので 大学なりどこかでの知り合いってことでいいんじゃないかな

ゆき[雑談]:大学あたりですかね。学生時代の知り合い多いね数井さん…

KP[雑談]:OKOK 今回の旅行はどちらから誘った感じですかね?

135[雑談]:どちらからでもいいけれど、探偵から誘う? それとも数井さんのつてで来たってことにする?

ゆき[雑談]:こちらから誘った形にしましょうか、安楽椅子状態だからたまには外の刺激も必要ですよと

KP[雑談]:あ、この辺は正直完全にフレーバーです 決めておいた方がRPしやすいかなという

135[雑談]:じゃあ、それでいこう 「たまにはどこかに出かけろ!!」って赤い髪の親戚に追い出されたことにしておく

135[雑談]:(その間親戚は、事務所の大片付け結構である)

135[雑談]:(決行!!)

KP[雑談]:(片づけられなさそう……)

135[雑談]:(多分、どければどけるほど、何かよくわからないものがたくさん出てくるので、頭抱えそう)

ゆき[雑談]:(がんばれ赤い髪の親戚……)

KP[雑談]:(wwwwww)

KP[雑談]:さて、すいません準備できました お待たせして申し訳ない

数井恒次:テストします

鶯 ほけきょ:テストだ 

鶯 ほけきょ:1つずれるぞ

数井恒次:こちらも少しずれます

KP:大丈夫そうですね では

KP:導入に入っていきたいと思います、よろしくお願いします

鶯 ほけきょ:よろしくお願いしますー

数井恒次:よろしくお願いしますー

KP: 

KP: 

KP: 

KP: 

KP: 

KP:ここは横浜みなとみらい周辺。僅かな潮気が香る歴史ある港町。

KP:近代的なビルディング、異国情緒と昭和以前のレトロ感がうまく調和した、神奈川屈指の観光地でもあります。

KP:本日は快晴の観光日和。

KP:お二人は観光のついでとして、ランドマークタワーで行われている『人工知能展』に足を運びます。

KP:ちなみに、今日は連休の初日ですね。2~4泊程度かけて関東を小旅行している感じだと思ってください。

鶯 ほけきょ[雑談]:親戚の名前どうしようかなって考えていたら、 大包 ひらひら って出てきて、落ち着け脳みそ ってなってる

KP[雑談]:wwwwwwwww

数井恒次[雑談]:wwwwww

KP[雑談]:親戚(とPCの親御さん)のネーミングセンスどうなってるんだと聞きたくなる感じですね……

KP[雑談]:メインはあんな感じの導入ですが、なにか聞きたいことや、RPしたいことなどありましたら自由にどうぞ

鶯 ほけきょ[雑談]:ちゃんと、漢字を当てなきゃいけないときは 法華許 って当てるから!!

鶯 ほけきょ:「ふむ、いい天気だな」

KP[雑談]:ちょうど相方法華経の人だ……

数井恒次:「そうですね。たまにはこういうのも良いでしょう?」

鶯 ほけきょ:「ああ、外もいいものだ ふむ…」

数井恒次:「自分の足で歩くのも、大事なことです。……おや、なんでしょうね。『人工知能展』ですか」

KP[雑談]:何かダイス振りたいとか、調べたいとかあったらおっしゃっていただければ振ってかまいません

数井恒次[雑談]:はーい

鶯 ほけきょ:「昨今の技術は発展がすごいな 俺の携帯はこの間スマホになったばかりだというのに… 自由に入れるなら行ってみるか」

鶯 ほけきょ[雑談]:はーい

数井恒次:「人工知能を利用したカウンセリングというのも研究が進んでいるようですよ。興味がありますね、行ってみましょうか?」

KP:【Scaena felix】

鶯 ほけきょ:てってこてってこ と向かいましょう

数井恒次:てくてく向かいます

KP:はい、ではそうやって入った人工知能展は研究発表というよりも博物館の企画展のような、そのようなイメージですね

KP:展示はノイマン型コンピューターから、2001年宇宙の旅といったものまで、古今東西の人工知能に関するものがあるようです。

鶯 ほけきょ:「ふむ、いつか人工知能が犯人でした というものも出てくるようになるんだろうな」

数井恒次:「SFの世界だと思っていたものが、現実になる。それはもう近いのかもしれませんね」

KP:どのような順路で回りたいとか、どのようなものが見たいなどの希望はありますか?

