aoringo tools

aoringo作成のTRPG中心ツール置き場

花束 今日の分

どどんとふ:全チャットログ削除が正常に終了しました。

KP:お時間までお待ちください—

KP:ログは、現在ウィキに編集中 21:30まで離席していますー

鯰江 藤雄:こんばんはー

KP:こんばんはー

KP[雑談]:てれてれてってってー

鯰江 藤雄[雑談]:|ω・)?

KP[雑談]:いえ、お時間になりましたが、そろうまで待ちますねー ててーん

鯰江 藤雄[雑談]:はーい

KP[雑談]:すごくどうでもよい余談   桜並木がすごく光景をして好きなんですけども、実際に行ったりしたことないなぁ…と  

鯰江 藤雄[雑談]:ああ…自分も実際見に行ったことはないですねえ

KP[雑談]:一般的に桜が咲く頃って、どちらかというとまだ雪が残ってる季節ですしね

鯰江 藤雄[雑談]:そうなんですよねえ こちらだと大体GW頃ですし

KP[雑談]:掲示板に連絡がありましたー 開始は22時からになりますね

鯰江 藤雄[雑談]:了解です

KP[雑談]:そういえば!嬉しいことがありましたぞ!

鯰江 藤雄[雑談]:ほほう?

KP[雑談]:アマデウスの曲が入ったCDをついに獲得しました

どろいどんとふ:「ユーザーID:jas6l0y0」がAndroidからログインしました。

鯰江 藤雄[雑談]:おー おめでとうございます

藤名 祐:入れたーこんばんわー

KP[雑談]:やったね!

KP:こんばんはー 大丈夫ですか?

鯰江 藤雄:こんばんはー

藤名 祐:更新81%で止まってますね

KP:ごめんなさいー 戻り戻り

藤名 祐:おかえりなさーい

鯰江 藤雄:おかえりなさい ふむ

KP:更新は急に来るものだからね 仕方ないね…

藤名 祐:スマホだと少し打ち込みずらいけど何とか出来ると思います

藤名 祐:ちょっとダイズタブ借りますね振れるか確認

KP:どうぞー!

藤名 祐[ダイス1]:1d100

Cthulhu : (1D100) → 20

KP[雑談]:にしてもスマホからできるとはしらなかったでごわす

鯰江 藤雄[雑談]:見学は知ってましたが…

藤名 祐[ダイス1]:ここでさにわチャパレを忘れるなんだっけ英語の部分

鯰江 藤雄[ダイス1]:CCBですかね?

Cthulhu : (1D100) → 12

KP[ダイス1]:CCB<=100 であってるはず?

Cthulhu : (1D100<=100) → 83 → 成功

藤名 祐[雑談]:ひよこじゃなくてスマホアプリで入ってますね書いてからあること思い出した

KP[雑談]:なんぞや

鯰江 藤雄[雑談]:ん?

藤名 祐[ダイス1]:CCB<=73

Cthulhu : (1D100) → 95

藤名 祐[ダイス1]:Fじゃないからセーフ

KP[ダイス1]:セーフ ただ、成功失敗は出ないみたいだね

藤名 祐[ダイス1]:ほむん<=が打つのがめんどくさかった

鯰江 藤雄[ダイス1]:CCB<=73 ためし

Cthulhu : (1D100<=73) → 22 → 成功

鯰江 藤雄[ダイス1]:<が全角だからじゃないですかねー?