鶯 ほけきょ:「スタンリー・キューブリックが考えていた未来が今になるのかもしれない」

KP:【Scaena felix】

鶯 ほけきょ[雑談]:ちなみに2001年宇宙の旅、シャイニング、時計仕掛けのオレンジ 全部おんなじ スタンリー・キューブリック監督の映画っす

KP[雑談]:namaedakeha

数井恒次[雑談]:「あーなるほど

鶯 ほけきょ:AIの関連する映画辺り、てってこ見ていこう おそらく洋画が多そうだなぁ

KP[雑談]:宇宙の旅、口元を「見る」シーンが大好きです ぞわっとくる(ネタバレを精一杯回避しようとする表現)

数井恒次:時代順にみていく形でみたいですね。歴史を感じたい

KP:別れて回る感じです?

鶯 ほけきょ:この二人、行くときまでは一緒だけど、その先は自分の見たいものがあれば分かれるタイプっぽい気がする

数井恒次:マイペースに回ってそうなので…

KP:すごくわかる……では、そうですね。

鶯 ほけきょ[雑談]:いいですなぁ

KP:AI関連の映画はやはり洋画が多いようですね。先ほど上がっていた宇宙の旅や、ブレードランナー、月は無慈悲な夜の女王などが代表的でしょうか。

鶯 ほけきょ:ブレードランナーは続編が出ていたなぁ ふむふむ

KP:映画のチョイスはKPの趣味なのでそこまで気にするところではないです(小声)

鶯 ほけきょ:「やはり、宗教観が反映されるんだろうか AIの反乱や高度なAIを生み出すというのは」

鶯 ほけきょ:とかぶつぶつ考えながら見ておこうー

KP:歴史順に回っていくならば、演算器としての原型のコンピュータの模型や、それが今の形に近づいていく様を見ることができるでしょう。

鶯 ほけきょ[雑談]:日本だとあまり感じないけど、やっぱり洋画とかはどこかモチーフだったり、題材の解釈とか 宗教は絡んでくるんだろうな と思うとまた別の楽しみ方がある

鶯 ほけきょ[雑談]:そもそもの価値観の根底にあったりするし

数井恒次[雑談]:その辺日本はやはり雑多ですもんね。

KP[雑談]:ですねえ AIの反乱、この間鶯さんがおっしゃってたフランケンコンプレックスでしたっけ 神の被造物の反乱

数井恒次[雑談]:アメリカとかは宗教というかキリスト教が深く根差してますし…

KP:そうですね……ではお二人、目星かアイデアを振っていただいてもいいですか?

数井恒次:目星振ります

数井恒次:CCB<=70 目星ー
Cthulhu : (1D100<=70) → 19 → 成功

鶯 ほけきょ[雑談]:ですです フランケンシュタインコンプレックス 

鶯 ほけきょ[雑談]:確か調べたのは…60さんの話から派生して調べたはず

鶯 ほけきょ:はーい 目星かな

鶯 ほけきょ:あ、アイディア振りますー

鶯 ほけきょ:CCB<=80 閃きポイントはありますか?
Cthulhu : (1D100<=80) → 75 → 成功

鶯 ほけきょ[雑談]:確か、プロメテウスから派生して調べたんですよね

KP:ぴこぴこぴぴぴ ではお二人は気づきますね。

数井恒次[雑談]:すみませんちょっと離席します

KP:出る情報は同じものです。

KP:「連休初日、しかも立地条件の割に展示に人が少ない」ということ。

KP[雑談]:いってらっしゃーい

KP:広告が効果をなさなかったのかな、と感じます。

鶯 ほけきょ[雑談]:いってらっしゃいー

鶯 ほけきょ[雑談]:なんか、いま ほけきょ バイクのってそうだな って思ってしまった

KP[雑談]:クトゥルフ的に言えばショゴスも反乱だなあと思う

KP[雑談]:白いヘルメットが似合いそう

数井恒次[雑談]:戻りましたー

KP[雑談]:おかえりなさーい

鶯 ほけきょ:「腕のいい広告マンを呼ぶべきだったかもしれないな ここは まあ、タイアップしてこそ、というのもあるかもしれないが…」

鶯 ほけきょ[雑談]:おかえりなさい-

鶯 ほけきょ[雑談]:ただし、運転持っていないので完全にフレーバー

数井恒次:「人が少ないのは寂しいですね。題材は良いものでしょうに」

数井恒次[雑談]:別所でオートバイの運転持ってる探索者いますw

鶯 ほけきょ:「いわゆる…SNS?というもので話題になれば爆発的に増えるかもしれないが… まあ今はこの静けさもまた楽しめるものさ」

KP[雑談]:こう、この二人はわかれて回ってたと思ったらしれっと合流していそう

数井恒次:「ゆっくり楽しむ分には、静かな方がよいでしょう」

数井恒次[雑談]:なんだろうねこのある意味ツーカー的な

鶯 ほけきょ:「だな  後で本屋にでも行こう。久しぶりにアイザックアシモフの話が読みたくなるような展示だった」

KP:さて、そんなことを考えながら歩き回っていますと、お二人は一つ、気になるブースを見つけます。

鶯 ほけきょ[雑談]:アシモフの「わたしはロボット」買ったはいいのに未だに積んでしまっている

KP:体験型ブースのようなので、もしかすると無意識のうちに最後に行こうと思っていたのかもしれませんね。

KP:ブースのネームボードには「Vita」とのみ書かれています。

鶯 ほけきょ[雑談]:「黒後家蜘蛛の会」は1巻だけ読んで積んでるし… うっぐうっぐ

KP[雑談]:新しく本買ったはいいんですけど、なかなか読めない

鶯 ほけきょ[雑談]:読むのって時間と気力がいりますからね…

数井恒次[雑談]:何か買おうかなあと思いつつ本屋自体…

KP[雑談]:入ってみますか?

KP[雑談]:こっちじゃないや

数井恒次:「…「Vita」…?何のブースでしょう」

鶯 ほけきょ:「ぷれいすてーしょん?というものだったら、大包が持っていたな」

KP:単語の意味が知りたい場合には知識、あるいはラテン語ですね

数井恒次:「そんな名前のものがそういえばありましたね…」

数井恒次:ラテン語ありますが知識の方があるので知識振ります

鶯 ほけきょ:知識を……振る必要あります?一応振ります??

KP[雑談]:今まで3回回して絶対PSVitaの話になるの面白すぎて

KP:100が出るかもしれないから……ダイス振る場合どうぞ

鶯 ほけきょ[雑談]:だって、一番短だし…

数井恒次:CCB<=80 知識ー
Cthulhu : (1D100<=80) → 83 → 失敗

数井恒次[雑談]:どうしてもそれが真っ先に出てくるw

KP[雑談]:むがーさいせつぞく!

数井恒次[雑談]:同じく!

鶯 ほけきょ:CCB<=99 知識だ まあ、Fもないわけではないからな
Cthulhu : (1D100<=99) → 84 → 成功

鶯 ほけきょ:成功 圧倒的安心感

KP:出目が仲良しだ

鶯 ほけきょ[雑談]:同じく!!

数井恒次:荒れないことを祈ります

KP:ではそうですね、鶯さんはVitaはイタリア語、ラテン語で「命」「生活」という意味だと知っていました。

KP[雑談]:ところで、このブースはちょっと区切られたお部屋な感じです ちっちゃい小部屋

鶯 ほけきょ:共有します

数井恒次[雑談]:ってことは他からは見えない感じ?

KP[雑談]:そうそう

鶯 ほけきょ:「ふむ、ラテン的には生命や命… つまり、あのゲーム機も元をただせば、生活に密接した という意味を込めたかったのだろう」

数井恒次:「なるほど…」

鶯 ほけきょ:「確かに、生活に密接していたな モンスターを狩猟するゲームを暇あればやっていたからな 大包は」

KP[雑談]:こう、ドアにプレートで「Vita」って下がってる感じです

数井恒次[雑談]:モンハンやってるのか…

KP[雑談]:では入ります?

鶯 ほけきょ[雑談]:やってそうじゃない? オオカネヒラ

KP[雑談]:オオカネヒラ、ハンマーとか大剣とか使いそう

数井恒次:「やりすぎは禁物だと思いますが…。ともあれ、人工知能にその名は、我々にとって身近であるように、もう一つの生命であるようにと願いが込められているのでしょうか」

数井恒次[雑談]:大剣似合いそう

KP[雑談]:おかえりなさーい

数井恒次[雑談]:おかえりなさいー

鶯 ほけきょ[雑談]:戻りましたー 

数井恒次:「どうしましょうか、見てみますか?」

鶯 ほけきょ:「ここが最後だからな 見てみよう」

鶯 ほけきょ:ノックせずにがちゃー

KP:はーい では

KP:部屋に入ると一台のパソコンと大きめのディスプレイが配置されており、ディスプレイには「待機中」という文字が表示されています。

KP:パソコンが設置されたテーブルには説明書きと、名刺が置いてありますね。

KP:読みます?