藤名 祐[雑談]:どろいどんとふっていうアプリがあるんですよ見切れるけどメモとマップも見れる

藤名 祐[雑談]:チャット画面はLINEみたいな感じで立ち絵も表示される

鯰江 藤雄[雑談]:ほっほー そこまでは知らなかった…

KP[雑談]:未だにフリック打ちができず、連打だドン!の審神者は、スマホではできないな!と思ってる

藤名 祐[ダイス1]:CCB〈=75

Cthulhu : (1D100) → 48

藤名 祐[雑談]:あれが見れないやHPとか管理する右上のあれ

KP[雑談]:便利だなぁ… イニシアチブ表かな

鯰江 藤雄[雑談]:違うそうじゃない(手が滑る)ことが結構あります>打ち

藤名 祐[雑談]:だめだ祐お前今SAN値とHP幾つだ

鯰江 藤雄[雑談]:SAN値は73でHPは13ですねー 表見ると

藤名 祐[雑談]:ありがとうございます地味にきついなぱっと見れないって

KP[雑談]:22時まで待ちましょう で、だめだったら、またちょっと延期かなって

藤名 祐[雑談]:今90%ですね今日延期すると次回2.75回になってしまう

KP[雑談]:どんどん小数点以下が増えていく

KP[雑談]:もしかしたら、最終的に虚数回が増える…?(葉っと閃いた顔)

藤名 祐[雑談]:正直今日這ってでも来ようかと思ってました流石に延期の延期は申し訳なさ過ぎる

KP[雑談]:25さんが問題なければ、審神者は別に延期でも……(ハッと我に返った審神者、自分の参加数を思い出す)

鯰江 藤雄[雑談]:(体調やらPCやらでやらかした事があるのでなんとも…)

KP[雑談]:(確認してみたら、案外なかった! 良かった!)

KP[雑談]:え、春口に一気に日数取っておいて、インフル掛かって全部延期になった審神者の話をする???

藤名 祐[雑談]:(さにわ去年の今頃もPC不調だったんだ今年もかな?)

鯰江 藤雄[雑談]:インフルこわいよう

藤名 祐[雑談]:インフルインフルこわい

KP[雑談]:もう今年掛かったし、もうかからないだろ と予防接種をしたくても、まったく予約が取れない審神者すごくぷるぷる

藤名 祐[雑談]:逆に予防接種したことないけどかかったことないなーもうしなくていいやって思ってる

鯰江 藤雄[雑談]:とはいえ一度しかかかったことないです 予防接種もない

KP[雑談]:……もしかして、毎年インフルにかかってる審神者ってレア……?(震え声)

KP[雑談]:インフル以外の風邪は引いたことがないので、これは相性なのか…?

藤名 祐[雑談]:(駄目だこれこっちの画面が完全にLINEぽいから既読つかない事に違和感しかないぞい)

鯰江 藤雄[雑談]:インフル以外無いとはそりゃあまた…

藤名 祐[雑談]:ある意味インフルどーん!で他は無傷ならとんとん?

KP[雑談]:なのかね もしくは審神者の通勤コースとかぶってる人で誰か、インフルを毎年まき散らす人がいるか、だ

KP[雑談]:パソコンはどんなもんでしょうか? 藤名さんー できそうです?

鯰江 藤雄[雑談]:環境的なものは関係ありそうですねー

藤名 祐[雑談]:ようやく98っスね30分もあれば起動するかと思ったけど厳しいなぁ

鯰江 藤雄[雑談]:2%…!

KP[雑談]:残り2%!

藤名 祐[雑談]:あ、いま100いった

KP[雑談]:おお

鯰江 藤雄[雑談]:おっ

藤名 祐[雑談]:これで再起動とか何かに時間取られなければ行ける?

藤名 祐[雑談]:あ、更新終わったあとの「これには数分かかることがあります」画面が出てきた御託はいいからはよ起動してくれPCよ

藤名 祐[雑談]:今とふさんのページ開きましたー

KP[雑談]:PC

KP[雑談]:とかブラウザの挙動は大丈夫そうでしょうか?

藤名 祐:はいれたー わーい

KP:改めてこんばんはー

鯰江 藤雄:こんばんは!

藤名 祐:こんばんわー  良かった……よかった…

KP:挙動は大丈夫そうですか?PCの 

藤名 祐:大丈夫です 

KP:じゃあ、遅くなりましたが、進めるぐらいまで進めていきましましょうか! 