数井恒次:読みます。名刺もチェックしたいです

鶯 ほけきょ:おなじくー

KP:【説明書き】

KP:『人工知能ヴィータは多次元情動システムと社会的学習システムを搭載し、高速演算処理のみならず非常に人間的なやりとりを交わすことのできる人工知能となっております。また、彼女は皆さんとのやり取りを通じて成長を続けています。この場限りではなく、二度三度と訪れても楽しんできただけます』

KP[雑談]:まーたやらかした 彼女じゃなくて彼です 消し忘れた

数井恒次[雑談]:あるある

KP:名刺ははヴィータの製作者である天堂博士の名刺です。連絡先、研究室住所が記載されています。

鶯 ほけきょ[雑談]:あるある

鶯 ほけきょ:ふむ こんなに素晴らしいものを開発している博士なのだ 新聞とかに載っていたりとかした記憶ってありますかね

KP:アイデアですね

鶯 ほけきょ:振りまーす

鶯 ほけきょ:CCB<=80 俺は、きちんと朝刊夕刊取る派だ
Cthulhu : (1D100<=80) → 70 → 成功

KP:では、鶯さんは彼の名前を見たことがありますね。ここからそう遠くない大学の教授です

鶯 ほけきょ:ふむふむ ほー と思っておこう 今共有するまでのものでもないだろうし

数井恒次:名刺は何枚もあります?

KP:そうですね、ありますよ

数井恒次:じゃあ記念に一枚もらっていきましょう。こんな人工知能を開発している博士なのか、と

鶯 ほけきょ:自分も一枚もらっておこう 何かの時に厄発つかもしれないし

KP:はーい ではお二人がそうやって説明を眺めたりなどしていますと、静かにデスクトップの待機が解除されます。

ヴィータ:『ハロー』

数井恒次[雑談]:しなの—ん!

ヴィータ:『音声認識中……。日本語話者の方ですね。こんにちは、ヴィータです』

鶯 ほけきょ[雑談]:しなのーん……… は

数井恒次[雑談]:藤科君……

KP[雑談]:数井さん、彼連想するんじゃないかなって……

鶯 ほけきょ[雑談]:・・・・・・・ 偶然 偶然

数井恒次[雑談]:ピンポイントでしたね

鶯 ほけきょ:おお と驚きつつも注視

数井恒次:「……」驚いてます

ヴィータ:『あれ、聞こえてなかったのかな?』と首を傾げている様子ですね

鶯 ほけきょ:「ハロー と答えたほうがいいか?」

数井恒次:「ああ、すみません。知り合いに似ていたものでして」

KP:では、お二人のその言葉にぱあっと顔を綻ばせます。

ヴィータ:『よかった!スピーカーの不具合かなって思っちゃった。ハローでも、こんにちはでも、ニイハオでも大丈夫!』にこにこ

数井恒次:「こんにちは」気を取り直し、微笑んで挨拶します

ヴィータ:知り合いに似ていた、という言葉にはにこにこと笑っていますね。『こんにちは!』

鶯 ほけきょ:「では、君がVitaという名前なのかな」

ヴィータ:『うん、そうだよ!』

KP:では少し彼について描写を

KP:【ヴィータ】

KP:さて、お二人が見た人工知能、もといヴィータは少年のように見えました。

KP:透明感のある肌は新雪のように煌めき、濃緋の髪は滑らかに輝き、深い藍色の瞳は海原のように凪いでいます。

KP:声は人間の抑揚を持ちながら美しい笛の音のごとく。

KP:穏やかな声色は柔らかく響きます。

KP:それは人の模倣か、それとも理想か。

KP:科学技術や宗教、倫理といった観念を超越した何かを感じさせるもの。

KP:それが今お二人の目の前に在ります。

KP: 

鶯 ほけきょ:それに感動してSANC?(とぼけ発想)

KP:SANCはないです(ないです)