藤名 祐:はーい とんだご迷惑を—

鯰江 藤雄:はーい

KP:いえいえ、大丈夫ですよー それじゃ、前回のログはウィキに乗ってます 改めて前回のあらすじをば

KP: 

KP: 

KP:夏の部屋

KP:部屋は夏の午後らしく、熱い太陽がじりじりと探索者たちを照らしています

KP:探索者たちは日本家屋に縁側から入ることができます。そこに面した大広間しか入ることができず、それ以外の部屋には入ることができません。【アイディア】でその部屋がぼろぼろで手入れが行き届いてないように感じられます。そして、人為的に荒れているのではなく、さっきの部屋よりも時間がたっていることがわかります。部屋の中には何もなく、探索者たちは部屋のものに影響を与えることができません。

KP:君たちは、ふと春の部屋で見た「彼」がすっと大広間に入ってきたことに気が付くだろう

KP:その「彼」は手に花束を持ち、春の部屋とは何ら変わりない姿のまま、君たちには気が付かず、大広間のふすまの一つを開いて中に入っていった

KP:部屋をのぞいた 君 は布団が一つ引かれていることに気づきます

KP:その周りは、比較的大広間よりはきれいで そのそばで、じっと座っている「彼」がいることに気が付きます

KP:部屋に一歩入るのであれば、目星、聞き耳に+15の補正をしてロールをしてください

KP: 

KP: 

KP:というところで前回終わっています

KP:夏の部屋に入るのであれば、聞き耳、目星を+15して振ってください 

藤名 祐:なるほどー人の家に侵入したところから進んでいたのね

鯰江 藤雄:ですねえ

KP[雑談]:と、いきなり開始してしまいますのだ 本日はよろしくお願いします(改めて)

鯰江 藤雄[雑談]:よろしくお願いしますー

藤名 祐[雑談]:よろしくおねがいしまーす

鯰江 藤雄[雑談]:そして部屋に入って行こう

藤名 祐[雑談]:入らないと始まらないしね

鯰江 藤雄:入ります 目星振りますねー

KP:deha,

藤名 祐:じゃあこっちは聞き耳を

KP:ではダイスをどうぞー!

鯰江 藤雄:CCB<=95 目星

Cthulhu : (1D100<=95) → 68 → 成功

藤名 祐:CCB<=75

Cthulhu : (1D100<=75) → 94 → 失敗

藤名 祐:さっきから出目高ーい

KP:では、聞き耳に失敗したあなたは、何も気が付くことができません

KP:成功したあなたは、その布団の中で干からびている死体を見つけることができます。SANC【1/1D3+1】

鯰江 藤雄:CCB<=60 SAN

Cthulhu : (1D100<=60) → 6 → スペシャル

KP:成功ですね 1減少です

KP:更に目星に成功したあなたは、追加で目星・医学・応急手当を振ることができます 挑戦しますか?

鯰江 藤雄:うーん…やってみます

KP:では、どれか一つをレッツロール!

鯰江 藤雄:また目星でー

藤名 祐[雑談]:応急手当で何がわかるのだろうか この人はもう駄目みたいですねとか?

KP:では、補正なしでどうぞ!

鯰江 藤雄:CCB<=80 目星

Cthulhu : (1D100<=80) → 19 → 成功

KP:お、では…その遺体には外傷らしきものがなく、苦しんでいたような様子がないことに気づきます。

鯰江 藤雄[雑談]:つまりは、病…研究史…

KP:医学的なことはわからないので、見たままに判断するならば、病死、といった感じでしょうか ただ、安らかな死ということが分かります

藤名 祐[雑談]:研究しててもダメだったのか…

KP:布団の隣に座っている「彼」はただ、黙って座って、その布団の中の誰かを見つめています そして、口を開きました

???:「……今日も、たくさん花が咲いていた」

???:「外は快晴だ すごく気持ちがいい、風も冷たい きっとあんたにも過ごしやすいと思う」

???:「………」

???:「……このまま、寝ているとあんたは、またどんどん痩せていくな」

???:「………早く起きてくれないかな… たくさん作った花束があるからさ」

???:「……寂しいじゃないか  本当に、…何であんたは起きてくれないのかな」

鯰江 藤雄[雑談]:(´・ω・`)…

藤名 祐[雑談]:あああ、死を認識してないのかあああ、つらい

KP:ぽつぽつと布団の中の誰かに話しかけるように彼はしゃべると、また少し黙って、じっと見つめています

KP:声をかけてみますか?

鯰江 藤雄[雑談]:か、かけてみるしかない…

KP[雑談]:なお、最初のテストのときのNPCは御手杵でした 鶴丸さんと二択でした 

藤名 祐[雑談]:でもなんて声かければいいんだよ…

鯰江 藤雄[雑談]:ふええ

KP:ちなみに、あなたたちの存在に、彼は気づいた様子がありません 近くに行っても気づくことはないでしょう

KP:もしかしたら、彼にはあなたたちが見えていないのかもしれませんね

鯰江 藤雄[雑談]:おや

藤名 祐[雑談]:見えていないとな

鯰江 藤雄:触ったりもできないですか?

藤名 祐:目の前で手を振っても無反応です?

KP:触ってみても、まったく反応がありませんね  手を振ってみても無反応です

鯰江 藤雄[雑談]:うーん 光景だけが見えている可能性…?

藤名 祐[雑談]:布団の中の人に気を取られ過ぎてるだけか本当に認識できてないのか

藤名 祐:肩に手置いて少し揺すってみます「ちょっと、大丈夫です?」

KP:あなたは、揺すってみますが反応がありません。 どうやら、不思議とあなたたちは影響を及ぼすことができないようです 

鯰江 藤雄[雑談]:ありゃあ…

藤名 祐[雑談]:こうなると完全に影響与えられないのか色々したくなるね 耳元で叫ぶとかがっくんがっくんに体揺らすとか

鯰江 藤雄[雑談]:www

KP[雑談]:あらかじめ言っておくよ! 無理だよ!

藤名 祐[雑談]:無理か!

KP[雑談]:君たちは幽霊になったような気分になるだろうSANC! ってなりたいのであれば、どうぞだけど

鯰江 藤雄[雑談]:ええwww

藤名 祐[雑談]:なりたくないッスねww

KP[雑談]:そこまであくのKPではないのでね!!

藤名 祐[雑談]:やだ、KP優しい…

KP[雑談]:ここの部屋での情報はここでのRP次第で獲得できる可能性があるって感じでヒントを出しておくよ!

鯰江 藤雄[雑談]:んんー

藤名 祐:布団と般若さん以外の部屋全体の目星って出来ます?