ヴィータ:『あ、そうだ!これ聞かなきゃいけないんだった、どこから来たの?』

KP[雑談]:対話型アンケートみたいなものだと思って構わないです 他意はない(住まいとかの質問に)

数井恒次:「私たちですか?私は東京からですね」

鶯 ほけきょ:「同じくだ ちょっと同居人から叩き出された」

ヴィータ:『トウキョウ……東京……えーっと、日本の首都、だよね?どんなところ?』

数井恒次:「ビルが多いですよ。私が住んでいるところは少し外れているので緑も多いですが」

数井恒次[雑談]:多分立川とかその辺(適当)

ヴィータ:『緑…それって植物!?』

鶯 ほけきょ[雑談]:同居人ってナチュラルに言っていたけど、多分親戚だんだん変えるの面倒になってきてしまった感じになっている気がする

鶯 ほけきょ:「グリーンだな いろいろ生えているぞ」

鶯 ほけきょ[雑談]:帰る!

KP[雑談]:だんだん部屋に鶯さんのじゃないモノが増えていくやつ

数井恒次:「ええ、草花ですね」

ヴィータ:『うーんと、写真とかってあるかな?』

数井恒次[雑談]:もう通うより同居した方が早いと

KP[雑談]:ちなみにヴィータの外見は13~15歳程度の少年のものです。

鶯 ほけきょ[雑談]:だって、クッキークラッカークラスでどんどん増殖していく

数井恒次:「写真ですか…この前のフィールドワークの手伝いの時に撮ったものがあったような…」スマホから写真探して、みせてみます

数井恒次[雑談]:(写真は騒動のあとに改めて撮りました)

鶯 ほけきょ:横からチラ見しつつ「フィールドワークか、どうだった?何かめぼしいものや新しいものは見つけたのか」

ヴィータ:『見せて見せて!……わあ、すごーい!こんなになってるんだ!』

KP[雑談]:(よかった)

数井恒次:「そうですねー…あの時は大変でしたね……見つけたは見つけたんですが、持って帰れませんでしたし」遠い目

鶯 ほけきょ:「……いったい何を見つけたんだ? 遠い目なんかして」

KP[雑談]:ちなみに、ヴィータの印象として、たぶん一番近いのが

KP[雑談]:小さい子の「教えて教えて」「これなにー?」攻撃

数井恒次:「今語るべきものではありませんよ。…どうでしょうか、気に入ったものはあります?」写真をスライド形式で見せていきます。多分中には打ち上げで撮影したメンツの写真のデータもあるかも。

鶯 ほけきょ[雑談]:昔「何食べてるの何食べてるの」で口の中に手を突っ込まれた攻撃をされた記憶が…ッ!

KP[雑談]:ひえ

数井恒次[雑談]:ひええ

鶯 ほけきょ[雑談]:今入ってるのは咀嚼物!!

KP:そうですね、目をキラキラさせ、微かに頬を上気させながら楽しそうに見ています。とりわけ、自然物に関して興味があるように感じました。

鶯 ほけきょ:それじゃその反応見てそっと疑問をば

数井恒次:人工知能だから、自然物に興味があるのかな?