KP[雑談]:まあ、そんなに悩まずに優しい言葉をかけるか、無視して部屋を出るかの二択ってことさ

KP:そうですね、さして情報がないので目星無しで出しましょう

KP:布団と「彼」以外の生き物や家具などはほとんどありません ほかの部屋につながるであろうふすまは締め切られており、君たちが手をかけても開くことはありません

KP:例外として、いくつかの花束が布団の周りに置かれています

KP:あとは、この部屋も含め、全体的に屋敷自体が手入れが行き届かずに、老朽化してきていることがわかるでしょう

KP:情報は以上です

藤名 祐[雑談]:ほんとぼろぼろの家屋なんだな 

鯰江 藤雄[雑談]:言葉が見つからないとはこの事か…

KP[雑談]:「人」が住まない屋敷や家はどんどん古くなっていくものさ 加えて、風雨と年月はどんなに経っていても普通に流れていくものだからね

藤名 祐[雑談]:何を言えばいいか分からないけど黙って去るには忍びない

鯰江 藤雄[雑談]:ですよね…

KP[雑談]:言葉じゃなくても、アクションでも大丈夫だよ 言葉だけが全てじゃないさ

鯰江 藤雄[雑談]:ふむ…

藤名 祐[雑談]:うーむ

鯰江 藤雄[雑談]:ちょっとだけやってみようかな

藤名 祐[雑談]:おお

鯰江 藤雄:そっと手を合わせます

藤名 祐:庭ってなにか花咲いてます?あるなら少し摘んできてお供えしようかと

KP:花はいくつか咲いているね 不思議と花を摘むことはできるだろう

鯰江 藤雄[雑談]:影響及ぼさないとはいえやっておきたくなってしまう

藤名 祐:それじゃあ少し摘んで布団の傍に並べておきます

藤名 祐:そしてちょっと目を瞑って黙祷

KP:君たち2人は死者を悼む行為を行った かける言葉だけではない、真摯の行動だ

KP:そうだね、それを行ったときだった ふと「彼」が顔をあげて、君たちを見た

KP:だが、その視線は君たちがまるで透けて見えないかのように、通り抜ける 「彼」は首を傾げた

KP:そして、腰を上げると、ふすまを開けてどこかに向かっていき……戻ってきたときには一枚の白紙を手に持っていた

KP:そして、それを君たちの足元に置いて、また布団のそばに座り、わずかに顔を伏せた

藤名 祐[雑談]:文通じゃないあ筆談しようぜ!かな?

KP:紙を手に取ってみるかい?

鯰江 藤雄[雑談]:…書けるものあったかな?

藤名 祐:おそるおそるだけど手のばします

KP[雑談]:血文字?

鯰江 藤雄[雑談]:HP減りそう あとこわい

KP:手に取ってみると、まるでそれが移し紙のように紙が手に取れる だが、置かれた位置には、元の紙がそのまま置かれている

KP:不思議と2枚に分かれたようだ その紙は破くことができず、白紙のままだ

藤名 祐[雑談]:!?目白黒させてそう

KP[雑談]:SANCは書いてないので、ないよ!  多分、このシナリオを描いた当時の審神者はこんな程度はよくあることだと思っていた節がある

KP:さて、この部屋でわかることは以上だ とKPからは言わせていただこう

藤名 祐[雑談]:分裂する紙はよくある事なのか…

KP[雑談]:スライムだってプラナリアだって分裂するからね(?)

鯰江 藤雄[雑談]:いやーふしぎだなー

藤名 祐:取りあえず興味本位でもう1枚とって鯰江さんに渡してみよう「いる?」

鯰江 藤雄:「一応貰っておこうかな」

鯰江 藤雄[雑談]:筆記用具ないなら折りだしそうだなと思ったり

KP:それじゃ、君たちの手には2枚の紙がある さて、ほかにやりたいことはあるかな?

藤名 祐[雑談]:紙鉄砲織って般若さんの耳元で(ry

KP[雑談]:反応はないね! 不思議だね!

KP[雑談]:このずおたちは、やはりずおだったか…!

鯰江 藤雄[雑談]:(・3・)~♪

藤名 祐[雑談]:折り紙で何折れるかってきかれてたらもうぱっくんちょか鶴の二択しかない 16ピースとかそんなのも昔は出来たけど今は時間も技術も無い

KP[雑談]:この部屋が終わったら一度切ろうかなって それでもいいでしょうか?

鯰江 藤雄[雑談]:良いですよー

藤名 祐[雑談]:わかりましたー

KP[雑談]:はーい 明日が休日ならまだしも平日だしね

KP:無ければ、この部屋を後にしてもかまわないだろう きっと

藤名 祐:「この紙貰いますね……目覚めると良いですよね(ボソ」と呟いて帰・・・っていいよね?

KP:部屋を出ることはできるね! 夢から覚めることはまだできなさそうだ!