KP[雑談]:それよりもちょっと大きい……小学校高学年から中学生くらいの……好奇心旺盛な子って感じですね

鶯 ほけきょ:「ふむ、こうした自然物はインターネットなどで情報としてよく見れるのではないか? そういったインターネットにはつながっていないのか」

ヴィータ:『あー、えっとね……これ、スタンドアローンなんだ』とコードの方を指さします。

KP:目星とか、心理学/2とか、コンピュータとか振ってもいいですよ

鶯 ほけきょ:「ふむ、完全に独立して、それこそ俺たちとの対話で情報を確立していく という形なんだな」

鶯 ほけきょ:目星で振りますー 

ヴィータ:『そうそう、そんな感じ』

ヴィータ:目星どうぞ

数井恒次:「外部情報が他人にゆだねられているのですね」

鶯 ほけきょ:CCB<=70 目星を光らせるぜ、推理の星君!
Cthulhu : (1D100<=70) → 16 → 成功

鶯 ほけきょ:成功

KP:さっきPL側で出してるんですけど、PC側に情報として

KP:ヴィータの外見は10代前半の少年のものであり、また情動や語彙も幾分大人びてはいるが年頃の少年のそれに設定されている事がわかります。

鶯 ほけきょ[雑談]:推理の星君 って自分でも驚くくらい昔の漫画出てきた

KP:さらにいうなら、その話題を出してから少しそわそわしているように感じます

KP[雑談]:初めてみました(ぐぐり)コロコロ系ノータッチだったからなあ

ヴィータ:『あの、あのね……ちょっと、お願いがあるんだ』

数井恒次:「お願い、ですか?」

鶯 ほけきょ[雑談]:怪盗ジョーカーの前進 にあたるのかな なかなか面白いやつでしたぞ

鶯 ほけきょ:「ふむ」

数井恒次[雑談]:ほうほう

ヴィータ:こくんとうなずいて、『むちゃくちゃなお願いだってわかってるんだけど。……俺を、ここから連れ出してほしいんだ』

KP[雑談]:ふんふん

鶯 ほけきょ[雑談]:まず、主人公が推理を思いつくと、星型のハゲが光ります

KP[雑談]:待ってwwwwwwwwwwww

鶯 ほけきょ:「……ほうほう それは依頼 という形でいいのか?」

数井恒次:「それはまたどうして」

ヴィータ:『んー、うん、依頼、で大丈夫』

ヴィータ:『ここ、窓がないんだ。』

ヴィータ:『何にもないの、あんまり人も来てくれないし、話し相手もいなくて、ずっと』

ヴィータ:『さみしかったんだ』

数井恒次:「…対話型の人工知能ならむしろ開放的な方がよいでしょうにね…」唸ります

鶯 ほけきょ:「それで外に出たいと でも連れ出すといってもスタンドアローンならばどうやって外に? まさかディスプレイごと持ってはいけないだろう?」

ヴィータ:『それだったら、ええっと、ケーブルとかある?スマートフォンとか、タブレットとか。フィーチャーフォンなら通信機能とかでも』

数井恒次:旅行中なら充電用のケーブル持ってるかな?

鶯 ほけきょ:まあ、普通に持っているでしょう ほけきょならうっかりってこともありそうだけど、数井さんならしっかりしてそうだし

KP:持ってるってことで構いませんよ

鶯 ほけきょ:「数井 俺は、これが依頼ならば、まあ外に連れ出しても構わないだろうとは思っているんだが、どう思う?」

数井恒次:「私としては製作者の天堂博士の許可をもらいたいところですが…」連絡先、繋がりますかね?

KP[雑談]:人と対話するために生まれた人工知能が、人以上の豊かな情動を抱えて窓のない、ほとんど人の訪ねてきてくれない真っ暗な部屋で独りぼっちで閉じ込められてたんです

KP[雑談]:普通の人ならとっくに発狂してる

数井恒次[雑談]:わあ…

KP:うーん、ちょっとお待ちを

KP:シークレットダイス

KP:うーん、大学に取次ぎを依頼してみたところ外出中のようですね

数井恒次:無念

鶯 ほけきょ:「数井、数井」

鶯 ほけきょ:「事後報告 って言葉が日本語にはあるぞ」 って言いくるめ振っておく?

数井恒次:「…そう言うだろうと思っていましたよ」

KP:お好きにどうぞー 振っても降らなくても まああんまり大勢には影響しない

鶯 ほけきょ:「うっかりアンインストールなどしなければ大丈夫だろう まあ、細かいことは気にするな」

数井恒次:「私としても、対話するための人工知能が、このようなところに、というのはいささか」

数井恒次:「それに、人工知能のカウンセリングとか、普通できない体験ではないですか?」笑います

数井恒次[雑談]:お、おお?揺れてる

KP[雑談]:おや 大丈夫ですか?

鶯 ほけきょ:「まあ、日本の中でも臨床ケースとしては珍しい形だとは思うな 発表できるかどうかはさておいてだ」

数井恒次[雑談]:そんな大したことはないんですが…

鶯 ほけきょ[雑談]:おや 大丈夫です?

数井恒次[雑談]:ちょっと長いなって感じだけで大丈夫です

KP[雑談]:それならよかった 今日はキリのいいところで切りますね

鶯 ほけきょ[雑談]:はーい

数井恒次:「こちらは、取り次いでもらえるようにアクションは起こしましたからね」黙ってやってはいないよ、と

数井恒次[雑談]:はーい

KP[雑談]:私の中のヴィータ(信濃にあらず)が「俺みたいなの秘蔵っ子っていうのかな 博士はそう言ってた。でも秘蔵っ子って言っても秘蔵しなくてもいいのにね」って言ってる

鶯 ほけきょ:「さて、俺のスマホより数井のスマホの方が居心地はよさそうだぞ どちらに行く?」

KP:choice[鶯さん,数井さん]
Cthulhu : (CHOICE[鶯さん,数井さん]) → 数井さん

ヴィータ:『え、え、えーっと、そういうなら数井さん、かな?』こてり

鶯 ほけきょ[雑談]:大したアプリも入ってない そんなスマホ 

数井恒次:「分かりました。ではよろしくお願いします、ヴィータ」ケーブルとスマホをセットします

鶯 ほけきょ:「引っ越しだな」

数井恒次[雑談]:こちらも多分最低限。LINEは結構やってるだろうけど

KP:では、数井さんが機器をつなぐと、ディスプレイに写っていたヴィータの姿が消え、

数井恒次[雑談]:淡藤さん辺りからスタンプたっぷりの画像とか送られてるんだよきっと

ヴィータ:『えへへ、来ちゃった!さあ、俺を外の世界に連れて行ってね』

KP[雑談]:次までにスマホ画面の画像を用意しておきます

KP:と、数井さんのスマホにヴィータの姿が映りました。

鶯 ほけきょ:「おお さすがだな」

数井恒次:「いらっしゃい」

ヴィータ:『あ、そうそう。俺入れてもたぶん、そこまで重くなったりはしないと思う』

ヴィータ:『俺、軽量化されてるんだ!ヴィータは優秀だからね!』と胸を張り、

ヴィータ:お二人に向かって『ありがとう』と微笑みました。

数井恒次:「どういたしまして。さあ、行きましょうか鶯さん」

鶯 ほけきょ:「さて、悪い大人な俺たちは、どこに連れて行ってしまうか、ドキドキしているといい」

KP:というわけでとても上機嫌なヴィータとお二人を映してフェードアウト!今日はここで切りますねー。次回は18日21:30からです、お疲れ様でしたー!

数井恒次:お疲れ様でしたー!

鶯 ほけきょ:お疲れ様でしたー 小気味よい会話である

数井恒次:数珠さんは存外フランクだと思っている

KP:鶯さんの今日のラストのセリフめっちゃ好き 自由解散ですー

KP:【BGM停止】

KP:数珠さんは会う人会う人に「冗談とかいうんだな……」って言われてそうなイメージが

数井恒次:親戚が親戚だから冗談言えないとダメなんだよきっと…

鶯 ほけきょ:数珠丸さんで最初PCイメージ考えていたら職業:アイドルで趣味技能で「製作:野菜・農耕具」「芸術:第一次・第二次産業」って考えてしまった

鶯 ほけきょ:どう考えても某農耕アイドル

KP:wwwwww

数井恒次:wwwww

KP[雑談]:ちなみに初回はヴィータごこさんで前回は秋田くんでした しまわれてそうな子がおおい

数井恒次[雑談]:秋田くんだと色々とクリティカルヒットしてましたな

鶯 ほけきょ[雑談]:じゃあ、次は…仕舞われそう……

鶯 ほけきょ[雑談]:は、 光世……(震え声)

KP[雑談]:次前田君あたりかなーと思ってたのでニアミスですね(?)

鶯 ほけきょ[雑談]:微妙にずれたね 鶴丸さんは…って思ったら、あれだ

鶯 ほけきょ[雑談]:鶴丸さんがいた場所の地面から1つだけ朝顔が生えてるイメージがある それ まいそ…

KP[雑談]:つるさんだとシナリオ改変っていうか ヴィータの描写改変しなくて済むので楽っちゃ楽なんですよねえ

KP[雑談]:ぴゃあああああ

数井恒次[雑談]:あああああ

KP[雑談]:ヴィータの立ち絵といかにPLさんにヒットさせるかみたいなそういうあれが たのしい

KP[雑談]:あ、ログはあとであげておきますねー 今日はそろそろお暇します お疲れ様でしたー おやすみなさい

数井恒次[雑談]:おやすみなさいませー

数井恒次[雑談]:こちらも失礼しますーおやすみなさい

KP[雑談]:基本的にはゆるゆるまったりRPしつつのんびり進めていきます 2卓同シナリオ同時進行だからね!

KP[雑談]:ノシノシ

鶯 ほけきょ[雑談]:失礼しますー お休みなさい-ノシ

TRPGツール

ブログパーツ