鯰江 藤雄:「頂きます。失礼しました」ぽそっと

藤名 祐:もうひと月近く夢見てるんだよね 長い長い

KP:それじゃ、君たちは部屋を出ることになるだろう

KP:部屋を出た君たちは、夏の部屋を出ると白紙に、文字が浮かんでいることに気づけます。SANC【0/1】

鯰江 藤雄:なんだってー

KP[雑談]:紙が分裂することにはSANCが起きないけど、いきなり文字が浮かぶことには正気度が減る不思議よ

藤名 祐:特殊なインクで書かれてたのか—

鯰江 藤雄:CCB<=59 SAN

Cthulhu : (1D100<=59) → 33 → 成功

藤名 祐:CCB<=73

Cthulhu : (1D100<=73) → 59 → 成功

鯰江 藤雄:よしよし

KP:成功だね、減少値はない  紙には以下のことが浮かび上がっています

KP:~これを読んでいる誰かへ

KP: 貴方がこれを読んでいるとき、

KP: 私は死んでいることでしょう

KP: 

KP: 私は墓守として選んだあの子に

KP: 死について教えてあげられなかった

KP: 

KP: 人としての時間も生きられぬあの子を

KP: 墓守として、親として、友として

KP: 作り出してしまった私の罪をどうか

藤名 祐[雑談]:マジックの種としてつかうペンとかならいきなり現れても不思議ではないよね

KP: 

KP: 願わくばあの子がどう選ぶのか、

KP: 見守ってあげてください~

KP: 

鯰江 藤雄[雑談]:なるほど

KP:目星を追加でどうぞ!

藤名 祐:CCB<=75

Cthulhu : (1D100<=75) → 37 → 成功

鯰江 藤雄:CCB<=80 目星

Cthulhu : (1D100<=80) → 55 → 成功

KP:【目星】で追加情報だ。

KP:小さく「しあわせをねがいます まいにち、花束をありがとう」とだけ書いてあります。ひらがなで書かれたその言葉が誰に向けられたものなのかは明言されていません。

KP:そして、あなたたちの耳に、どこかの部屋の鍵が開いた音が聞こえました… というところで一度切ろう

KP:ということで、今日はここまで! お疲れ様でした!

鯰江 藤雄:お疲れ様でしたー

藤名 祐:お疲れ様でしたー!

KP:次回の日程なんですけども… どうしましょうかね

藤名 祐:他卓なくて木土以外ならいつでも大丈夫です

KP:確実にここまで来たら、次回で終わる分量です 秋の部屋と冬の部屋もさほど今の夏と変わらない雰囲気ですので

鯰江 藤雄:他卓なければ大体は

KP:日程表にバツが付いていましたけども、12/8(金)って大丈夫でしょうか? 裏卓は 船の帆は風をはらみ が入っていますが

鯰江 藤雄:あ、すみません 調整さんの方×にしてます…言えばよかった

KP:12/8が無理そうであれば,日程を避けると…12/18になるかなと ほぼほぼ2週間後になりますね

鯰江 藤雄:念のため×にしているというのもあるのですが

藤名 祐:こちらはだいじょうぶでーす

鯰江 藤雄:18日なら確実に大丈夫だと思います

KP:じゃ、確実に大丈夫な方で行きましょう それじゃ12/18で予定を入れておきますね

鯰江 藤雄:ありがとうございます お願いします!

KP:2週間後にはなりますが、よろしくお願いします では、ちょっと遅くなってしまいましたが、今日は自由解散となります

KP:お疲れ様でした!

藤名 祐:了解しましたー

鯰江 藤雄:改めてお疲れ様でしたー

藤名 祐:お疲れ様でしたー

KP:お疲れ様でしたー!ノシ  昼の突発が、気が付いたら1か月近く夢の世界だね!ごめんね!

藤名 祐:先に落ちさせてもらいます 今日はもう、さにわのせいで遅らせて貰ってホント申し訳ない おやすみさなーい

KP:お休みなさい-!

鯰江 藤雄:おやすみなさーい

KP:それじゃ、審神者もログをとりましたので失礼いたしますー

鯰江 藤雄:はーい こちらも失礼します おやすみなさーい

KP:おやすみなさーい では!

KP:ノシ

TRPGツール

ブログパーツ

グランクレスト大戦

艦これ

刀剣乱舞